サグールかググールか、それが問題だ。

この記事をtweetする Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

サグールかググールか、それが問題だ。

2008/03/19


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマ「サグール」は、まったく新しいアルゴリズムを用いたウェブ検索エンジン。リンク数や被リンク数でページの優先順位をつけるのではなく、独自の方法で「オモロさ」を基準に検索する純国産サーチエンジンです!

サグール

※「サグール/サグールかググールか、それが問題だ。」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「サグール/サグールかググールか、それが問題だ。」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

サグールとは?

1-1

純国産のユニークな検索エンジン

 サグール(http://sagool.jp/)とはチームラボ株式会社が、関連会社であるチームラボビジネスディベロップメント株式会社と共同で開発した純国産検索エンジンである(図1)。その特徴は、従来の検索エンジンではウェブサイトへのリンク数などを重視して検索結果を表示し、客観的にみて「有効な」情報の提供を目指しているのに対し、サグールは「人の主観や興味を反映した検索結果」を表示する点にある。そして、任意のウェブページの文字をなぞる(ドラッグして選択する)だけで、そのキーワードをサグールで検索し、結果を表示できる「ドコデモサグール」というブラウザプラグインも提供している。

 サグールは、独自のアルゴリズム「オモロジック」(後述)に基づき、人々が興味や驚きの意見を示したウェブページを抽出し、検索結果を表示する。アルゴリズムの詳細は公開されていないが、チームラボが持つ確率統計に基づく情報処理技術を用いて「おもしろい」「美味しい」「楽しい」といったポジティブな評価が高いサイトを検索結果の上位に表示する。
 このアルゴリズムは、経済産業省の2007年度 情報大航海プロジェクトの一環であるサグールテレビ(http://sagool.tv)にも使用されている。サグールテレビでは、世界中の60以上の動画共有サイトから動画を検索し、視聴することができ、検索結果は「オモロジック」により「オモロい」順(主観的な興味が強く注がれている動画順)に表示されるという。

図1 サグールのトップページ
図1 サグールのトップページ

+拡大

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2014/12/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 リコー 360°全天球を丸撮り「RICOH THETA」  
●A賞:抽選で1名様
 パナソニック 頑丈(タフ)タブレット「TOUGHPAD FZ-E1」  
●C賞:抽選で1名様
 コクヨS&T デジタルノート「CamiApp S」  
●D賞:抽選で1名様
 シャープ お茶メーカー「ヘルシオ お茶プレッソ」  
●E賞:抽選で2名様
 リンベル 選べる体験ギフト「美食のダイニング」  

このページの先頭へ
関連キーワード

サグール/サグールかググールか、それが問題だ。」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サグール」関連情報をランダムに表示しています。

「データ検索ソフト」関連の製品

ビッグデータ自動仕分けエンジン 「JetForce」 【Jetrunテクノロジ】 Accela BizSearch R4 ドリルダウンポータル フォルダ活用パック 【アクセラテクノロジ】 全文検索システム/エンタープライズサーチ QuickSolution 【住友電工情報システム】
データ検索ソフト データ検索ソフト データ検索ソフト
社内サーバ内のビッグデータを高速で検索・仕分けすることができるビッグデータ自動仕分けエンジン。報告書の中から時系列で「ヒヤリハット」事例の仕分け、整理ができる。 クリックのみのキーワードレスで誰もが欲しい情報へ容易に到達できるエンタープライズサーチ。企業内に蓄積されたノウハウや知識となる有益な情報の活用を促進。 6TBのファイルサーバを1台のサーバでリアルタイム検索できる全文検索システム。NotesやRDBに対応。サムネイル/ビューワ、タグ付け、Know-Whoで情報活用。

「データ検索ソフト」関連の特集


2007年度は市場規模が対前年比32.4%増の49億円に達し、2008年度も高成長を維持する企業内検…



文書が文書を探してきてくれる、とっても便利な連想検索。1000万件の文書データベースでもサクサク探せ…



「言った」「言わない」の押し問答に3秒で決着をつけられる!?録音された音声をGoogleのように一瞬…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

サグール/ サグールかググールか、それが問題だ。」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「サグール/ サグールかググールか、それが問題だ。」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30002450


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > データ検索ソフト > データ検索ソフトのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ