今が押さえドキ!速解「KVMスイッチ」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

やさしく学べる 図解でわかるIT製品入門

今が押さえドキ!速解「KVMスイッチ」

2008/05/16


 「自分の担当分野しか知らない」なんてことはなかなか言えない情報システム担当者。まったく関係ない分野の製品も一応は押さえておきたい…でも、じっくり勉強する暇はない!というアナタのために、様々な分野の製品をアニメーションで簡単に解説。今回のテーマは「KVMスイッチ」。サーバの遠隔操作をBIOSレベルから可能にする「KVMスイッチ」とは何か、簡単な動画で解説する。また、もっと詳しく知りたい場合は、製品購入ウラづけガイドのKVMスイッチ特集に、KVMスイッチの技術についての詳しい解説から最新動向までを紹介しているので、そちらをご参照いただきたい。

KVMスイッチ

KVMスイッチとは

 KVMスイッチとは一組のキーボード、ビデオディスプレイ、マウスで複数台のコンピュータを操作できるよう切り替えを行う接続機器のことである。キーボードの「K」、ビデオディスプレイの「V」、マウスの「M」の頭文字をとって名づけられている。コンピュータ切り替え器、CPUスイッチ(切り替え器)と呼ばれることもある。複数のコンピュータを操作するためにKVMスイッチに接続された一組のキーボード、ディスプレイ、マウスはコンソールと呼ばれる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

KVMスイッチ/今が押さえドキ!速解「KVMスイッチ」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「KVMスイッチ」関連情報をランダムに表示しています。

KVMスイッチ」関連の製品

ラックマウント用コンソールドロワー 「フルHDモデル」 【富士通コンポーネント】 DVI小型遠隔ユニット FE-3500CX 【富士通コンポーネント】
KVMスイッチ KVMスイッチ
19インチラックの1Uスペースに収納可能なサーバラック用(600〜1000mm)の引出式コンソールユニット。 コンソール(キーボード、マウス、ビデオ)のビデオ信号をそのままLANケーブル(Cat6、Cat5E UTP)で延長するための装置。延長ケーブル感覚で簡単に設置可能。

KVMスイッチ」関連の特集


 最終回の今回は、これまでに行った分析を振り返りながらクラウド利用の注意点をまとめていく。 まず、こ…



従来のサーバーに比べ、コンパクトになった「ブレードサーバー」。消費電力が抑えられるのも魅力の一つ。し…



次世代クライアントの候補の1つとして注目を集めている「シンクライアント」。方式とその特徴、最新事情ま…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

KVMスイッチ/ 今が押さえドキ!速解「KVMスイッチ」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「KVMスイッチ/ 今が押さえドキ!速解「KVMスイッチ」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002552


IT・IT製品TOP > サーバー > KVMスイッチ > KVMスイッチのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ