この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

ETLパッケージ

2008/01/15


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ミック経済研究所の情報を元に、ETLパッケージのシェア情報をご紹介しよう。

 ミック経済研究所の調べによれば、ETLパッケージ市場は、2006年度は調査企業各社とも売上が増加している企業が多く、出荷金額は前年対比11.6%増で、2007年度も21.6%増と高い伸びが予想される。同市場は分散していたデータの統合ニーズが依然高く、しばらく高い成長が見込まれる。
 市場占有率を見ると、2006年度の出荷金額ベースでは日本IBMが39.4%で1位、2位のインフォマティカ・ジャパンが29.7%、3位のグループワンソフトウェアが9.3%となっている。
 日本IBMの「DataStage」の売上は、アセンシャル・ソフトウェアを買収した直後は一時期停滞気味であったが、現在は営業体制も整備され売上も拡大傾向にあり、大手金融機関を中心に導入が進んでいる。インフォマティカの「PowerCenter」は、製品群の拡充や機能(オプション)の追加にともない、よりエンタープライズ向けの製品となってきている。同社では、販売パートナーの増強や、人員増強による陣容の強化などにより売上を伸ばしている。グループワンソフトウェアの「Sagent」の売上は、2006年度に社内体制が一新され体制が固まらなかったため低迷したが、2007年度は新バージョンもリリースされ体制も整ってきたことで、大量可変印刷を可能とする「DOC1」とともに売上規模の拡大が期待される。

ETLパッケージシェア

ETLパッケージシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

ETL/「ETLパッケージ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ETL」関連情報をランダムに表示しています。

ETL」関連の製品

データ加工・変換ツール 「DataMagic」 【セゾン情報システムズ】 BusinessSPECTRE 【電通国際情報サービス】 オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】
EAI ETL BI
膨大なデータのフォーマット変換、必要なデータの抽出・DBへの格納など、業務に必要なデータ変換をノンプログラミング・低コストで実現するデータ加工・変換ツール SAP ERPに格納された大量のデータを素早く抽出し、様々な用途に活用するためのデータ連携フレームワーク。会計・販売レポートや経営分析、他システム連携などに活用可能。 大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。

ETL」関連の特集


2007年度の国内出荷金額は前年比33.3%増の50億円と大幅な伸びを示し、今後も拡大傾向と予測され…



企業間のシステム統合・データ連携が必要になるケースが増えていますが、この場合、異なるシステムを効率よ…



DB担当者、ETL初心者、必見!…いざ、使おうと思うと形式がバラバラで使いものにならん!といった悩み…


ETL」関連のセミナー

半日で体感!アシストが誇るデータ連携基盤製品のすべて 【アシスト】  

開催日 4月21日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

ExcelとマスタDB、クラウド環境とオンプレミス環境、オープン環境とレガシー環境のデータ連携や、基幹システムからDWH・データレイクへの大量データ連携など、昨…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ETL/ 「ETLパッケージ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ETL/ 「ETLパッケージ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002502


IT・IT製品TOP > データ分析 > ETL > ETLの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ