メールセキュリティアプライアンス シェア

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

電子メールセキュリティアプライアンス

2008/01/29


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、電子メールセキュリティアプライアンスのシェア情報をご紹介しよう。

※「メールセキュリティ/メールセキュリティアプライアンス シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「メールセキュリティ/メールセキュリティアプライアンス シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

メールセキュリティの選び方ガイドへ
メールセキュリティの基礎解説へ

 富士キメラ総研の調べによれば、メールセキュリティアプライアンス市場は、海外からのスパムメールに対応するためISPでの導入が多かった形成期から、日本語スパムメールの急増により一般企業での需要が高まる成長期へ移行している。中堅企業から大規模企業まで幅広く需要があり、ソフトウェア製品に比べメールサーバの負荷軽減や障害発生時の復旧のしやすさなどの要因から導入が進んでいる。また今後は、スパムメール(インバウンド)対策に加えコンテンツフィルタリングといった情報漏洩(アウトバウンド)対策としての活用が見込まれている。
 2008年4月から適用される日本版SOX法への対応から需要が高まると見られ、2007年には市場規模が前年対比64.2%増の110億円へ成長が見込まれている。ただし、この需要は2007年末〜2008年中がピークと見ているベンダが多く、2008年に前年対比43.6%増の158億円、その後はスパムメール対策や情報漏洩対策といった導入要因が拡大を牽引し、2009〜2011年に毎年32.9〜11.1%増加し300億円へと市場の成長が予測されている。
 今後は、検知率の高さや誤検知率の低さは前提条件として、使いやすさ/サポート体制/価格などの部分で競争が激しくなると見られる。

電子メールセキュリティアプライアンスシェア

電子メールセキュリティアプライアンスシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

メールセキュリティ/メールセキュリティアプライアンス シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

メールセキュリティ」関連の製品

Email Security Gateway(旧 Spam Firewall PLUS) 【バラクーダネットワークスジャパン】 標的型攻撃入口対策ソフト 「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」 【NTTテクノクロス】 メール誤送信防止ソリューション「Active! gate」 【クオリティア】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
迷惑メール・アンチスパム対策、ウイルス防御、メールによるDoS防止、暗号化、ファイル転送などの機能を組み合わせた統合型セキュリティソリューション。 受信メールに紛れ込む不審なメールをリアルタイムで検知・隔離し、受信する前に警告を出して注意を促すことで、標的型攻撃を未然に防ぐソフトウェア。 上司承認(オプション)を含む7つのアプローチを1つの製品で実現するメール誤送信対策ソフトウェア。アプライアンス版も提供。ユーザがポリシー設定でき運用負荷も軽減。

メールセキュリティ」関連の特集


2010年度、金額において34.6%増で7億円となった「メール誤送信防止ツール」市場。同製品のシェア…



 2015年6月、IPAがランサムウェアに関する注意喚起を促し、さらに同年末にvvvウィルスというラ…



Windows Server 2012の登場は様々な立場の人々に影響やきっかけを与えるに違いない。一…


メールセキュリティ」関連のセミナー

Email Security Conference 2017 東京 【ナノオプト・メディア】 締切間近 

開催日 9月27日(水)〜9月29日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

  「標的型攻撃」「ランサムウェア」「情報漏洩」、「脆弱性対策」など  多様化するサイバー攻撃の最新の脅威動向とその対策について、数々の事例を元に解説します。━…

サイバー攻撃への秘策は“無害化”と“AI”で決まり! 【ヴイ・インターネットオペレーションズ/グローバルセキュリティエキスパート/キヤノンITソリューションズ/ソフォス】 注目 

開催日 10月18日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ますます高度化・巧妙化する標的型攻撃やランサムウェアへの対策に注目が集まっていますが、効果的な対策として示される“多層防御”にも複数社の製品を二重三重に導入する…

サイバー攻撃の動向と対策解 【NRIセキュアテクノロジーズ/日本プルーフポイント/マクニカネットワークス/FFRI】  

開催日 11月9日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

ランサムウェア、標的型攻撃などサイバー攻撃は高度化、多様化し、被害は拡大する一方で、各企業で喫緊に取り組むべき経営課題のひとつとなっています。そのような状況の中…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メールセキュリティ/ メールセキュリティアプライアンス シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メールセキュリティ/ メールセキュリティアプライアンス シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002507


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ