約4割の企業が導入!オープンソース最前線

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

約4割の企業が導入!オープンソース最前線

2008/01/24


 「ソフトウェアコストの削減」という情報システム部門が抱える永遠の課題の解決策の1つとして、最近ではSaaS(Software as a Service)が話題に上ることが多い。しかし、オープンソース・ソフトウェアには、ソフトウェアコストの削減に加えて、「ベンダロックインの回避」というメリットがあり、引き続きソフトウェアの調達手段の1つとして重要な選択肢であることに変わりはない。オープンソースはLinuxや、WebサーバのApacheが有名だが、近年ではWebアプリケーションサーバやデータベースなどのミドルウェアに加えて、開発フレームワークや業務アプリケーションの分野など、あらゆる領域でオープンソースが登場し、活用が進みつつある。今回はオープンソースに対するユーザ企業の利用状況を解説しつつ、今後のさらなる利用拡大に向けたポイントについて解説する。

オープンソース

※「オープンソース/約4割の企業が導入!オープンソース最前線」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「オープンソース/約4割の企業が導入!オープンソース最前線」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

城田 真琴

情報技術本部 技術調査部 主任研究員  城田 真琴(Makoto Shirota)

株式会社 野村総合研究所企業サイトへ
アナリストファイル #020

大手電機メーカーのシステムコンサルティング部門を経て2001年、野村総合研究所に入社。以来、IT 動向の調査と分析を行うITアナリストとして活動。専門は、SaaS、SOA、EA(Enterprise Architecture)、ビジネス・インテリジェンスなど。最新著書「SaaSで激変するソフトウェア・ビジネス」(毎日コミュニケーションズ)が 2007年11月1日に発売。



1

二分されるオープンソース

 「オープンソース・ソフトウェア」と言われて真っ先に思い浮かべるのは何だろうか。一般的にはOSのLinuxやWebサーバのApacheあたりであろうか。社内のシステム管理担当者であれば、ファイルサーバのSambaやメールサーバのSendmailを思い浮かべるかも知れない。もう少し情報システムに詳しい人であれば、データベースソフトのPostgreSQLやMySQL、アプリケーションサーバのTomcatやJBossをイメージするかも知れない。
 しかし、今やオープンソースはこうしたものだけに留まらない。例えば、昨今話題のサーバ仮想化環境を実現するソフトウェアであれば、Xenというオープンソースがある。非常に高い生産性を誇るWebアプリケーション・フレームワークとして注目を集めるRuby On Railsもオープンソースである。
 また、業務アプリケーションの領域では、CRMソフトのSugarCRMやERP/CRMソフトのCompiere、コンテンツ管理ソフトのAlfrescoなどが比較的有名である。変わったところでは、ミクシィのようなSNS(Social Network Service)サイトを構築できるオープンソース(OpenPNE)もある。
 このように現在では、OSからミドルウェア、さらには業務アプリケーションへと企業の情報システムを構成するあらゆる領域でオープンソース・ソフトウェアが登場してきており(図1)、理論上はすべてオープンソースで情報システムを構築することも可能になってきている。

図1 オープンソースの進展
図1 オープンソースの進展

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

オープンソース/約4割の企業が導入!オープンソース最前線」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「オープンソース」関連情報をランダムに表示しています。

オープンソース」関連の製品

オープンソース企業ポータル『Liferay Portal』 【イージフ】 データ保全アプライアンス STOREND 【アーク・システムマネジメント】 オープンソース統合ID管理 Unicorn ID Manager 【オープンソース・ソリューション・テクノロジ】
EIP NAS ID管理
ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。 専門知識なしでデータバックアップ/リカバリーが行えるNAS。
ハイエンド製品と同様の機能・容量を備えながら、コストを抑えて提供。
複数システムのID管理情報を一括管理するオープンソースの統合ID管理ソフトウェア。過剰な機能を抑え必要な機能に絞ることで、低価格での提供を実現している。

オープンソース」関連の特集


ビッグデータやAI、IoTといった新技術がシステム運用管理にどのような影響を与えるのか。今後続々と実…



こんにちは。私が運営しているBOSS-CON JAPANというビジネスOSSの団体の会員であるNEC…



企業システムの運用を影で支えるツールとして、今やあらゆる企業で必須の存在となった統合運用管理製品。長…


オープンソース」関連のセミナー

オープンソースの脆弱性にどう対処するべきか 【主催:スタイルズ/オージス総研/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 2月10日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【「ShellShock」や「Heartbleed」など、オープンソースの脆弱性が大きな問題となりました】近年、Bashで発生した脆弱性問題「ShellShoc…

PostgreSQL安心活用セミナー 【富士通】  

開催日 2月28日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

OSSデータベースの採用は年々増加していますが、導入に当たって性能や信頼性、サポート面で不安をお持ちのお客様も多いと思います。本セミナーでは、OSSデータベース…

Zabbix活用セミナー 【エクイニクス・ジャパン】 締切間近 

開催日 1月27日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

当セミナ―は、Zabbixを中心にオープンソースを最大限に活用する秘訣/ソリューションが満載です。Zabbix Japan LCCによるZabbixの最新動向に…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

オープンソース/ 約4割の企業が導入!オープンソース最前線」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「オープンソース/ 約4割の企業が導入!オープンソース最前線」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30002460


IT・IT製品TOP > 開発 > オープンソース > オープンソースのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ