注視せよ!構成変更管理ツール選びの要諦

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

注視せよ!構成変更管理ツール選びの要諦

2008/06/16


 構成・変更管理ツールを導入する際、どんな点に着目して選択すればよいのだろうか。構成・変更管理ツールにはそれぞれ異なった特徴があり、構成管理と変更管理の両機能をあわせ持つものもあれば、機能ごとに個別製品として提供されているものもある。また、リポジトリの配置方法についても2種類あり、それぞれの強みが異なってくる。では自社の開発スタイルにあったツールはどのように選べばいいのか、その選択ポイントを解説していく。また、「IT製品解体新書」では、製品の基礎知識から最新事情までを詳しく紹介しているので、そちらもあわせて参考にしてほしい。

構成・変更管理ツール

※「構成・変更管理ツール/注視せよ!構成変更管理ツール選びの要諦」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「構成・変更管理ツール/注視せよ!構成変更管理ツール選びの要諦」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

構成・変更管理ツールの基礎解説へ


1

構成・変更管理ツールの選び方

1-1

製品選定の前に、明らかにしておくべきこと

■何を目的に導入するのか

 構成・変更管理ツールが提供する機能は多岐に渡る。例えば、ファイルのバージョン管理だけを目的にするのであれば選択肢も広がってくる。商用の構成・変更管理ツールだけではなく、OSSのバージョン管理ツールも選択の対象に入ってくるからだ。
 導入目的がファイルのバージョン管理に加えて、「変更内容を管理して追跡できるようにしたい」、「品質と生産性を高めたい」、「IT統制にも対応したい」、「既存資産の再利用性を高めたい」というのであれば、OSSのバージョン管理ツールは、その対象からはずれる。まずは何を目的にツールを導入するのかを明らかにしよう。なお、このページでは「OSSと商用ツールとの比較表」も紹介しているので2-1の項を参考にすると良いだろう。

■どんな組織で使うのか

 構成・変更管理ツールは、多くの開発者が関わることで発生するデメリットを解消できるツールということから組織全体で導入して初めて効果の出るツールである。もちろん最初から組織全体での導入はリスクが大きいので、段階的に導入することも多いだろう。しかし、最終的に組織全体で導入することを考えた場合、自分たちの組織(開発部署)のあり方を明らかにしておきたい。「現在の人数は何人か」、「拠点はいくつに分かれているのか」など、現在の状況を明らかにし、組織の長期的な展望をしっかり見定めておきたい。1年後、3年後、5年後に開発部署はどうなっているのか、それを勘案することも忘れてはならない。

■どんなプロジェクトに導入するのか

 使う組織の現状と将来像が明確になったところで、次に考えたいのが実際に導入するプロジェクトについてだ。第一のチェックポイントは、開発するアプリケーションの規模である。「どのくらいの人数で開発するのか」、「開発場所は単一か複数か」、「その拠点はどこにあるのか」、「開発プロセスは用意されているのか」など、実際導入するプロジェクト内容を当てはめて考えよう。例えば、大規模かつグローバル拠点で並行開発するプロジェクトの場合は、パフォーマンス低下を防ぐような工夫が施されている製品を選択したい。一方、標準化された開発プロセスがなく管理するファイルの数も少ない小規模プロジェクトであれば、OSSの構成管理ツールでも十分だ。

プロジェクトの再確認

どのくらいの人数で開発するのか

開発場所は単一か複数か

その拠点はどこにあるのか

開発プロセスは用意されているのか

■これまでにバージョン管理ツールを使ったことがあるかどうか

 構成・変更管理ツールはまだ普及が進んでおらず、その原因の1つになっているのが、「現場の抵抗」だ。構成・変更管理ツールを導入すると、定義された開発プロセスどおりでなければ次の工程に進めなくなる。現場の担当者によっては、これまでとは違う開発プロセスを強いられることになる。そのため目前の開発に追われている担当者にとっては、新しいプロセスでの作業は効率を下げることになってしまうからだ。これまで表計算ソフトなどでファイル管理をしていた組織であれば、開発プロセスの定義が不要なバージョン管理機能だけを使い、その効果を感じてみるところから始めることが得策だろう。そして構成・変更管理ツールが提供するすべての機能を活用する方向へ広げていくとよい結果が生まれるはずだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

構成・変更管理ツール/注視せよ!構成変更管理ツール選びの要諦」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「構成・変更管理ツール」関連情報をランダムに表示しています。

構成・変更管理ツール」関連の特集


納期もコストも圧縮、なのに品質は担保しろなんて・・・プロマネに愚痴をこぼす前に考えたい、開発効率化に…



ちゃんと見積ったはずのプロジェクト、気づけば“赤字”の憂き目に・・・赤字プロジェクト転落を回避するた…



ソフトウェア開発を効率的かつ高品質に行うために欠かせない構成・変更管理ツール。基礎をおさえてデグレー…


「開発ツール」関連の製品

Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】 ALMソリューション 【キヤノンITソリューションズ】 コーディング不要の超高速開発ツール「Low-code Platform」とは 【ビルドシステム】
開発ツール 開発ツール 開発ツール
ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。 要件管理から構成・変更管理、テスト管理、プロジェクト管理まで、アプリケーション・ライフサイクルを総合的にサポートするソリューション。(ALMソリューション) 「コーディングしない」開発を始めよう――生産性6倍となる秘訣

「開発ツール」関連の特集


一時期の過熱したブームが過ぎ去ったUMLツール。喧騒の後、どんな進化を遂げてきたのか。今、その実力を…



一言で「ノンプログラミング業務アプリ開発ツール」といっても、データベース機能以外の部分では各社が多様…



2007年度の国内出荷金額が前年比9.9%増の9億円、2008年度も前年比13.3%増と見込まれ、拡…


「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

構成・変更管理ツール/ 注視せよ!構成変更管理ツール選びの要諦」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「構成・変更管理ツール/ 注視せよ!構成変更管理ツール選びの要諦」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30002536


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ