機密情報に鍵をかけろ!メール暗号化ツール

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

機密情報に鍵をかけろ!メール暗号化ツール

2008/08/18


 日々の業務に欠かせない電子メールも、視点を変えて見れば社内情報の流出口。外部からの脅威を防ぐ対策がひととおり整いつつある今、目を向けるべきなのは内部からメールの形で出て行く情報のリスクだ。メールの安全対策にはさまざまあるが、今回は、外部に送信されたメールが万一第三者に横どりされた場合でもメール内容が流出しないようにするメール暗号化に注目して、その基礎知識と関連ツールとの上手な組み合わせ方を紹介していく。

メール暗号化ツール

※「メール暗号化ツール/機密情報に鍵をかけろ!メール暗号化ツール」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「メール暗号化ツール/機密情報に鍵をかけろ!メール暗号化ツール」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

メール暗号化ツールの選び方ガイドへ


1

メール暗号化ツールを解体する!

1-1

メールの三大リスクと誤送信や意図的な情報流出によるリスクを暗号で解消

 メールにまつわる代表的なリスクは「盗聴」「なりすまし」「改ざん」と言われてきた。現在ではこれらに加えて企業の内部情報の誤送信や意図的な流出が問題化している。外部からの脅威に関しての対策はさまざまな方法が考えられるが、内部から外部に流出する情報のリスクを判定し、高リスクなものを規制する対策はなかなか難しい。そもそもポリシーに則ってメール送受信を制御する仕組みが設計しにくいことと、社内ユーザのすべてが積極的にポリシー運用に協力してくれるわけではないこと、さらに不特定のメール相手との間でポリシー運用が可能かどうかといった問題があるからだ。
 メールの暗号化はこうした課題への解答の1つだ。通信内容を暗号化することで盗聴を防止することは当然だが、特に「公開鍵暗号方式」(詳細は「選び方ガイド」を参照)を利用するツールでは、差出人が間違いなく実在していることやく本人であることを証明できる仕組みとともに、送信時点のメール内容と受信時点のメール内容に違いのないこと(改ざんされていないこと)を確認する仕組みが用意されている。またメールの内容を自動判別して暗号化送信する仕組み、誤送信を防止する仕組みなどを組み合わせて実装するツールもある。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

メール暗号化ツール/機密情報に鍵をかけろ!メール暗号化ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール暗号化ツール」関連情報をランダムに表示しています。

メール暗号化ツール」関連の特集


情報漏洩や盗聴防止に役立つ「メール暗号化ツール」。クライアント型とゲートウェイ型、双方のベンダシェア…



2010年度市場が前年対比28.8%と予測されている「電子メール暗号化ツール」。同製品の市場占有率を…



メールは、言わば社内情報の流出口。ヤベ!機密情報を社外に送っちゃっ……ても大丈夫なように、盗聴を防ぐ…


「その他メール関連」関連の製品

メールワイズ on cybozu.com 【サイボウズ】
その他メール関連
社内、部署内のメールを一元管理するWebメールシステム。メーリングリストやCCが不要となり、トラフィックを大幅に低減可能。また一覧画面でステータスを管理できる。

「その他メール関連」関連の特集


企業にお勤めの方308人を対象にメールにおけるコミュニケーションの課題についてアンケートした結果を発…



 今回はC社の電子メールのクラウドサービスの導入事例についてご紹介します。C社はこれまで自社でメール…



宛先&添付違いの送信済みメール・・。うっかりミスで冷や汗をかく前に!メールフィルタリングを3分でサク…


「メール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メール暗号化ツール/ 機密情報に鍵をかけろ!メール暗号化ツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メール暗号化ツール/ 機密情報に鍵をかけろ!メール暗号化ツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002659


IT・IT製品TOP > メール > その他メール関連 > その他メール関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ