苦労が水の泡。「バックアップツール」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

やさしく学べる 図解でわかるIT製品入門

苦労が水の泡。「バックアップツール」

2008/04/25


 「自分の担当分野しか知らない」なんてことはなかなか言えない情報システム担当者。まったく関係ない分野の製品も一応は押さえておきたい…でも、じっくり勉強する暇はない!というアナタのために、様々な分野の製品をアニメーションで簡単に解説。今回のテーマは「バックアップツール」。万一システム障害が起きた場合に活躍する「バックアップツール」とは何か、簡単な動画で解説する。また、もっと詳しく知りたい場合は、IT製品解体新書のバックアップツール特集に、バックアップツールの基本機能からバックアップ/リストア・リカバリのパフォーマンス向上に役立つ最新機能までを解説しているので、そちらも併せてご参照いただきたい。

バックアップツール

バックアップツールとは

 「バックアップ」とは、システムに障害が発生した場合に、迅速に元のシステム情報に戻す「リカバリ」や、アプリケーションデータを元の状態に戻す「リストア」ができるよう、別のストレージにデータの複製を保存しておくこと。バックアップツールとは、こうした作業を円滑かつスピーディに行うための機能を備えた専用ソフトのことである。このため、バックアップ機能だけでなくリカバリの機能も含めたものを「バックアップツール」と呼ぶ。バックアップを実現する仕組みの一例を(ディスクtoディスクtoテープ)アニメーションで解説しよう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

バックアップツール/苦労が水の泡。「バックアップツール」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップツール」関連の製品

Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 クラウドバックアップサービス 【NEC】 ハイパーコンバージドインフラとバックアップ 【arcserve Japan】
バックアップツール バックアップサービス バックアップツール
アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 パブリッククラウド(Windows Azure)を利用することでコストを抑えつつ、NECのサービス提供・サポートにより、安心して使える遠隔地バックアップサービス。 ハイパーコンバージド=バックアップ不要…は正しい?!

バックアップツール」関連の特集


運用管理面、冗長化構成、設置のしやすさetc…。「ブレードサーバ」導入時には、検討しなければならない…



 素晴らしい頭脳により、10年ごとに、ITの世界に変革が起きています。コンシューマテクノロジではもち…



急速なクラウド利用の拡大、災害対策への意識の高まりなどといった昨今の事情を受け、バックアップに対する…


バックアップツール」関連のセミナー

2/23(木)VeeamでWindows物理マシンもばっちりサポート 【クライム】 締切間近 

開催日 2月23日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

既にリリースされていた物理マシンバックアップツール「Veeam Endpoint Backup FREE」が進化しました!簡単に行えるバックアップ、リストアに加…

Zertoバージョン5 仮想環境、クラウドレプリケーション 【クライム】  

開催日 3月9日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

3/9(木)開催『Zertoバージョン5 機能全貌ー異種ハイパーバイザ(VMware/Hyper-V)間、パブリッククラウド(AWS/Azure)へのレプリケー…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップツール/ 苦労が水の泡。「バックアップツール」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップツール/ 苦労が水の泡。「バックアップツール」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002551


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ