使い心地や如何に!?「NASゲートウェイ」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

使い心地や如何に!?「NASゲートウェイ」

2008/08/04


 「NASゲートウェイ」はファイル共有の効率化に役立ち、乱立するファイルサーバの運用管理負荷の軽減にも役立つことから、その必要性が企業で認識され始めており、今後さらに導入が進むと期待されている注目のストレージ製品だ。そこで今回のIT製品解体新書では、NASゲートウェイにスポットを当てる。SANやNASはわかるが、NASゲートウェイの詳細についてはまだ把握していないという読者に向けて、その基礎知識から導入メリット、そして最新の注目機能までを詳しく解説していく。さらに、NASゲートウェイのシステム構成例についてもあわせて紹介する。また、IT製品選び方ガイドのNASゲートウェイ特集では、製品を選ぶ際のポイントについて詳しく解説しているので、そちらもぜひ参考にしてほしい。

NASゲートウェイ

※「NASゲートウェイ/使い心地や如何に!?「NASゲートウェイ」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「NASゲートウェイ/使い心地や如何に!?「NASゲートウェイ」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

NASゲートウェイの選び方ガイドへ


1

NASゲートウェイを解体しよう!

1-1

NASゲートウェイとは

 本稿はNAS(Network Attached Storage)やSAN(Storage Area Network)などのストレージについての基礎知識があることを前提に解説を進めていく。NASやSANについておさらいしたいという方は、ぜひキーマンズネットのNAS製品SAN製品の特集に目を通してから本稿を読み進んでほしい。
 さて、ファイルサーバ用途に特化した専用機であるNAS製品には、現在3つのハードウェア構成パターンがある(図1)。1つ目は、NAS製品として最初に登場した一体型。このタイプは、NASを構成しているNASヘッド、RAIDコントローラ、ディスクのすべての構成要素が同一筐体に収まっている。2つ目はモジュラ型で、NASヘッドとRAIDコントローラが1つの筐体に収まっていて、ディスクは専用のディスクシェルフに格納される構成になっている。そして3つ目が本稿で取り上げるゲートウェイ型で、NASヘッドとRAIDコントローラが分離していて、RAIDコントローラはディスクシェルフと同じ筐体に収まっている。NASヘッドとはファイル共有を実行するユニットのことで、NASヘッドだけを筐体に収めたものがNASゲートウェイという製品になる。NASゲートウェイは、CPU、メモリ、LANカード、HBA、専用OS、ファイル共有プロトコル、各種ユーティリティソフトなどから構成されている。

図1 NAS製品のタイプ
図1 NAS製品のタイプ
NASヘッドとRAIDコントローラが分離しているのがNASゲートウェイ
資料提供:日本SGI

 これら3タイプのNASの違いを表1に示す。一体型は低価格でコンパクトだが、拡張性や可用性に関しては3タイプの中で最も限定的だ。現在、コンシューマタイプから高密度大容量タイプまでの幅広い製品が市販されている。モジュラ型は容量的には十分な拡張性を持つが、大規模になるとボトルネックが発生しやすい。従って、性能が限界に達すると、もう1セット必要になる。

表1 NAS製品のタイプ別特長
表1 NAS製品のタイプ別特長
資料提供:日本SGI

 そして、モジュラ型の欠点を克服することができる新しいNAS製品としてゲートウェイ型が誕生したのである。NASゲートウェイの基本接続例を図2に示す。通常、NASゲートウェイにはクライアントPCとの間でファイル共有を行うためのイーサネットのLAN端子と、SANのディスクアレイやFCスイッチと接続するためのHBAが搭載されており、SANの空きディスクをNASとして利用できるようになっている。
 NASゲートウェイにはNAS製品と同じようにNASのための専用OS、あるいはWindows Storage Server 2003が搭載されている。また、NAS上のファイル共有プロトコルとしてはUNIX系のNFS(Network File System)やWindows系のCIFS(Common Internet File System)がサポートされている。これらのプロトコルを使うことで、ローカルディスクのファイルと同じようにNASゲートウェイ経由でディスクアレイ上のファイルにアクセスできる。

図2 NASゲートウェイの基本接続例
図2 NASゲートウェイの基本接続例

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

NASゲートウェイ/使い心地や如何に!?「NASゲートウェイ」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NASゲートウェイ」関連情報をランダムに表示しています。

NASゲートウェイ」関連の特集


NASとSANの違いは?導入メリットは?RAIDって何?…今回は、特に成長著しい「ミッドレンジNAS…



NASやSANストレージどちらのプロトコルにも対応できる「ユニファイドストレージ」。様々な場面で利用…



乱立するファイルサーバの重〜い運用負荷を華麗に集約!?管理者の肩の荷を軽くする「NASゲートウェイ」…


「NAS」関連の製品

データ保全アプライアンス STOREND 【アーク・システムマネジメント】 エントリーモデルでも“使える”フラッシュストレージ「m10」 【東京エレクトロン デバイス】 x86サーバで徹底検証 NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか? 【レノボ・ジャパン】
NAS NAS NAS
専門知識なしでデータバックアップ/リカバリーが行えるNAS。
ハイエンド製品と同様の機能・容量を備えながら、コストを抑えて提供。
大規模向けと思われがちなファイバーチャネル接続SANだが、エントリーモデルも見逃せない。検証済み構成で、導入から運用を一括して頼めるフラッシュストレージを紹介。 x86サーバで徹底検証、NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか?

「NAS」関連の特集


シリアルATAディスクの台頭によって、GB単価が大幅に下落したNAS。ストレージ専用OS「Windo…



乱立するファイルサーバの重〜い運用負荷を華麗に集約!?管理者の肩の荷を軽くする「NASゲートウェイ」…



部門に乱立するファイルサーバー。サーバー管理もバックアップも手間…こんな悩みを一揆に解決するのが今回…


「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

NASゲートウェイ/ 使い心地や如何に!?「NASゲートウェイ」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「NASゲートウェイ/ 使い心地や如何に!?「NASゲートウェイ」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002657


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ