販売担当者に聞く!プロジェクタ選びの視点

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

販売担当者に聞く!プロジェクタ選びの視点

2008/07/07


 プロジェクタを選ぶ際に気になることの1つが明るさ(輝度)だが、高輝度になればなるほど、価格も高くなる。だからといって輝度と価格だけで選べば良いというものではなく、同じ輝度、同じ表示方式を採用していても、色再現性はそれぞれのメーカーによって異なっている。ではどういう点に注意してプロジェクタを選んでいけばよいのか、ヨドバシカメラマルチメディアAkibaにおける購入情報とともにそのポイントを紹介しよう。プロジェクタの構造や技術についてはIT製品解体新書を参考にしていただきたい。

プロジェクタ

※「プロジェクタ/販売担当者に聞く!プロジェクタ選びの視点」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「プロジェクタ/販売担当者に聞く!プロジェクタ選びの視点」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

プロジェクタの基礎解説へ
プロジェクタシェア情報へ


1

プロジェクタ選択のポイント

1-1

ヨドバシカメラマルチメディアAkibaのアドバイザに聞く 企業担当者の購入の視点

 家電量販店は様々な企業の担当者がデータプロジェクタを購入しに訪れる場所である。そこで、どんな視点で製品を選んでいるのか、東京・秋葉原駅前にあるヨドバシカメラマルチメディアAkibaでプロジェクタ売場を担当する、家電製品アドバイザの幅中裕之氏にまずは売れ筋の商品について聞いてみた。
 「売れ筋なのは、40〜50人ぐらいが入れる中会議室向けのもの。明るさでいうと2200ルーメンから2400ルーメンで、価格帯は10万円〜20万円。60〜80インチのスクリーンに投影することをイメージして選んでいるようです。」

 幅中氏によると、購入時に重視する視点の第1は価格、第2に明るさ、そして第3が大きさ(薄さ)だという。購入者の多くは持ち運べるタイプを選ぶとはいえ、実際の活用シーンでは会議室に置いたままのことが多くなり、大きさは優先順位が下がってしまうというのだ。もちろん「モバイル用途で使いたいという企業であれば、第1に大きさ(薄さ)をチェックしています。」と幅中氏。
 色の表示方式における選択のポイントについて聞いたところ、「3LCDかDLPかはそれほど重視していないようで、それよりもむしろ実際に投影している画像を自分の目で見て確かめて、好みに合った色が再現できているプロジェクタを選んでいます。」という。
 また、幅中氏は先に挙げた3つのポイント(価格、明るさ、大きさ)以外に、重視すべきポイントをいくつか提示してくれた。

写真1 ヨドバシカメラの幅中氏
写真1 ヨドバシカメラの幅中氏
■どんなレンズカバーがついているか

 「会議室間を持ち運ぶことを考えているのであれば、どんなレンズカバーがついているか必ずチェック。お勧めなのはスライド式のレンズカバーがついているもの。中にはレンズカバーの開閉で、投射映像の中断や再開が行えるものがあり、これは結構便利です。」

■リモコンの使いやすさはどうか

 「天吊りをしたり、会議室の後方に設置したりして投射するような使い方をする企業であれば、リモコンの使いやすさは要チェック。マニュアルを読まなくても見てすぐ使えるようなリモコンであれば、言うことなしですね。」

■ネットワーク機能があるか

 「これからはプロジェクタもプリンタのようにオフィス内で気軽に使われるツールになっていくはず。そのときに欠かせないのが、ネットワーク機能。最近、特にネットワーク機能がついているかどうかをチェックする方が増えています。」

■使い勝手の良さはどうか

 「入出力検出機能がついていると、なんの動作をすることもなく自動的に信号のある入力ソースを検出して投影してくれる。プロジェクタ初心者には嬉しい機能です。パソコン操作に長けていない人も使う可能性がある場合は、こういう機能がついているものを選ぶと便利でしょう。またすべてのボタンなどが日本語で書かれているものも、お勧めです。」
 プロジェクタメーカーは国内向け、海外向けを区別せず生産している場合がほとんどである。そのため、日本語表記にこだわっているのは、セイコーエプソンだけ。誰もが分かりやすく使いやすいものにこだわるなら、日本語表記がされているものを選ぶのが得策だろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

プロジェクタ/販売担当者に聞く!プロジェクタ選びの視点」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「プロジェクタ」関連情報をランダムに表示しています。

プロジェクタ」関連の製品

遠隔会議用スピーカーフォン「YVC-300」 【ヤマハ】 サポート終了!desknet's NEOへの乗り換えも新規導入もお得に 【リスモン・ビジネス・ポータル】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】
Web会議 グループウェア BI
高性能の適応型エコーキャンセラーを始め、ヤマハが長年培ってきた音声処理技術を数多く搭載。音声とノイズをしっかり仕分けし、スマートフォンの電話利用時にも使える。 332万人超のユーザーが利用するグループウェア desknet's NEO のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール・スケジュール・ワークフローなど、全25機能が利用可能。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

プロジェクタ」関連の特集


量販店で売れている人気製品はどれ?今月は「ワイヤレスマウス」のベストセラーを調査!



基本スペックは大きくな差がない各社のモバイルPC。製品を選択する際は数字に現れないポイントを見極める…



世界で初めて、25Gbpsの高速データ通信に成功した量子ドットレーザーを徹底解説!次世代高速データ通…


「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

プロジェクタ/ 販売担当者に聞く!プロジェクタ選びの視点」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「プロジェクタ/ 販売担当者に聞く!プロジェクタ選びの視点」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002650


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ