この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

暗号化ツール

2007/11/05


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ミック経済研究所の情報を元に、暗号化ツールのシェア情報をご紹介しよう。

 ミック経済研究所の調べによれば、暗号化ツール市場は、個人情報保護法や日本版SOX法、PCの盗難/紛失による情報漏洩事件などに対応するために注目されていることから、2006年度は前年比2.1%増の153.5億円、2007年度は前年比10.1%増の169億円への成長が予測されている。
 2007年度の市場占有率(出荷金額ベース)は、暗号化ツールの草分け的存在である「秘文」を展開する日立ソフトが33.7%を獲得し、2006年度に引き続きシェア1位を維持するものと見られる。同社は、ポイントセックとの協業により、HDD全体を暗号化する製品やWindows Mobile対応製品の展開を開始しており、ラインナップの拡充を図ることでブランドイメージの強化を進めている。2位には、HDD全体の暗号化と、すべてのクライアントPCの集中管理機能を提供する「SafeBoot」を展開しているマクニカネットワークスが続き、市場の16.6%を獲得すると予測される。3位のNECは、様々なセキュリティ製品を連携可能とする“協調型セキュリティ”戦略を実現させている「InfoCage」を提供しており、8.9%を獲得すると見込まれる。なお2007年にポイントセックを統合したCheck Pointは、NECソフトやメトロ、サイバネットを代理店として展開しており、統合して集計した場合には順位の変動が予想される。

暗号化ツールシェア

暗号化ツールシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

暗号化ツール/「暗号化ツール」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化ツール」関連情報をランダムに表示しています。

暗号化ツール」関連の製品

Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】
暗号化
導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。

暗号化ツール」関連の特集


数々の情報漏洩事故の報道を受け、再び「ファイル暗号化ソリューション」が注目を集めている。様々な暗号化…



1人1台のPC利用は当然となり、最近は省スペースのノートPCが企業でも人気のカテゴリーになりました。…



先日起きた証券会社の顧客情報流出事件では、慰謝料が5億円!情報が闇市場で取引される時代。情報資産を守…


「暗号化」関連の製品

機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】
暗号化 暗号化 暗号化
様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。 マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

暗号化ツール/ 「暗号化ツール」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「暗号化ツール/ 「暗号化ツール」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002480


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ