この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

インクジェット・プリンタ

2007/11/05


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ガートナー ジャパンの情報を元に、インクジェット・プリンタのシェア情報をご紹介しよう。

 ガートナー ジャパンの調べによれば、2007年上半期 のインクジェット・プリンタ市場は、すでに普及が進んでいることと、各製品が需要を喚起する要因に欠けていたことから、出荷台数が前年同期比4.3%減の281万9000台 、金額では13.6%減の636億6100万円  となり、縮小傾向が見られる。壊れるまで買い換えないユーザが増加しているほか、PCを初めて購入するユーザがプリンタや複合機を購入する割合が低下している可能性も指摘されている。
 市場占有率は、単機能製品と複合機を含む出荷台数ベースで、キヤノンが40.8%、エプソンが38.9%、HPが9.2%を獲得している。
 複合機はプリンタから置き換わりつつあり、2007年上半期には複合機の出荷台数が全体の61.2%を占めている。しかし、複合機も出荷台数の伸びが鈍化しており、2006年は前年に比べ19.4%増加していたが、2007年上半期には前年同期比2.1%の増加にとどまっている。年末商戦向けの新製品では、複合機の数が単機能製品を上回り、ベンダが複合機に注力していることが見て取れる。
 ベンダが写真印刷を手軽に利用できることをアピールしている一方で、昨今充実してきた写真プリントサービスに需要を奪われている可能性もある。テレビとの連携や無線印刷といった付加価値が提供されつつあり、今後は製品特徴の明確なアピールが重要となってくる。

※以下のグラフは、2007年8月時点のデータ。

インクジェット・プリンタシェア

インクジェット・プリンタシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

インクジェット・プリンタ/「インクジェット・プリンタ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「インクジェット・プリンタ」関連情報をランダムに表示しています。

インクジェット・プリンタ」関連の特集


2014年は前年比4%減の546万台だったインクジェット製品市場。1位は43%、2位41%の占有率を…



2015年は前年比9.9%減の492万台だったインクジェット製品市場。そんな中、44.9%の1位の占…



前年同期比1.6%増となったインクジェットプリンタ市場。緩やかに規模が縮小すると予想される中、生き残…


「プリンター」関連の特集


「第三の産業革命」とまで言われるほどの潜在力を持つ3Dプリンタ。国内ベンダ動向やその用途など市場動向…



2015年第3四半期は前年同期比19%減だった同市場。投資意欲がレーザープリンター以外の分野に移る中…



前年同期比1.6%増となったインクジェットプリンタ市場。緩やかに規模が縮小すると予想される中、生き残…


「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

インクジェット・プリンタ/ 「インクジェット・プリンタ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「インクジェット・プリンタ/ 「インクジェット・プリンタ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002490


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ