「テスト自動化ツール」選定の厳しい視点

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

「テスト自動化ツール」選定の厳しい視点

2008/07/14


 テストツールはプログラマだけの専用ツールではない。単体テストツールならソースコードを開発したプログラマ自身が使う頻度が高くなるが、機能テストツールの場合には、開発した本人以上に、第三者のテストエンジニアや実際のユーザが厳しい目でテストを実施しないとテスト内容が甘くなり、品質向上につながらなくなる。テストには、ソフトウェア品質管理の責任者なども積極的に参加する必要がある。だからこそ、テストにかかわる多くの人々の意見を聞きながら製品選びを行ってもらいたい。なお、製品の基礎に関しては「IT製品解体新書」をご覧いただきたい。

テスト自動化ツール

※「テスト自動化ツール/「テスト自動化ツール」選定の厳しい視点」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「テスト自動化ツール/「テスト自動化ツール」選定の厳しい視点」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

テスト自動化ツールの基礎解説へ


1

製品の選び方

■製品選択の4つの視点

 テストツールあるいはテスト自動化ツールを導入すれば、すべてのテスト工程を自動化できるものと誤解している管理者は意外と多い。また、テスト回数が少ない場合には、自動化のための準備に追われてしまい、かえって手動テストのほうがテスト効率がよくなる場合もある。従って、誰が、いつ、どのタイミングで、どんなテストを自動化したいのか、その導入目的を明らかにした上で、次の4つの視点から検討を重ねていくとよい。

1:

必要なテストツールは1つではない!

2:

機能テストツールに必要な機能は備わっているか?

3:

IDEやほかの管理ツールとの統合・連携

4:

ソフトウェアテストに対するサポート体制

要件1

必要なテストツールは1つではない!

 テスト自動化ツールは、テストの種類によって製品が細かく分かれている。IT製品解体新書で取り上げた機能テストツールだけを用意しても、静的解析や性能テスト、負荷テストを実施することはできない。従って、必要に応じて複数のテストツールを使い分ける必要が出てくる。一般的には複数のテストツールを導入するケースが多いことから、まずテストツールに対する自社ニーズを整理・把握した上で、それに合った製品ランナップが提供されているかどうかを確認したい。
 例えば、コンピュウェアの場合、アプリケーション品質を保証するためのツール群をラインナップしており、静的解析、性能テスト、カバレッジ測定、実行時エラー検出などを提供するDevPartner Studio Professional Edition、Javaアプリケーションの単体テストを実行できるDevPartner Java Edition、機能テストを自動化するためのTestPartner、負荷テストを自動化するQALoadなどを揃えている。
 また、日本アイ・ビー・エムのRational製品の場合には、ソフトウェアの品質を確保するためのツール群として、管理ソリューション、開発者向けソリューション、機能テストソリューション、負荷テストソリューション、Webアプリケーションのセキュリティソリューション、Webコンプライアンスソリューションといった分野別に複数の製品を多数リリースしている。
 このように、IT製品解体新書で取り上げた機能テストツールだけでなく、静的解析ツールや負荷テストなどのテストツールについてもあわせて検討すると効率の良い製品選定ができるだろう。

コラム:手動テストから段階的に自動テストに移行できるキーワードテスト

 すべてのテスト工程を自動化する準備が整っていないプロジェクトチームの場合、手動テストから自動テストにいきなり切り替えるのではなく、段階的な移行を考慮した製品を選ぶと良いだろう。例えば、機能テストツールRational Functional Testerには手動テストツールRational Manual Testerが同梱されていて、手動テストのテスト手順を再利用するためのキーワードテスト機能をサポートしている。これはログインなどの繰り返し利用される部分をキーワードとして自動化する機能で、データ入力のバリエーションとその検証部分を自動化し、その他の部分は手動でテストできる。

図1 キーワードテスト
図1 キーワードテスト
手動と自動化の組み合わせによるテストが可能。
資料提供:日本アイ・ビー・エム

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

テスト自動化ツール/「テスト自動化ツール」選定の厳しい視点」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テスト自動化ツール」関連情報をランダムに表示しています。

テスト自動化ツール」関連の製品

WebアプリケーションUIテスト自動化ツール Developer Caretaker 【NDIソリューションズ】
テストツール
WebアプリケーションのUIテストに特化したシンプルな自動化ツール。テストの自動化による継続的な品質マネジメントで、テストや管理の効率化、品質の均質化を実現できる。

テスト自動化ツール」関連の特集


ソフト開発はテストが満載!ソフトウェアテストの世界を堪能しつつテスト自動化ツールの基礎から最新事情ま…



2013年頃に小ブームがあったDevOps。クラウド、モバイル、IoTと近年ますます加速するビジネス…



情シスと業務部門が持つジレンマの解決に貢献するノンプログラミング開発。その特徴や普及状況、導入事例ま…


テスト自動化ツール」関連のセミナー

【SER-W1】「Ranorex」日本語最新版のご紹介 【テクマトリックス】 締切間近 

開催日 12月7日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

Windowsアプリ、Webアプリ、モバイルアプリに対応し、 高いUIキャプチャ能力とオブジェクト認識能力を備えた 「UIテスト自動化ツール Ranorex」の…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

テスト自動化ツール/ 「テスト自動化ツール」選定の厳しい視点」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「テスト自動化ツール/ 「テスト自動化ツール」選定の厳しい視点」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002652


IT・IT製品TOP > 開発 > テストツール > テストツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ