統合管理の極めつけ!「シンクライアント」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

統合管理の極めつけ!「シンクライアント」

2008/04/07


 数年前から、情報漏洩や個人情報保護に対するセキュリティ対策に役立つソリューションとして、シンクライアントが再び注目を集めるようになってきた。また、昨年あたりからシンクライアントのASPサービスも始まったことから、多くの企業で導入しやすい環境が整ってきている。しかし、未だ「導入コスト」や「既存アプリケーションとの親和性」などの課題を持つ企業も少なくない。今回の解体新書では、シンクライアントの基本技術を解説しながら、最新動向を詳しく紹介していく。また、IT製品選び方ガイドではニーズが多様化するシンクライアント選びのポイントを紹介しているので、ご参照いただきたい。

シンクライアント

※「シンクライアント/統合管理の極めつけ!「シンクライアント」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「シンクライアント/統合管理の極めつけ!「シンクライアント」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

シンクライアントの選び方ガイドへ
シンクライアントシェア情報へ


1

シンクライアントを解体しよう!

1-1

シンクライアントとは

 シンクライアントとは、一般的にはアプリケーションソフトや重要データをできるかぎり手元に蓄積しないディスクレスのクライアントのことで、最小限の機能だけを搭載し、アプリケーションはサーバにアクセスして実行する形態を取る。ただし、ハードディスクなどを搭載している通常のPC(シンクライアントに対してファットクライアントと呼ぶ)でも、シンクライアントとして利用できる仕組みも提供されているので、ローカル環境にデータやアプリケーションを格納しなければ、たとえ物理的にハードディスクが搭載されていてもシンクライアントとして利用することができる(図1)。
 サーバとシンクライアントとの関係は、メインフレームとダム端末の関係によく似ている。ただし、シンクライアントはあくまでもクライアントサーバモデルの延長線上にあり、シンクライアントが最小限の機能しか搭載していないといってもシンクライアントとしての専用OSは端末側に搭載されている。

図1 シンクライアントとは
図1 シンクライアントとは
PC(ファットクライアント)をシンクライアントとして使用することも可能。
資料提供:日本電気

 シンクライアント端末のハードウェアの形態としては、ディスクレスのデスクトップPCやノートPCタイプ、液晶ディスプレイ一体型、ディスプレイ別売のBOX型(図2)のほか、通常のPCをシンクライアントとして利用するためのUSBメモリ型などが市販されている。シンクライアントOSとしては、ベンダ独自の専用OSのほか、Windows CE、Windows XP Embedded、Linuxなどが選択できる。

図2 BOX型のシンクライアント端末
図2 BOX型のシンクライアント端末
シンクライアント端末にスマートカードリーダなどを追加することも可能。
資料提供:ワイズテクノロジー

 また、シンクライアントを実現する方式にはアプリケーションの共有形態などの違いにより、画面転送型のサーバベース方式、ブレードPC方式、仮想PC方式、そしてネットワークブート方式(VID方式)の4方式が実現されている(表1)。

表1 シンクライアント実現方式の比較
表1 シンクライアント実現方式の比較
実現方式によってシンクライアントのメリット/デメリットが異なる。
資料提供:ミントウェーブ
■サーバベース方式

 この方式を採用したシンクライアントシステムでは、アプリケーションをサーバ側で稼働させ、ネットワークを介してクライアントとの間で画面情報、キーボード、マウスの動きだけを送受信する仕組みになっている(図3)。この方式を採用している製品には、クライアントに送信する画面情報の内容によって、さらに「画面データ転送型」と「画面描画命令転送型(APIトラップ方式)」に分類することができる。画面データ転送型は、アプリケーションが表示する画面をビットマップ形式でクライアントに送信することでシンクライアントを実現しており、最初に画面を送信した後は差分情報だけを送信する仕組みになっている。このタイプの製品/技術としては、マイクロソフトが提供する「ターミナル サービス」やシトリックス・システムズ・ジャパンが提供する「Citrix XenApp」などがある。一方、画面描画命令転送型は、アプリケーションが出力する画面描画命令をそのままクライアントに送信してクライアント側で画面生成を行う仕組みになっている。このタイプの製品/技術としては「GO-Global」(図4)や「X Window System」などがある。

図3 画面データ転送型
図3 画面データ転送型
Citrix XenAppでは独自のICA通信プロトコルが使われている。
資料提供:シトリックス・システムズ・ジャパン
図4 画面描画命令転送型(APIトラップ方式)
図4 画面描画命令転送型(APIトラップ方式)
どのOSプラットフォームから利用しても同じアプリケーションのウィンドウはすべて同じように見える。
資料提供:きっとエイエスピー
■ブレードPC方式

 ブレードサーバ技術を活用し、ブレード化されたPCモジュールを導入することでPCの集約化を図り、画面情報のみをシンクライアント端末に送信する方式だ。ブレードPCは通常のPCと変わらないことから、アプリケーションの検証作業は不要となる。この方式の場合も、さらに画面やキーボードなどの入出力ポートをユーザ端末まで延長して使う「KVMスイッチ型」と、「リモートデスクトップ」を使った画面転送型の2タイプがある。KVMスイッチ型は、通常のクライアントサーバモデルと同じ構成になるが、ブレードPCの筐体からディスプレイ端末までの配線距離に制限が出てくる。

■仮想PC方式

 VMwareやXenなどの仮想化ソフトを使ってシンクライアントシステムを実現する方法で(図5)、アプリケーションの実行場所とクライアントの関係がブレードPC方式と同じように論理上は1対1になるが、ブレードPCとは異なり、ユーザごとの実行環境は仮想化ソフト上に展開されているので、物理的には1対複数になる。仮想PCからシンクライアントに対してはリモートデスクトップなどを使って画面情報を転送する。

図5 仮想PC方式
図5 仮想PC方式
CPU利用率の高いユーザにリソースを多く割り当てることができる。
資料提供:日本電気
■ネットワークブート方式

 サーバ上に配置されている仮想ディスクイメージを、シンクライアントが起動した時点でマウントしてOSをブートする方式(図6)。OSやアプリケーションはクライアントのメモリ上に展開され、クライアント側のCPUとメモリを使って実行される。つまり、ハードディスクをサーバ側に統合し、実行処理は端末側で行う。

図6 ネットワークブート方式
図6 ネットワークブート方式
資料提供:ミントウェーブ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

シンクライアント/統合管理の極めつけ!「シンクライアント」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

シンクライアント」関連の製品

ネットワーク分離ソリューション 【アクシオ】 HP Moonshot HDI シンクライアントソリューション 【アクシオ】 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 【パラレルス】
その他ネットワークセキュリティ関連 シンクライアント シンクライアント
二要素認証、操作ログ、標的型攻撃対策、ファイル共有、ネットワーク分離を構成する各プロダクトと構築サービス。 HDI(Hosted Desktop Infrastructure)は、継続したパフォーマンスを提供できるハードウェア占有型のシンクライアントソリューション。ネットワーク分離用途にも適用可能。 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由

シンクライアント」関連の特集


 前回までにモバイルPC環境を有効に活用するために必要なセキュリティ機能について話を進めてきた。今回…



東日本大震災以降、“会社に行けなくても”をキーワードにBCPの一環として注目されている「デスクトップ…



サーバ仮想化に続き注目を集めるVDI。しかし物理PCの買い替え費用の削減目的で導入すると失敗の可能性…


「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

シンクライアント/ 統合管理の極めつけ!「シンクライアント」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「シンクライアント/ 統合管理の極めつけ!「シンクライアント」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002515


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ