次世代PHSかWiMAXか?遂に来た「BWA」時代

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

次世代PHSかWiMAXか?遂に来た「BWA」時代

2008/02/21


 2007年末、2.5GHz帯の広帯域移動無線基地局を開設するための免許がウィルコムとワイヤレスブロードバンド企画に与えられ、BWA(Broadband Wireless Access)時代の扉がようやく開き始めた。次世代PHS、WiMAX、さらには3.9/4G携帯という、未来の無線ブロードバンド通信方式の選択肢を、企業はどうやって評価すればよいのだろうか。今回は、「BWA時代」に可能となるサービスの概要と企業がモバイルインフラを検討する際の留意点をみていこう。インフラを意識せず、事業に適切なサービスが選べる時代がすぐそこまで来ているのだ。

BWA

※「BWA/次世代PHSかWiMAXか?遂に来た「BWA」時代」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「BWA/次世代PHSかWiMAXか?遂に来た「BWA」時代」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

石渡 昭好

リサーチコミュニケーションズ テレコム/ネットワークキング担当 主席アナリスト       石渡 昭好(Akiyoshi Ishiwata)

ガートナー ジャパン株式会社企業サイトへ
アナリストファイル #041

ガートナー ジャパンにおいて、通信事業者向け通信機器やモバイル・インフラ機器市場を中心とした市場動向分析と提言を行っている。平成20年総務省「モバイルビジネス活性化プラン評価会議」構成員、平成19年総務省「モバイルビジネス研究会」構成員。 ITコーディネータ。



1

ウィルコムとKDDI陣営がBWA事業者として選ばれた理由

 昨年12月21日、総務省はウィルコムとワイヤレスブロードバンド企画の2社に対し、2.5GHz帯の周波数を使用する特定基地局の開設を認める決定を行った。ご存知のとおり、2.5GHz帯は次世代PHS方式とモバイルWiMAX方式の両方が利用可能な帯域だ。
 認定申請を行ったのは4社だ。ウィルコムは次世代PHSを推進する、世界でもユニークな存在。ワイヤレスブロードバンド企画は、KDDIを中心としてインテルやJR東日本、京セラなどが出資するWiMAX事業のための新会社である。競い合った他の2社は、ソフトバンク、イーアクセスを中心としISP各社などが出資したオープンワイヤレスネットワークと、NTTドコモと事業認定のための戦略的提携を行った(現在は解消)アッカ・ワイヤレスである。
 それぞれ申し分ない実力と実績をもったメンバーが集う中で、ウィルコムとKDDI陣営が選ばれたのには理由がある。

1-1

インフラと「多様なサービスの可能性」を峻別した総務省

 背景にあるのは総務省の考え方の転換だ。通信事業者のビジネス展開モデルそのものを重要視していた従来とは違い、昨年からは通信インフラとその上にのるサービスとを区別したうえで、多様なビジネスモデルを実現できる可能性を追求する方向へとシフトしてきているのだ。無線通信インフラを所有するMNO(Mobile Network Operator/移動体通信事業者)が展開する垂直統合的なコンテンツ・アプリケーション提供の範囲にとどまらず、異業種から多様なMVNO(Mobile Virtual Network Operator/仮想移動通信事業者)が参入し、それぞれのビジネス展開が可能なBWA環境を創出しようというのが現在の総務省の姿勢である。
 図1に見るように、MNOとMVNOがともに市場を活性化することで、サービスの多様化が促進され、現在のサービス別ネットワークからレイヤ別ネットワークへの変換が始まる。

図1 MVNOの参入促進による新規市場の創出
図1 MVNOの参入促進による新規市場の創出
出典:ガートナー ジャパン

 なお、MVNOは単にコンテンツ・アプリケーション領域にとどまらず、プラットフォームレイヤや通信サービスレイヤ、端末レイヤに至るまで、バラエティに富んだプレイヤーが登場することが想定されている。図2ではMVNE(Mobile Virtual Network Enabler)という事業者が登場しているが、これは異業種から参入するMVNOとMNOとの間の交渉やユーザ課金等の代行などの代理人的役割を果たす、MVNOのサポート事業者のことだ。

図2 MVNOの形態
図2 MVNOの形態
出典:総務省「モバイルビジネス研究会」最終報告書

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

BWA/次世代PHSかWiMAXか?遂に来た「BWA」時代」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BWA」関連情報をランダムに表示しています。

BWA」関連の特集


SaaS狂想曲を読み解く連載の2回目。今回は、SaaSに対する巨大ベンダやキャリアの戦略とそれが市場…



昨今話題のWiMAXや次世代PHS(XGP)等の高速モバイル通信。企業における高速モバイル通信の可能…



広域で高速な通信を実現する各社のモバイルデータ通信を総浚い!気になる3.9Gの行方は?次世代通信のロ…


「モバイル通信サービス」関連の製品

法人MVNOサービスの実態を解説。データシェアやM2M対応が主流に 【ニフティ】
モバイル通信サービス
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に

「モバイル通信サービス」関連の特集


携帯を企業の内線電話に使う「モバイルセントレックス」。今回は各社のモバイルセントレックスをまとめつつ…



今から3年後、高さ610mの電波塔「東京スカイツリー」が誕生する。地上450mに設置される空中回廊か…



社外から業務を遂行する機会も増えている昨今、モバイルブロードバンドサービスも進化を続けている。そこで…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BWA/ 次世代PHSかWiMAXか?遂に来た「BWA」時代」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BWA/ 次世代PHSかWiMAXか?遂に来た「BWA」時代」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30002461


IT・IT製品TOP > 通信サービス > モバイル通信サービス > モバイル通信サービスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ