「クライアントセキュリティ対策」の再考

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

「クライアントセキュリティ対策」の再考

2008/04/17


 Windows Vistaが市場に姿を現してから約1年が過ぎ、同OSを社内のクライアント端末に採用する企業も出始めているものと考えられる。今日では、ウイルスやスパイウェアなど悪意を持ったソフトウェアによる攻撃、従業員のUSBメモリやファイル交換ソフトウェアの不正利用よる情報漏洩事件などクライアントを取り巻く脅威は多様化している。こうした背景によりクライアント端末の追加や刷新にともない、自社のクライアントセキュリティ基盤を見直す企業もあろう。本稿では、Vistaの導入を踏まえクライアントセキュリティ対策の要素やユーザ企業における対策状況について述べるとともに、関連する市場として情報漏洩対策ソリューション市場の新しい動向について触れる。

クライアント・セキュリティ

※「クライアント・セキュリティ/「クライアントセキュリティ対策」の再考」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「クライアント・セキュリティ/「クライアントセキュリティ対策」の再考」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

雪嶋 貴大

リサーチ・アナリスト 雪嶋 貴大(Takahiro Yukishima)

株式会社アイ・ティ・アール企業サイトへ
アナリストファイル #034

ネットワークセキュリティ、電子メールセキュリティ、セキュリティ管理を中心に、情報セキュリティ分野における市場動向の調査分析や製品評価を担当。ポリシー策定や製品・サービス選定などユーザ企業におけるセキュリティ対策の支援にも従事。南山大学経済学部卒業後、ユーザ企業の情報システム部門を経て、2005年より現職。



1

クライアントセキュリティと対策ツールの構成要素

 まず、クライアントセキュリティの構成要素について触れる。なお、クライアントセキュリティに限らず、全般的な情報セキュリティ対策を進める上ではISO27001などのフレームワークに準拠した体制の構築、セキュリティ・ポリシーの策定、ユーザ教育など人間系の管理施策も重要であることは言うまでもないが、ここではシステム上の施策に焦点を当てる。今日のクライアントセキュリティ(エンドポイント・セキュリティという名称を用いるベンダも多い)対策に関するソリューションの対応要件は多岐に及んでいるが、大きく分類すると2つの要件に区別することができよう。その分類とは、1.クライアントの保護 2.クライアントの管理 となり、対策ツールは表1のように分類できる。

表1 脅威の分類と対応する対策ツール
表1 脅威の分類と対応する対策ツール
出典:アイ・ティ・アール
1-1

クライアントの保護

 クライアントの保護とは、主にウイルスやスパイウェアなど悪意を持ったソフトウェアやコードのように外部から攻撃や侵入を行う脅威への対策となる。具体的な対策ツールとしては、アンチウイルスやアンチスパイウェア、クライアントファイアウォールが代表的な例として挙げられる。また、脅威はより高度かつ悪質に進化し続けており、より多様かつ巧妙な脅威に対応するためルートキット対策ツールやホストベースIPSなどのツールも製品化されている。
 今日、情報セキュリティ対策では、内部の関係者により引き起こされる情報漏洩に対する意識が高まっているが、昨今では、ウイルスなど外部からの脅威の目的がシステムにより提供されるサービスの妨害やシステム自体を破壊することから、口座情報などに代表されるような個人情報の不正収集へと変化している。このため、情報漏洩対策という点からも、これらの脅威やその対策ツールの動向に気を配る必要があろう。なお、これらのツールはシマンテックやマカフィーなどの外資系ベンダを中心に機能の集約化が進み、より包括的な保護機能を提供するスイート型製品も市場に姿を現している。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

クライアント・セキュリティ/「クライアントセキュリティ対策」の再考」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「クライアント・セキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

クライアント・セキュリティ」関連の特集


数年前から製品が投入されていたものの、導入が進まなかったディスクレスPC。最近では、セキュリティ対策…



情報漏洩やフィッシングの原因、増え続ける「Webからの脅威」に本気で対抗!導入必須「アンチウイルス」…



1996年4月にファックスサービスが開始され、同年10月からはインターネットサイトを開設、2016年…


「アンチウイルス」関連の製品

Kaspersky Security for Virtualization 【Kaspersky Labs Japan】 ランサムウェア対策ソフト 「RANSOMFILTER」 【Jiransoft Japan】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。 ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版により180日間の試用ができる。 APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。

「アンチウイルス」関連の特集


 「Mac OSはウイルスには無縁だ」。過去にはそんなことも言われたことがあることを記憶している。確…



マルウェア感染の3割がメールから、アンチウイルスで検知できないことも!データで実状を知り、対策法を押…



パターンマッチングでは防げない最新型の脅威にどう対抗すればよいのか。検出率にみるアンチウイルスの比較…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

クライアント・セキュリティ/ 「クライアントセキュリティ対策」の再考」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クライアント・セキュリティ/ 「クライアントセキュリティ対策」の再考」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30002559


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ