バックアップ特効薬!仮想テープライブラリ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

バックアップ特効薬!仮想テープライブラリ

2008/05/12


 企業の業務システムは年々複雑化しており、システム障害や災害発生に備えてバックアップが必要とされるデータは、多様化/大容量化が続いている。また、内部統制やコンプライアンスへの対応、事業継続といったニーズの高まりも後押しし、様々な企業でバックアップ体制の見直しやシステムの再構築が検討され始めた。その中で、従来バックアップ/リストアシステムの主流とされてきたテープストレージに代わり注目され始めたのが、ハードディスクを利用したディスクベースのバックアップ製品だ。今回の特集では、テープ装置を利用してきた従来の運用体制や既存資産を活用しながら、ディスクバックアップの利点も享受できる「仮想テープライブラリ」について、その具体的なメリットから最近の動向までを詳しく紹介していく。また、IT製品選び方ガイドでは自社に合う製品選びのポイントを解説しているので、こちらもあわせて参考にしていただければ幸いだ。

仮想テープライブラリ

※「仮想テープライブラリ/バックアップ特効薬!仮想テープライブラリ」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「仮想テープライブラリ/バックアップ特効薬!仮想テープライブラリ」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

仮想テープライブラリの選び方ガイドへ


1

仮想テープライブラリを解体しよう!

1-1

仮想テープライブラリとは

 仮想テープライブラリは、ハードウェアはディスクベースのストレージでありながら、搭載されたソフトウェア機能によってテープドライブをエミュレーションし、仮想のテープドライブとしてのストレージ領域を提供する製品だ。ハードディスク内にテープライブラリやスロット、ドライブなどの種類や数を設定/作成でき、バックアップサーバなど仮想テープライブラリの外にあるシステムからはテープドライブとして認識される。この仮想的に作成されたテープドライブへのデータの入出力はテープフォーマットで行なうことができ、テープ装置と同様にバックアップのスケジューリングや世代管理などが可能となっている。装置の構成は、仮想テープ機能を提供するソフトウェアが搭載されたアプライアンスとなる。

図1 仮想テープライブラリを含むバックアップシステム構成例
図1 仮想テープライブラリを含むバックアップシステム構成例

 図1は、仮想テープライブラリと物理テープドライブを併用したバックアップシステムの構成として、主に採用される2例を示したものだ。
 左の構成例では、バックアップのスケジュールやデータの流れを管理するバックアップサーバに、仮想テープライブラリと物理テープドライブがそれぞれ接続される構成となっている。仮想/物理テープのどちらに書き込むかといったスケジュール管理などはバックアップサーバの設定を行なうだけで済むため、管理負荷が少ない。また、すでに構築済みのシステムでは、バックアップサーバに仮想テープライブラリを付け加えることで導入可能となるため、初期の手間を抑えることができる。
 右の構成例は、バックアップサーバから仮想テープライブラリ、その先に物理テープドライブ順に接続されている。この場合、仮想テープライブラリが物理テープメディアへの書き込みを制御するため、バックアップサーバ側での処理は仮想テープライブラリへの書き込みが終わった時点で完了する。処理が分散されることで、バックアップサーバのみならず、システム全体のパフォーマンス低下を抑えることができる。またこの構成の場合、物理テープドライブは仮想テープライブラリより前のシステムには認識させる必要がなく、バックアップサーバに搭載された管理ソフトウェア(バックアップツールなど)のライセンス追加が不要となる。ただし、テープ装置が仮想テープライブラリでしか認識できないため、仮想テープライブラリの破損時には復旧のためバックアップサーバに再認識させなければならないので、注意が必要だ。

コラム:仮想テープライブラリ製品に採用されはじめたRAID-6とは

 “万一の事態”に備えるためのバックアップストレージには、当然信頼性が重要になってくる。障害の発生時や過去データの開示が必要となった場合に、バックアップシステムが壊れていてデータが取り出せないのではまったく意味がない。そこで最近では、仮想テープライブラリなどのディスクストレージ製品に「RAID-6」と呼ばれる技術が搭載されることが多くなってきた。
 RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)は、複数のハードディスクを、1台のハードディスクのように管理する技術のことで、データを分散させて記録することで読み込み/書き込み速度を向上する「RAID-0」や、同様の内容を複数ディスクに書き込むことで耐障害性を向上する「RAID-1」などがある。現在は、データブロックごとに「パリティ」と呼ばれる誤り訂正符合を生成し、分散させて記録することで耐障害性/速度の向上を図った「RAID-5」が、サーバ製品などを中心に広く普及している。しかしRAID-5では、2台以上のハードディスクで障害が起きると、データの復旧が不可能となってしまう。このため、同時期に製造され、ほぼ同じだけ読み込み/書き込みが行なわれる複数のハードディスクが、“同時に2台以上故障”した場合の不安感が残ってしまう。
 そこで、パリティを2つ記録することで2重障害でも復旧を可能にし耐障害性を大幅に向上させたものが「RAID-6」だ。RAID-5に比べ、パリティ生成のための書き込み速度低下や、実効データ容量の減少といったデメリットはあるが、ハードディスクの大容量化/低価格化もあり、より信頼性の求められる製品では積極的に採用されている。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

仮想テープライブラリ/バックアップ特効薬!仮想テープライブラリ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「仮想テープライブラリ」関連情報をランダムに表示しています。

仮想テープライブラリ」関連の特集


データ保護に欠かせない「バックアップツール」。進化した重複排除や仮想化対応、リストアに役立つ機能もま…



低コストで安全に企業情報をバックアップする「テープライブラリ」。今回はその選び方を"拡張性"をテーマ…



バックアップの手間ヒマを劇的にカット!最新技術で快適バックアップを始めるためのノウハウを網羅。現状分…


「テープストレージ」関連の特集


遂にテープも仮想化する時代に突入!あなたの会社はストレージ統合派?消費電力の低減派?ニーズに合った「…



テープバックアップ運用に関する疑問。テープを選んだ「目的」「満足度」、「磁気テープのメリット」など……


「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

仮想テープライブラリ/ バックアップ特効薬!仮想テープライブラリ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「仮想テープライブラリ/ バックアップ特効薬!仮想テープライブラリ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002525


IT・IT製品TOP > ストレージ > テープストレージ > テープストレージのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ