約4割の企業が導入!オープンソース最前線

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

約4割の企業が導入!オープンソース最前線

2008/01/24


 「ソフトウェアコストの削減」という情報システム部門が抱える永遠の課題の解決策の1つとして、最近ではSaaS(Software as a Service)が話題に上ることが多い。しかし、オープンソース・ソフトウェアには、ソフトウェアコストの削減に加えて、「ベンダロックインの回避」というメリットがあり、引き続きソフトウェアの調達手段の1つとして重要な選択肢であることに変わりはない。オープンソースはLinuxや、WebサーバのApacheが有名だが、近年ではWebアプリケーションサーバやデータベースなどのミドルウェアに加えて、開発フレームワークや業務アプリケーションの分野など、あらゆる領域でオープンソースが登場し、活用が進みつつある。今回はオープンソースに対するユーザ企業の利用状況を解説しつつ、今後のさらなる利用拡大に向けたポイントについて解説する。

オープンソース

※「オープンソース/約4割の企業が導入!オープンソース最前線」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「オープンソース/約4割の企業が導入!オープンソース最前線」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

城田 真琴

情報技術本部 技術調査部 主任研究員  城田 真琴(Makoto Shirota)

株式会社 野村総合研究所企業サイトへ
アナリストファイル #020

大手電機メーカーのシステムコンサルティング部門を経て2001年、野村総合研究所に入社。以来、IT 動向の調査と分析を行うITアナリストとして活動。専門は、SaaS、SOA、EA(Enterprise Architecture)、ビジネス・インテリジェンスなど。最新著書「SaaSで激変するソフトウェア・ビジネス」(毎日コミュニケーションズ)が 2007年11月1日に発売。



1

二分されるオープンソース

 「オープンソース・ソフトウェア」と言われて真っ先に思い浮かべるのは何だろうか。一般的にはOSのLinuxやWebサーバのApacheあたりであろうか。社内のシステム管理担当者であれば、ファイルサーバのSambaやメールサーバのSendmailを思い浮かべるかも知れない。もう少し情報システムに詳しい人であれば、データベースソフトのPostgreSQLやMySQL、アプリケーションサーバのTomcatやJBossをイメージするかも知れない。
 しかし、今やオープンソースはこうしたものだけに留まらない。例えば、昨今話題のサーバ仮想化環境を実現するソフトウェアであれば、Xenというオープンソースがある。非常に高い生産性を誇るWebアプリケーション・フレームワークとして注目を集めるRuby On Railsもオープンソースである。
 また、業務アプリケーションの領域では、CRMソフトのSugarCRMやERP/CRMソフトのCompiere、コンテンツ管理ソフトのAlfrescoなどが比較的有名である。変わったところでは、ミクシィのようなSNS(Social Network Service)サイトを構築できるオープンソース(OpenPNE)もある。
 このように現在では、OSからミドルウェア、さらには業務アプリケーションへと企業の情報システムを構成するあらゆる領域でオープンソース・ソフトウェアが登場してきており(図1)、理論上はすべてオープンソースで情報システムを構築することも可能になってきている。

図1 オープンソースの進展
図1 オープンソースの進展

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

オープンソース/約4割の企業が導入!オープンソース最前線」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「オープンソース」関連情報をランダムに表示しています。

オープンソース」関連の製品

改ざん検知・瞬間復旧ソリューション WebARGUS(ウェブアルゴス) 【デジタル・インフォメーション・テクノロジー】 オープンソース企業ポータル『Liferay Portal』 【イージフ】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】
IPS EIP 文書管理
Webサイトを常時監視し、サイバー攻撃・標的型攻撃によって万一改ざんされても、瞬時にそれを検知して1秒未満で元通りに自動修復できるセキュリティ対策ソフト。 ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。

オープンソース」関連の特集


ビジネスシーンでこそ活かされる「スマートフォン」。企業導入時に欠かせない"セキュリティ"や"運用管理…



こんにちは。私が運営しているBOSS-CON JAPANというビジネスOSSの団体の会員であるNEC…



SSLサーバ証明書の価値が変化している。もはや「クレジットカードの入力フォームを備えたWebページで…


オープンソース」関連のセミナー

オープンソースと商用ツール比較!テスト自動化ツールを考える 【主催:アシスト】 締切間近 

開催日 10月24日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

「オープンソースと商用ツール徹底比較!改めてテスト自動化ツールを考える」テスト自動化ツールが利用され始めて20年近く経ちます。その間に開発言語がいくつも生まれ、…

さわってわかる! 人工知能-機械学習講座<初級編> 【グランバレイ】 締切間近 

開催日 10月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 有料 9800円(税込)

規模を問わず、さまざまな企業が人工知能・機械学習のビジネス活用に対し真剣に取り組み始めている今、「ビジネスの視点から人工知能・機械学習の活用方法について具体的に…

Linux-HAによるクラスタおよびバックアップシステム構築 【サードウェア】 締切間近 

開催日 10月25日(水)〜10月27日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 23万2200円(税込)

Linux-HAによるクラスタおよびバックアップシステム構築(有償、3日間コース)DRBD+Corosync+Pacemakerによる最新Linuxクラスタを習…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

オープンソース/ 約4割の企業が導入!オープンソース最前線」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「オープンソース/ 約4割の企業が導入!オープンソース最前線」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30002460


IT・IT製品TOP > 開発 > オープンソース > オープンソースのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ