第3回 IPヘッダの解読法とパケット分割

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT担当者の必須知識が身につく 初級ネットワーク講座

第3回 IPヘッダの解読法とパケット分割

2008/01/15


 前号では、「パケットはどのような構造になっているか」「受信側は、どのようにパケットを解析しているのか」を解説し、実際にキャプチャしたパケットを詳しく解析した。今号では、TCP/IP通信の中核部分であるIPというプロトコルがどんなものかを調べてみよう。ネットワークプロトコルを極めるには、まずはそれぞれのパケットを分析してみることが一番。次第に、その意味や必然性が見えてくる。今回は、親切な働き者の駅員さん、「るー太くん」が登場する。

IPヘッダ

※「IPヘッダ/第3回 IPヘッダの解読法とパケット分割」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「IPヘッダ/第3回 IPヘッダの解読法とパケット分割」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

IPヘッダの内容を解読する!

1-1

IPヘッダのフォーマット構成

 まずは、前号(第2回)のおさらいとして、同じ<<パケット4>>を見てみよう。図1がパケットのダンプ、図2がダンプコードの全体構造である。

図1 <<パケット4>>のダンプ
図1 <<パケット4>>のダンプ
図2  <<パケット4>>のダンプコードの全体構造
図2  <<パケット4>>のダンプコードの全体構造

 今回は、このうちIPヘッダの部分を詳しく見ていく。 IPヘッダは、4500003026D6400080065886C0A8018FD2E1E652という数字の羅列で、まるで呪文か暗号のように見えるが、前回と同様にその意味をたどっていくと、ここにも驚くべき情報が秘められているのだ。
 ヘッダを見ればそのプロトコルの機能がわかる。IPを理解するには、IPヘッダの各フィールドの意味を知ることが一番だ。

コラム:IPとインターネット

 ITの世界では、TCP/IPという言葉を頻繁に耳にすることだろう。このIPとはいったい何の略かというと、Internet Protocolの略である。
 Web閲覧やメールのやり取りをするお馴染みの「インターネット」は、英語で書けばもちろん「Internet」である。では、プロトコルの「Internet」と、Web閲覧やメールのやり取りをする「インターネット」、どちらが先にこの名称で呼ばれるようになったのか?それは、プロトコルの「Internet」が先である。つまり、「インターネット」が「Internet Protocol」というプロトコルを使用するので、自然に「インターネット」と呼ぶようになったわけだ。
 「Internet Protocol」というプロトコルを使用するネットワークは、他にも通信事業者が提供する「IP-VPN」など多数ある。


図3  IPヘッダフォーマット
図3  IPヘッダフォーマット
1マスが1ビット、16進数の1ケタは4ビットなので4マスになる。

 IPヘッダは、図3のようなフォーマットで構成されている。これにしたがって、<<パケット4>>のIPヘッダを各フィールドに分解すると次の図4のようになる。

図4 <<パケット4>>のIPヘッダの内容
図4 <<パケット4>>のIPヘッダの内容
※Options、Paddingは通常付加されない。

 それでは、各フィールドについて説明しよう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

IPヘッダ/第3回 IPヘッダの解読法とパケット分割」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IPヘッダ」関連情報をランダムに表示しています。

IPヘッダ」関連の特集


広域イーサや検疫ネットでも使われるVLAN。代表的な4つの方式を特長交えて徹底解説!便利なVLAN、…



情報システム部門が常駐できない拠点オフィス向けのルータに必要な要件は?管理の手軽さ?堅牢性?従来重要…



ネットワークが遅い、早い、重い、軽い…なぜそう感じるのか、説明できますか?ネットワーク遅延の理由と改…


「その他ネットワーク関連」関連の製品

DHCPアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
その他ネットワーク関連
Made in JAPANの省電力DHCPアプライアンスサーバ。シリーズ全製品、異拠点間での冗長構成が可能。IPv6対応、設定やセキュリティ機能も充実。DNSサーバ機能搭載

「その他ネットワーク関連」関連の特集


IPv6への移行フェーズに有効な「IPv4/IPv6トランスレータ」を特集!IPv4の枯渇化とは何か…



2年半にわたって続いてきた本講座も最終回。長足の進歩を遂げたネットワークは、今後いったいどうなってい…



 インターネットに接続されるデバイス、いわゆるIoT(モノのインターネット)は、ここ10年で飛躍的に…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IPヘッダ/ 第3回 IPヘッダの解読法とパケット分割」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IPヘッダ/ 第3回 IPヘッダの解読法とパケット分割」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30002442


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ