この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

ブレードサーバ

2007/11/05


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、ブレードサーバのシェア情報をご紹介しよう。

※「ブレードサーバ/「ブレードサーバ」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ブレードサーバ/「ブレードサーバ」シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

ブレードサーバの選び方ガイドへ
ブレードサーバの基礎解説へ

 IDC Japanの調べによれば、2007年上半期の国内ブレードサーバ出荷台数は2万3000台弱(サーバブレードの数)で、前期比38.6%の成長率を記録した。同時期のRISCサーバの出荷台数が1万4000台であること考えると、ブレードサーバは国内サーバ市場において着実に存在感を増しつつある。
 ブレードサーバの市場形成は2002年の上半期のことだが、一部の例外を除き、毎期2桁成長を続けてきた。2006年下半期には大規模案件が少なく成長率を落としたものの、2007年上半期には大きく伸ばした。ブレードサーバはラックマウント型サーバの市場に食い込み、現在ではサーバ市場全体の中で約8%を占めるに至っている。
 ブレードサーバの出荷台数についてベンダ別のシェアを見ると、2007年上半期では、NEC(25%)がトップシェアとなり、HP(23%)、IBM(22%)、日立(18%)の順で続いている。ブレードサーバの登場以来、IBMが市場をリードし、NECがそれに続いてきた。2006年以前は両社ともに3〜4割のシェアをもつ「2強」時代と言えたが、昨年からHPと日立の台頭が著しく、ベンダ間の差は縮まり、「3強」または「4強」時代となってきた。シェア順位は逆転しているが、1〜3位までの差は大規模案件が1つあれば入れ替わる程度の違いと言える。今後は中堅/中小規模の案件で各社が競うことになることが見込まれる。

ブレードサーバシェア

ブレードサーバシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

ブレードサーバ/「ブレードサーバ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ブレードサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

ブレードサーバ」関連の特集


各社独自の仕様で展開しているブレードサーバー。どの部分に違いがあるのか、また製品選びのポイントはどこ…



2001年以降で最大のマイナス成長を記録した2009年に比べ、小幅なマイナス成長に落ち着いた2010…



これは、ただサーバを設置するだけのツールではありません。サーバの安定稼働にも役立つサーバラックについ…


「ブレードサーバ」関連の特集


IDCだけでなく企業にも入り始め、もはやインフラと化したブレードサーバ。今回は、サーバ統合にスポット…



圧倒的な集積度や運用の効率化で注目される「ブレードサーバー」。データセンター用と思われたのは昔の話。…



各社独自の仕様で展開しているブレードサーバー。どの部分に違いがあるのか、また製品選びのポイントはどこ…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ブレードサーバ/ 「ブレードサーバ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ブレードサーバ/ 「ブレードサーバ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002483


IT・IT製品TOP > サーバー > ブレードサーバ > ブレードサーバの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ