この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

「SaaS」がもたらす変革の本質とは

2008/03/21


 前編では、SaaS(Software as a Service)のメリットや適切なSaaSを見極めるためのチェックポイントとして、SaaSの成熟度モデルについて解説した。後編では、新たにSaaS市場に参入してきた通信事業者や本腰を入れて取り組み始めた巨大ベンダの動向を解説する。また、先行するセールスフォース・ドットコムのプラットフォーム戦略がユーザ企業に与える影響についても考察を加える。

SaaS
[前編] width= 掲載日:08/03/13 
[後編] width= 掲載日:08/03/21 
ユーザ視点で考える「SaaS」活用の極意 SaaSがもたらす「変革」の本質とは

※「SaaS/「SaaS」がもたらす変革の本質とは」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「SaaS/「SaaS」がもたらす変革の本質とは」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

城田 真琴

情報技術本部 技術調査部 主任研究員 城田 真琴(Makoto Shirota)

株式会社 野村総合研究所企業サイトへ
アナリストファイル #020

大手電機メーカーのシステムコンサルティング部門を経て2001年、野村総合研究所に入社。以来IT 動向の調査と分析を行うITアナリストとして活動。専門は、SaaS、SOA、EA(Enterprise Architecture)、ビジネス・インテリジェンスなど。



1

通信キャリアの参入で更に活性化するSaaS市場

 昨年までの日本におけるSaaSといえば、セールスフォース・ドットコムやネットスイートといった米国からやってきたSaaS専業ベンダのイメージが強く、実際、多くの話題を提供し、SaaS市場を盛り上げてきた。しかしながら、SaaS市場の更なる成長のためには、より多くのプレイヤの参入が不可欠である。
 こうした状況の中で、まず注目すべきは、こぞって参入を表明している通信事業者の動きである(表1)。

表1 日本の通信事業者のSaaSに関する取り組み概要
表1 日本の通信事業者のSaaSに関する取り組み概要
出典:野村総合研究所

 かねてから、通信事業者各社は、IP-VPNに代表される閉域網サービスとセキュリティやストレージなどのサービスを一体化して提供しており、このような取り組みに違和感はない。しかし、SaaSに本腰を入れて取り組む通信事業者の意図は理解しておく必要がある。
 通信事業者の狙いは、今後、大幅な収益の拡大が期待できない回線サービスに、アプリケーションや端末(携帯電話、スマートフォン)を一体化して提供するという付加価値をつけることで、新たな収益源とすることだ。特にNGNでは、インターネットが抱えるセキュリティ問題を解決し、QoS(Quality of Service:サービス品質)が保てるといった利点がある。このため、従来のインターネットを利用したSaaSに対しては、セキュリティやサービス品質に不安を抱くユーザに訴求できるのではないか、というのが通信事業者の狙いである。
 もっとも、肝心のアプリケーションについては、通信事業者自ら提供できるものには限りがあり、いかに外部のソフトウェアベンダと提携し、魅力あるサービスの品揃えを実現できるかがポイントとなる。このため、ソフトウェアベンダに対しては、信頼性の高いデータセンタに加え、認証や課金、決済、マッシュアップといった機能を備えた利便性の高いプラットフォームを用意し、ソフトウェアベンダがすぐにSaaSビジネスに参入できるインフラを用意している。富士通、NEC、日立などの国産メーカーもSaaS事業の基盤となるプラットフォームの構築に乗り出す予定であり、今年は、SaaSプラットフォームを巡る争いが過熱する兆しが見えている。

このページの先頭へ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

SaaS/「SaaS」がもたらす変革の本質とは」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SaaS」関連情報をランダムに表示しています。

SaaS」関連の製品

業務アプリ作成ツールは誰でも使えるのか? 開発“無”経験者が試してみた 【株式会社ネオジャパン】 純国産クラウド型統合ビジネスアプリケーション Knowledge Suite 【ナレッジスイート】 CPI マネージド専用サーバー 【KDDI ウェブコミュニケーションズ】
開発ツール SFA ハウジング
業務アプリ作成ツールは誰でも使えるのか? 開発“無”経験者が試してみた グループウェア、SFA、CRMが機能連携したクラウド型統合ビジネスアプリケーション。初期費用無料、ユーザー数無制限、スマートフォンやタブレット等のマルチデバイス対応。 サーバー機能をパッケージ化したサービス。運用・管理のすべてをKDDIウェブコミュニケーションズに一任できる。回線帯域は最大1Gbpsとなり、高負荷環境にも余裕で対応。

SaaS」関連の特集


 第1章では基幹システムに必要なハードウェア暗号モジュールの概要、第2章ではハードウェア暗号モジュー…



2015年7月14日に迎えるWindowsServer2003のサポート切れ。WindowsServ…



導入の失敗事例が少なくないBIツール…。失敗に陥らないためのソリューションやアドバイスを紹介します。


SaaS」関連のセミナー

ジョブ管理を中心に運用の効率化をはかりませんか? 【主催:ソフトバンク/インフォコム/インターネットイニシアティブ/ヴィンクス】 締切間近 

開催日 12月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【対象】・ジョブ管理の運用コストを削減されたい方・企業の情報システム部門の方・企業の基幹業務運用部門の方・システムの提案をするシステムインテグレーターの方【ジョ…

AI・Webサービス基盤のためのハイパーコンバージド・インフラ 【日本アイ・ビー・エム】 締切間近 

開催日 12月14日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

ハイパーコンバージド・インフラ(HCI)の適用領域は、その圧倒的な使いやすさから、企業規模に関わらずVDI環境やプライベート・クラウドを中心に急速に広がり、その…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SaaS/ 「SaaS」がもたらす変革の本質とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SaaS/ 「SaaS」がもたらす変革の本質とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002462


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ