ユーザ視点で考える「SaaS」活用の極意

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

ユーザ視点で考える「SaaS」活用の極意

2008/03/13


 日本郵政グル−プが6万ユーザという世界最大規模でセールスフォース・ドットコムのSaaS(Software as a Service)型CRM/SFAの導入を発表したことは、2007年のIT業界における1大トピックといってよいだろう。セールスフォース・ドットコムに触発されるように、SaaSに参入するソフトウェアベンダは日々増加し、連日、“SaaS”というキーワードはメディアを賑わしている状況である。本稿では今回から2回に渡り、SaaSの基本から、利用すべきベンダの見分け方、市場をリードする主要プレイヤの動向と企業ユーザに与えるインパクトなどについて解説していく。

SaaS
[前編] width= 掲載日:08/03/13 
[後編] width= 掲載日:08/03/21 
ユーザ視点で考える「SaaS」活用の極意 SaaSがもたらす「変革」の本質とは

※「SaaS/ユーザ視点で考える「SaaS」活用の極意」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「SaaS/ユーザ視点で考える「SaaS」活用の極意」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

城田 真琴

情報技術本部 技術調査部 主任研究員 城田 真琴(Makoto Shirota)

株式会社 野村総合研究所企業サイトへ
アナリストファイル #020

大手電機メーカーのシステムコンサルティング部門を経て2001年、野村総合研究所に入社。以来IT 動向の調査と分析を行うITアナリストとして活動。専門は、SaaS、SOA、EA(Enterprise Architecture)、ビジネス・インテリジェンスなど。



1

大企業と中小企業で異なるSaaSのメリットの感じ方

 今さらではあるが、SaaSとは「ソフトウェアの機能をインターネットを通じてサービスとして提供する」というソフトウェアの提供形態である。
 ユーザから見た場合、パッケージソフトウェアを購入して自社で運用する場合と比較して、SaaSの利用には一般的に以下のようなメリットがある。

コスト削減

運用管理作業をベンダ側に一任できる

導入の容易さ/迅速性

柔軟な利用が可能(必要がなくなればすぐに利用を停止できる)

自社でカスタマイズ可能(一部のSaaS)

 しかしながら、上に挙げたようなメリットをメリットと感じるかどうかは、大企業と中小企業との間でやや温度差があるように思える。表1は、筆者がこれまでユーザ企業に対して行ったヒアリング結果から、大企業と中小企業が、上に挙げたSaaSの代表的なメリットをどのように捉えているかをまとめたものだ。

表1 大企業と中小企業がSaaSに感じるメリットの違い
表1 大企業と中小企業がSaaSに感じるメリットの違い
出典:野村総合研究所

 各企業によって考え方に差異はあるだろうが、誤解を恐れずにいえば、中小企業がコスト削減や運用管理をベンダに一任できる、といった点に魅力を感じているのに対し、大企業の場合は、コスト削減は二の次で、導入の容易さ/迅速性や自社でカスタマイズできるといった点に魅力を感じているように思える。
 特に大企業の場合は、基幹系システムにリソースを集中させたいがために、情報系を中心に他社と差別化を図る必要がないシステムでは、できる限り少ないリソースでスピーディに導入したい、あるいは、ビジネス部門の要求に迅速に対応できるようにしたいというニーズが高い。このため、迅速に導入が可能で、自らカスタマイズできるSaaSをシステム調達の選択肢の1つとして、積極的に検討するようになってきているようだ。

このページの先頭へ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

SaaS/ユーザ視点で考える「SaaS」活用の極意」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SaaS」関連情報をランダムに表示しています。

SaaS」関連の製品

クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】 次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】 kintone 【サイボウズ】
グループウェア コールセンター/CTI ファイル共有
グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。 コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。 「チームで使う」ことに特化したWebデータベース。用途に応じたアプリが用意されており、すぐに業務で使い始められる。
30日間無料でお試し可能。

SaaS」関連の特集


事業拡大には即戦力となる中途採用はかかせません。従来の書類選考では見極めづらかった応募者の“可能性”…



ソフトウェア開発を効率的かつ高品質に行うために欠かせない構成・変更管理ツール。基礎をおさえてデグレー…



「PCログ監視ツール」を活用するためには、運用負荷を少しでも減らしたいもの…。便利機能から最新動向紹…


「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SaaS/ ユーザ視点で考える「SaaS」活用の極意」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SaaS/ ユーザ視点で考える「SaaS」活用の極意」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002575


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ