本当に使える「グループウェア」の選び方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

本当に使える「グループウェア」の選び方

2008/09/08


 グループウェアが登場して10年以上が経過し、多くの企業が既に導入済みだろう。しかしIT製品は一度導入すれば一生使えるものではなく、グループウェアも従業員数の増加や業務の見直し、製品のバージョンアップなどにともなって、当然リプレースを検討されるべきものである。本稿では、いかなる観点でグループウェア製品を選べば良いのか、バージョンアップやリプレースの際に気を付けるべき点は何かについて、9の視点で解説したい。なお、グループウェアの製品の仕組みや最新事情についてはIT製品解体新書を一読していただけると幸いである。

グループウェア

※「グループウェア/本当に使える「グループウェア」の選び方」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「グループウェア/本当に使える「グループウェア」の選び方」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

グループウェアの基礎解説へ
グループウェアシェア情報へ


1

グループウェアの選び方、9つのポイント

要件1

導入の目的を明確にしておく

 メール、スケジュール管理、掲示板などの基本機能のほか、製品によってはCRMやERPとの連携など様々な機能を提供するグループウェア。導入の際は、まずは利用目的を明らかにすることが第一歩となる。情報共有基盤を構築したいのか、コミュニケーションツールとして利用したいのか、スケジュールを共有したいのか、稟議の申請や決裁のワークフローを作りたいのかなど、グループウェアを導入することで何を実現したいのかを明確にすること。例えば、グループウェアを全社員のポータルとして活用したいのであれば、基幹システムやほかのアプリケーションとの連携に長けたツールを選ぶことが得策だろう。あれもこれもではなく、やりたいことの優先順位を付け、より高い優先項目が実現できるツールを選択していくことが大切だ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

グループウェア/本当に使える「グループウェア」の選び方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

グループウェア」関連の製品

P2NetEX(ピーツーネットイーエックス) 【ネットパイロティング】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】 ビジネス向けグループチャット TopicRoom 【NTTテクノクロス】
グループウェア コールセンター/CTI 社内SNS
本部店舗間のコミュニケーション基盤の強化、店舗の作業負荷軽減を実現する多店舗・多拠点専用のSaaS版グループウェア。オンプレミス版も提供。 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。 「安心」で「安全」な「信頼」できる国産のビジネスチャット。

グループウェア」関連の特集


自社の新卒採用の対象範囲を「30歳以下」に──。リクルートが打ち出した新たな採用の取り組みが話題を呼…



「せっかくグループウェアを導入したのに利用されない…」そんな悩みを抱える方も多いはず。使われない理由…



2016年度のグループウェアの市場規模は1047億円と見込まれる。SaaS型製品で71.3%ものシェ…


グループウェア」関連のセミナー

【大阪】現場から始める働き方改革セミナー 【ネオジャパン】 注目 

開催日 1月31日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」、ビジネスチャット「ChatLuck(チャットラッ…

【札幌】desknet's NEOじっくり触れる!ハンズオンセミナー 【主催:ネオジャパン/共催:リコージャパン】 締切間近 

開催日 1月24日(水)   開催地 北海道   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

G Suite (旧名:Google Apps)活用セミナー/東京・Google 本社 【サテライトオフィス】  

開催日 2月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

<G Suite に関して>  ※『Google Apps』は、2016年10月より新名称『 G Suite 』となりました。G Suiteの概要、各アプリケー…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グループウェア/ 本当に使える「グループウェア」の選び方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グループウェア/ 本当に使える「グループウェア」の選び方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002666


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ