直感で解決!カオスコンピュータってなんだ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

直感で解決!カオスコンピュータってなんだ

2008/07/16


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマ「カオスコンピュータ」は、現在のデジタル情報技術とはまったくコンセプトを異にする、アナログ回路で人間の脳を再現するコンピュータ。脳のなかに発見されたカオスの力で、従来のITでは不可能だった問題を解決できるかもしれません!

カオスコンピュータ

※「カオスコンピュータ/直感で解決!カオスコンピュータってなんだ」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「カオスコンピュータ/直感で解決!カオスコンピュータってなんだ」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

カオスコンピュータは脳の研究から生まれた

 現在普及しているコンピュータはすべて、アラン・チューリングやフォン・ノイマンといった計算機工学の先駆的研究者たちが作り出したノイマン型のアーキテクチャで、人間の脳の思考方法の一部を単純化し、数学モデルとして取り出したものである。大成功をおさめたノイマン型コンピュータだが、曖昧な問題や正確な答えのない問題、計算量が爆発的に増えてしまう問題など、実は不得意分野も少なからず存在している。
 このようなノイマン型コンピュータに対して、東京大学で数理工学、カオス工学を研究する合原一幸教授の取り組むカオスコンピュータは、思考パターンをモデル化するのではなく、実際の脳神経細胞の働きをハードウェアで再現することで、脳と同じような機能を作り出そうというコンピュータである。
 脳のニューロン(神経細胞)の振る舞いの数理工学的研究を行っていた合原教授は、そこに数学的なカオスが存在していることを突き止めた。カオスとは、初期値のほんのわずかな違いが、予測できないほど複雑な結果を起こす現象のこと。例えば、振り子の軌跡は単純だが、振り子の先にさらに振り子をつないだ二重振り子になると、その運動はとたんに複雑なものとなる。「ブラジルでの蝶の羽ばたきが、テキサスにトルネードを引き起こす」という「バタフライエフェクト」も、カオスを説明する際によく用いられる言葉として、ご存知の方も多いだろう。

図1
図1
合原教授と堀尾教授の共同開発したカオスニューロコンピュータ。
100個のニューロンが1万のシナプスでネットワークされている。
同じニューロチップを用いて、最大で1万個のニューロンと一億個のシナプスからなるカオスニューラルシステムを構築可能である。
資料提供:東京大学生産技術研究所 合原研究室

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/12/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 ふとん暖め乾燥機 FD-F06X2  
●A賞:抽選で1名様
 アイロボット ロボット掃除機 ルンバ875A 
●C賞:抽選で1名様
 ケルヒャー高圧洗浄機 K 2 クラシック プラス 
●D賞:抽選で1名様
 選べる宿泊ギフト(とっておきの宿)30500円コースで選べる魅力的な温泉宿 
●E賞:抽選で5名様
 Amazon 使える商品は1億種以上「Amazonギフト券 5000円分」 

このページの先頭へ

カオスコンピュータ/直感で解決!カオスコンピュータってなんだ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「カオスコンピュータ」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 【アイエンター】 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 【アイエンター】 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 【アイエンター】
その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連
AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは

「その他開発関連」関連の特集


インターネットバブル時代に活況を呈したEAI(Enterprise Application Inte…



複雑化したレガシーソフトのコンポーネント判別やプログラムとデータ間の依存関係を可視化できる「ソフトウ…



引き続き、「要件定義の進め方(3)」と題して、前回までにお話しさせていただいた要件定義フェーズをクロ…


「その他開発関連」関連のセミナー

【SEJ-W1】ソースコードのバグ検出とテスト自動化セミナー 【テクマトリックス】 締切間近 

開催日 10月27日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

近年のアプリケーション開発では、ますます短納期での開発が求められており、それを実現する手段として「自動化」を取り入れたいといったニーズやが多くなっています。そし…

【無料セミナー・15名】インドから学ぶグローバル人材育成 【NTTデータ・グローバル・テクノロジー・サービス・ジャパン】  

開催日 11月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

〜日本企業のグローバル化に向けた取り組みとCross Culture Communication〜昨今、国内需要の低迷とあわせ、新興国をはじめとする海外の市場成…

【SEU-W1】「Understand」最新版4.0のご紹介 【テクマトリックス】  

開催日 10月31日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

関数や変数、ファイルといった様々な要素を詳細に解析し、既存コードの理解を強力にサポートする「高速コード解析ツール Understand」のご紹介です。 【以下の…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

カオスコンピュータ/ 直感で解決!カオスコンピュータってなんだ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「カオスコンピュータ/ 直感で解決!カオスコンピュータってなんだ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30002644


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ