脅威は1年で6.7倍!?アンチウイルス最前線

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

脅威は1年で6.7倍!?アンチウイルス最前線

2008/06/09


 アンチウイルス製品はほとんどすべての企業に導入されているが、依然としてインターネットからの脅威は深刻さを増していくばかりだ。一方で、パフォーマンスの面や管理の煩雑さから、アンチウイルス製品に不満を持つユーザも少なくなく、これらの問題点を解決した製品が求められている。そこで、今回のIT製品解体新書では、アンチウイルスソフトの基本的な仕組みから、インターネットからの脅威に対抗するための注目機能まで、その最新事情をお届けする。IT製品選び方ガイドでは、アンチウイルスソフトを選択する際の注意点を解説しているので、こちらも参照いただきたい。

アンチウイルス

※「アンチウイルス/脅威は1年で6.7倍!?アンチウイルス最前線」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「アンチウイルス/脅威は1年で6.7倍!?アンチウイルス最前線」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

アンチウイルスの選び方ガイドへ
アンチウイルスシェア情報へ


1

アンチウイルスソフトを解体しよう!

1-1

アンチウイルスソフトとは

 アンチウイルスソフトは、もともとコンピュータウイルスからクライアント(PC)やサーバを保護するためのツールとして登場したが、現在ではコンピュータウイルス以外のさまざまなセキュリティ脅威(スパイウェアやボットネットなどを含むすべてのマルウェア)からコンピュータを保護するための統合ツールとして日々進化を続けている。
 企業向けのアンチウイルス製品は、サーバ/クライアント型(ソフトウェア)とゲートウェイ型(アプライアンス)の2つに大別することができる。前者はPCにエージェントを組み込んで保護するタイプ、後者はネットワークの出入口にゲートウェイを設置して保護するタイプだ。ゲートウェイ型は大手・中堅企業では導入が進んでいるものの、中小企業における導入率はまだ低い。ただし、ゲートウェイ型はUTMなどのセキュリティアプライアンスとして、急速に普及し始めている(UTMについては別稿を参照)。本稿ではサーバ/クライアント型製品に焦点を絞って解説を進めていく。
 図1に、サーバ/クライアント型のシステム構成例を示す。企業向けの製品では、クライアントの一元管理が行えるように管理サーバを構築する。管理サーバでは管理エージェントのリモートインストールだけでなく、定義ファイルやウイルス検索エンジンのアップデートも管理することができる。また、アンチウイルスなどのアプリケーションをリモートインストールできる製品もある。個人向けの製品では、管理サーバを設置する必要はない。

図1 アンチウイルスソフトのシステム構成例
図1 アンチウイルスソフトのシステム構成例
企業ネットワーク内にクライアント管理サーバを構築し、定義ファイルの更新や、セキュリティポリシーの設定、ログ管理などを行う。
■ウイルスの検出方法

 ウイルスを検出する方法としては、以下のものがあげられる。

 パターンマッチング方式が主流ではあるが、最近ではスタティック・ヒューリスティック方式あるいはルールベース方式、またダイナミック・ヒューリスティック方式もあわせて導入されるようになっている。
 なお、定期的に更新されるデータベースを使ってウイルスを検出する方法を「リアクティブ」、ふるまいで検出する方法を「プロアクティブ」と呼ぶ場合もある。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

アンチウイルス/脅威は1年で6.7倍!?アンチウイルス最前線」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

アンチウイルス」関連の製品

ランサムウェア対策ソフト 「RANSOMFILTER」 【Jiransoft Japan】 SRXシリーズ 【ジュニパーネットワークス】 FortiMail 【図研ネットウエイブ】
アンチウイルス ルーター その他ネットワークセキュリティ関連
ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版により180日間の試用ができる。 Junos OSに統合型脅威管理(UTM)と不正侵入防御(IPS)、クラウド/モバイル時代に必須のアプリケーションの“見える化“機能を統合可能な次世代のサービス・ゲートウェイ。 ビジネスに必要なメール機能をオールインワンで提供。1つの管理画面から各機能を統合的に管理できるため、導入コストを抑えつつ運用の手間も大幅に削減する。

アンチウイルス」関連の特集


48%の中堅中小企業が標的型攻撃の対象になっている。対策には、外部からの侵入を防ぐ「入口対策」と、内…



知らぬ間にパソコンに忍び込みこっそり情報を盗む・・・。その名の通りスパイ活動をする危険なプログラムが…



なぜバックアップが必要なのか。その理由は何かトラブルが発生したとしても業務を継続できることだ。ここに…


アンチウイルス」関連のセミナー

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 2月8日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 2月3日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

巧妙化するサイバー攻撃!情報流出を防ぐための対策とは? 【エムオーテックス/ディーアールエス】 注目 

開催日 1月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大手旅行会社で793万件もの個人情報流出がニュースを賑わしました。その手口は標的型メールと言われており、昨年発生した日本年金機構と同様のものになります。標的型攻…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

アンチウイルス/ 脅威は1年で6.7倍!?アンチウイルス最前線」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「アンチウイルス/ 脅威は1年で6.7倍!?アンチウイルス最前線」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002533


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ