約4割の企業が導入!オープンソース最前線

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

約4割の企業が導入!オープンソース最前線

2008/01/24


 「ソフトウェアコストの削減」という情報システム部門が抱える永遠の課題の解決策の1つとして、最近ではSaaS(Software as a Service)が話題に上ることが多い。しかし、オープンソース・ソフトウェアには、ソフトウェアコストの削減に加えて、「ベンダロックインの回避」というメリットがあり、引き続きソフトウェアの調達手段の1つとして重要な選択肢であることに変わりはない。オープンソースはLinuxや、WebサーバのApacheが有名だが、近年ではWebアプリケーションサーバやデータベースなどのミドルウェアに加えて、開発フレームワークや業務アプリケーションの分野など、あらゆる領域でオープンソースが登場し、活用が進みつつある。今回はオープンソースに対するユーザ企業の利用状況を解説しつつ、今後のさらなる利用拡大に向けたポイントについて解説する。

オープンソース

※「オープンソース/約4割の企業が導入!オープンソース最前線」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「オープンソース/約4割の企業が導入!オープンソース最前線」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

城田 真琴

情報技術本部 技術調査部 主任研究員  城田 真琴(Makoto Shirota)

株式会社 野村総合研究所企業サイトへ
アナリストファイル #020

大手電機メーカーのシステムコンサルティング部門を経て2001年、野村総合研究所に入社。以来、IT 動向の調査と分析を行うITアナリストとして活動。専門は、SaaS、SOA、EA(Enterprise Architecture)、ビジネス・インテリジェンスなど。最新著書「SaaSで激変するソフトウェア・ビジネス」(毎日コミュニケーションズ)が 2007年11月1日に発売。



1

二分されるオープンソース

 「オープンソース・ソフトウェア」と言われて真っ先に思い浮かべるのは何だろうか。一般的にはOSのLinuxやWebサーバのApacheあたりであろうか。社内のシステム管理担当者であれば、ファイルサーバのSambaやメールサーバのSendmailを思い浮かべるかも知れない。もう少し情報システムに詳しい人であれば、データベースソフトのPostgreSQLやMySQL、アプリケーションサーバのTomcatやJBossをイメージするかも知れない。
 しかし、今やオープンソースはこうしたものだけに留まらない。例えば、昨今話題のサーバ仮想化環境を実現するソフトウェアであれば、Xenというオープンソースがある。非常に高い生産性を誇るWebアプリケーション・フレームワークとして注目を集めるRuby On Railsもオープンソースである。
 また、業務アプリケーションの領域では、CRMソフトのSugarCRMやERP/CRMソフトのCompiere、コンテンツ管理ソフトのAlfrescoなどが比較的有名である。変わったところでは、ミクシィのようなSNS(Social Network Service)サイトを構築できるオープンソース(OpenPNE)もある。
 このように現在では、OSからミドルウェア、さらには業務アプリケーションへと企業の情報システムを構成するあらゆる領域でオープンソース・ソフトウェアが登場してきており(図1)、理論上はすべてオープンソースで情報システムを構築することも可能になってきている。

図1 オープンソースの進展
図1 オープンソースの進展

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

オープンソース/約4割の企業が導入!オープンソース最前線」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「オープンソース」関連情報をランダムに表示しています。

オープンソース」関連の製品

まだまだハードルが高いIT運用の自動化――無理なく導入するには? 【イーツ】 情報漏洩対策+資産管理ツール MaLion 5 【インターコム】 オープンソース統合ID管理 Unicorn ID Manager 【オープンソース・ソリューション・テクノロジ】
統合運用管理 IT資産管理 ID管理
まだまだハードルが高いIT運用の自動化――無理なく導入するには? 情報漏洩対策とIT資産管理・SAMを網羅したクライアントPC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した導入・運用支援機能が特長。 複数システムのID管理情報を一括管理するオープンソースの統合ID管理ソフトウェア。過剰な機能を抑え必要な機能に絞ることで、低価格での提供を実現している。

オープンソース」関連の特集


国内大手の導入が一巡する中、中堅・中小企業にも広がりを見せているサーバ仮想化。スモールビジネスでもコ…



早期からHadoopの活用を実践してきたリクルートの石川信行氏、技術的側面や市場動向に詳しいOSCA…



 昨今、世界的に急速に成長を遂げているIoT(Internet of Things)は、人々の暮らし…


オープンソース」関連のセミナー

ビッグデータ活用事例 【主催:オープンソース活用研究所 協力:システナ/ノーチラス・テクノロジーズ/KSKアナリティクス】 注目 

開催日 5月18日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

【ビッグデータの活用は本格的な普及期へ】少し前までは「バズワード」と言われていた「ビッグデータ」。しかし、先進企業でのビッグデータ活用事例とその効果が認知されつ…

Object Browser 20周年 全国横断セミナー 【主催:システムインテグレータ】  

開催日 5月22日(月)   開催地 愛知県   参加費 無料

おかげさまで16,000社・36万ライセンスをご導入いただいたObject Browserは20年を迎えました。感謝の想いをこめて、最新情報を持参し、全国の皆様…

オープンソース統合監視ソフトウェアZabbixのご紹介 【Zabbix Japan】  

開催日 5月15日(月)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

Zabbixでは、Zabbix監視ソリューションに関する無料のwebセミナー(Webinar)を開催しています。 Webinarでは、Zabbix監視ソリューシ…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

オープンソース/ 約4割の企業が導入!オープンソース最前線」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「オープンソース/ 約4割の企業が導入!オープンソース最前線」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30002460


IT・IT製品TOP > 開発 > オープンソース > オープンソースのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ