この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

携帯電話端末

2008/05/07


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ガートナー ジャパンの情報を元に、携帯電話端末のシェア情報をご紹介しよう。

 ガートナー ジャパンの調べによれば、2007年の携帯電話端末販売台数は前年対比10.7%増の5230万台に達した。これは、日本の携帯電話産業史上で最も高い数値を示している。
 市場占有率は、2007年の台数ベースでシャープが24.3%で1位、2位のパナソニックが12.4%、3位の富士通が11.1%、4位の東芝が9.9%、5位のNECが9.4%と続いている。
 2007年には各ベンダがワンセグ放送チューナ内蔵機種のラインアップを強化したが、シャープが液晶テレビでのブランド力を背景に好調な販売を維持し、2年連続首位となった。パナソニックが豊富な機種により2年連続で2位を維持したほか、富士通はシニア層に人気の機種に加え、表示部を横に90度回転できる高位機種の販売が特に拡大し、2006年の5位から3位へ上昇した。
 2007年は音楽再生やワンセグ放送受信などの機能が需要を支えたが、これらに続く買い換え促進要因の登場には時間がかかり、2008年後半から2009年に一時的に需要が停滞すると想定される。iPhoneの日本市場への投入発表により新しいユーザインターフェースがトレンドを形成する可能性はあり、海外ベンダの勢力拡大も考えられる。
 また、ドコモ/auが第4四半期に導入した新販売方式による影響から、携帯電話事業者が端末の調達に慎重になっており、ユーザも長期にわたって利用することを想定した機種を選択するようになっている。その結果、人気機種の色分けが明確になると考えられている。

携帯電話端末シェア

携帯電話端末シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

携帯電話端末/「携帯電話端末」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「携帯電話端末」関連情報をランダムに表示しています。

携帯電話端末」関連の製品

基幹システム連携/Webワークフロー基盤 楽々WorkflowII 【住友電工情報システム】
ワークフロー
基幹業務のワークフローシステムを素早く簡単に作成するソフトウェア。単純な申請業務のワークフローならノンプログラミングでも構築可能。海外拠点を想定した多国語対応。

携帯電話端末」関連の特集


最近、熱い視線を浴びている「スマートフォン」。今回はスマートフォン市場の現状を確認しつつ、今後の動向…



モバイル端末の普及で外出中にインターネットアクセスを行うため、急速に需要が高まっている「モバイルブロ…



2008年の国内市場規模は670億円、今後も成長が予測されているスマートフォン市場。シェアトップのベ…


「携帯電話」関連の特集


2004年、世界に先駆けて導入した次世代W-CDMA携帯端末が順調な拡大傾向を見せ始めている。しかし…



2015年第2四半期は、前年同期比2%減の723万台だった携帯電話市場。スマホ販売が好調の中、端末全…



2013年第4四半期、出荷台数が前年同期比11.6%増の1265万台となった国内携帯電話市場。同市場…


「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

携帯電話端末/ 「携帯電話端末」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「携帯電話端末/ 「携帯電話端末」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002623


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ