約4割の企業が導入!オープンソース最前線

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

約4割の企業が導入!オープンソース最前線

2008/01/24


 「ソフトウェアコストの削減」という情報システム部門が抱える永遠の課題の解決策の1つとして、最近ではSaaS(Software as a Service)が話題に上ることが多い。しかし、オープンソース・ソフトウェアには、ソフトウェアコストの削減に加えて、「ベンダロックインの回避」というメリットがあり、引き続きソフトウェアの調達手段の1つとして重要な選択肢であることに変わりはない。オープンソースはLinuxや、WebサーバのApacheが有名だが、近年ではWebアプリケーションサーバやデータベースなどのミドルウェアに加えて、開発フレームワークや業務アプリケーションの分野など、あらゆる領域でオープンソースが登場し、活用が進みつつある。今回はオープンソースに対するユーザ企業の利用状況を解説しつつ、今後のさらなる利用拡大に向けたポイントについて解説する。

オープンソース

※「オープンソース/約4割の企業が導入!オープンソース最前線」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「オープンソース/約4割の企業が導入!オープンソース最前線」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

城田 真琴

情報技術本部 技術調査部 主任研究員  城田 真琴(Makoto Shirota)

株式会社 野村総合研究所企業サイトへ
アナリストファイル #020

大手電機メーカーのシステムコンサルティング部門を経て2001年、野村総合研究所に入社。以来、IT 動向の調査と分析を行うITアナリストとして活動。専門は、SaaS、SOA、EA(Enterprise Architecture)、ビジネス・インテリジェンスなど。最新著書「SaaSで激変するソフトウェア・ビジネス」(毎日コミュニケーションズ)が 2007年11月1日に発売。



1

二分されるオープンソース

 「オープンソース・ソフトウェア」と言われて真っ先に思い浮かべるのは何だろうか。一般的にはOSのLinuxやWebサーバのApacheあたりであろうか。社内のシステム管理担当者であれば、ファイルサーバのSambaやメールサーバのSendmailを思い浮かべるかも知れない。もう少し情報システムに詳しい人であれば、データベースソフトのPostgreSQLやMySQL、アプリケーションサーバのTomcatやJBossをイメージするかも知れない。
 しかし、今やオープンソースはこうしたものだけに留まらない。例えば、昨今話題のサーバ仮想化環境を実現するソフトウェアであれば、Xenというオープンソースがある。非常に高い生産性を誇るWebアプリケーション・フレームワークとして注目を集めるRuby On Railsもオープンソースである。
 また、業務アプリケーションの領域では、CRMソフトのSugarCRMやERP/CRMソフトのCompiere、コンテンツ管理ソフトのAlfrescoなどが比較的有名である。変わったところでは、ミクシィのようなSNS(Social Network Service)サイトを構築できるオープンソース(OpenPNE)もある。
 このように現在では、OSからミドルウェア、さらには業務アプリケーションへと企業の情報システムを構成するあらゆる領域でオープンソース・ソフトウェアが登場してきており(図1)、理論上はすべてオープンソースで情報システムを構築することも可能になってきている。

図1 オープンソースの進展
図1 オープンソースの進展

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

オープンソース/約4割の企業が導入!オープンソース最前線」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「オープンソース」関連情報をランダムに表示しています。

オープンソース」関連の製品

Oracle Cloudの「強み」「違い」をユーザー視点で聞いてみた 【日本オラクル株式会社】 オープンソース・機械学習ツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】 VDIとインターネット分離と標的型攻撃対策の関係 【日立製作所】
IaaS/PaaS ビッグデータ VDI
Oracle Cloudの「強み」「違い」をユーザー視点で聞いてみた ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングの機械学習ツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。 自治体や金融業界などのセキュリティ対策として、重要情報を扱う業務系とそれ以外を分離する“インターネット分離”が注目を集める。本稿では導入の課題と対策を考える。

オープンソース」関連の特集


モモンガプロジェクトというユニークな名前にふさわしく、各メンバーのこだわりが反映されています。謎のプ…



納期もコストも圧縮、なのに品質は担保しろなんて・・・プロマネに愚痴をこぼす前に考えたい、開発効率化に…



国内大手の導入が一巡する中、中堅・中小企業にも広がりを見せているサーバ仮想化。スモールビジネスでもコ…


オープンソース」関連のセミナー

Zabbix 3.0 認定スペシャリストコース 【Zabbix Japan】  

開催日 12月18日(月)〜12月20日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 16万2000円(税込)

システム監視のオープンソース化が加速している今、注目を集めているツール、Zabbixの最新版 Zabbix 3.0の公式研修です。受講によりZabbix社から認…

認証、ID管理の最新動向と、「OpenAM」の紹介 【主催:かもめエンジニアリング/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 12月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【対象者】・情報システム部門の担当者、マネージャー・セキュリティ部門の担当者、マネージャー【普及するIDaaS】企業では、クラウドサービスを、業務システムとして…

さわってわかる! 人工知能-機械学習講座<初級編> in Nagoya 【グランバレイ】  

開催日 12月15日(金)   開催地 愛知県   参加費 有料 1万800円(税込)

規模を問わず、さまざまな企業が人工知能・機械学習のビジネス活用に対し真剣に取り組み始めている今、「ビジネスの視点から人工知能・機械学習の活用方法について具体的に…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

オープンソース/ 約4割の企業が導入!オープンソース最前線」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「オープンソース/ 約4割の企業が導入!オープンソース最前線」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30002460


IT・IT製品TOP > 開発 > オープンソース > オープンソースのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ