後悔先に立たず!安心「UPS」9つのポイント

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

後悔先に立たず!安心「UPS」9つのポイント

2008/07/28


 UPSは既にほとんどの企業で導入されてはいるものの、3〜5年というタイミングで新しいUPSと交換していかなければならない消耗品である。一般的にUPSの導入は、サーバを購入した際に同梱されているケースが多いため、今まではあまり製品選定をしてこなかったという読者もいるのではないだろうか。
 UPSの製品カタログを見ると、同容量で異なる給電方式の製品や、小型製品から大型製品まで実に様々である。これらの中から自社のシステムに合うUPSを探しあてるのは至難の業と言っていい。そこで今回のIT製品選び方ガイドではUPS製品を選ぶ際に注意すべきポイントについて、手順を追いながら、明らかにしていく。
 また「IT製品解体新書」ではUPSの基礎知識をおさらいするとともに、UPSの効率的な活用法、さらには最新動向についても紹介していく。

UPS

※「UPS/後悔先に立たず!安心「UPS」9つのポイント」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「UPS/後悔先に立たず!安心「UPS」9つのポイント」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

UPSの基礎解説へ
UPSシェア情報へ


1

最適な「UPS」の選び方

Point 1

システムに対する「電源管理」の方法を決定する

 UPSに接続したい機器の容量を把握する前に、まず決めなければならないのが、「どういう方法で電源を管理するか」という点だ。小型のUPSを複数設置する分散型で電源を管理するのか、大型のUPSを導入して一極集中型で管理するのか、管理の方法を決める必要がある。また複数拠点がある企業の場合は、拠点ごとに管理するだけでよいのか、もしくは本社が各拠点の電源環境を一括して管理するのか、といったことなどもあらかじめ検討しておくことが重要だろう。
 さらに今後のサーバ導入計画についても、青写真を描いておくことも忘れてはならない。なぜなら、サーバの増強計画がある場合は、拡張バッテリが付けられるモジュールタイプのUPSを選ぶという方法もあるからだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

UPS/後悔先に立たず!安心「UPS」9つのポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UPS」関連情報をランダムに表示しています。

UPS」関連の製品

クオリサイト沖縄データセンター 【クオリサイトテクノロジーズ】
ハウジング
行政施策を最大限に活用した圧倒的なコストパフォーマンスにて、コロケーション・ハウジングサービスや、監視・運用代行サービスなどを要望に合わせて提案。

UPS」関連の特集


「データセンタの実態をよく知らない…」という方は必見!新しく登場したデータセンタの内部を“徹底解剖”…



量販店で売れている人気製品はどれ?今月は「ワイヤレスマウス」のベストセラーを調査!



量販店で売れている人気製品はどれ?今回は「プロジェクタ」を調査。


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

UPS/ 後悔先に立たず!安心「UPS」9つのポイント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「UPS/ 後悔先に立たず!安心「UPS」9つのポイント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002656


IT・IT製品TOP > サーバー > UPS > UPSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ