ストレージ統合!「SAN」選びのポイント!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

ストレージ統合!「SAN」選びのポイント!

2008/03/24


 最近のエントリクラスのネットワークストレージ製品は、FC-SAN、iSCSI、NASの製品ラインナップが混在し始めていて、FC-SAN/iSCSI対応製品だったり、iSCSI/NAS対応製品だったりすることから、必ずしもFCかIPネットワークか、あるいはSANかNASかを決めつけて製品選びをしなくても済むケースが出てきている。従って、ビジネス要件に合わせた製品選びが容易になっている。今回はSANにおけるストレージとスイッチの具体的な選択ポイントを4つの視点で紹介する。また、IT製品解体新書では、SANの基本機能や新しい規格などの最新動向を解説しているので、ぜひそちらも参考にしていただきたい。

SAN

※「SAN/ストレージ統合!「SAN」選びのポイント!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「SAN/ストレージ統合!「SAN」選びのポイント!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

SANの基礎解説へ


1

SAN製品の選び方

■製品選択の4つの視点

 FC-SAN/iSCSI対応製品やiSCSI/NAS対応製品が次々と登場しているが、やはりFC-SAN、iSCSI、NASの導入メリットの違いはしっかり認識しておかなければならない。

表1 FC-SAN/iSCSI/NASの導入メリットの違い
表1 FC-SAN/iSCSI/NASの導入メリットの違い

 こうした各ソリューションの利点を理解した上で、次の4つの視点で検討を重ねていくとよい。

1:

SANトポロジの考察

2:

SANスイッチの評価

3:

ネットワークストレージの評価

4:

相互接続性の確認

要件1

SANトポロジの考察

 SANのトポロジにはサーバとストレージを1対1でつなぐPoint to Point型、ハブを使って126ノードまでループ状に接続できるFC-AL(Arbitrated Loop)型、SANスイッチを介して1678万ノード(24ビット空間)まで接続できるファブリック型がある。ファブリック型での最小規模のSANは、1台のSANスイッチで構成されるシングルスイッチトポロジだ。この場合は使用するサーバやストレージの台数に合わせてSANスイッチの搭載ポート数を決定していくことになる。可用性の高いSANが必要な場合には、2つの独立したシングルスイッチをデュアル構成にして使用すればよい。この設計ではスイッチ同士を接続することがないので、設置や設定が非常に簡単になる。
 一方、2台以上のスイッチが装備されるファブリックには、カスケード型、リング型、フルメッシュ型、Core/Edge型などがある(図1)。カスケード型では、一連のスイッチが1つまたは複数のISL(Inter-Switch Link:スイッチ間リンク)によって相互接続されている。カスケード型を採用するときはトラフィックのパターンをよく理解して、性能要件を満たす適切な数のISLが確保されるように設計する必要がある。また、メッシュ型ファブリックは、すべてのスイッチがファブリック内の任意のスイッチと他のスイッチの間に少なくとも2つのパスまたは経路があるように相互接続されている。この場合、ISLに障害が発生した場合、ファブリックはデータを自動的に別のパスに再ルーティングできる。
 Core/Edge型は非常に高い拡張性をもったトポロジで、Coreスイッチのポートをスイッチ拡張用に確保できる。従って、スイッチ増設時の既存配線のつなぎ替えは不要で、大規模SANの構築が可能だ。また、どのサーバとどのストレージ間も論理的に同じ経路を辿ることから、パフォーマンスをチェックしやすいというメリットもある。

図1 ファブリック型のSANトポロジ
図1 ファブリック型のSANトポロジ
トポロジとは1つのファブリック内でのスイッチの接続方法のこと。
資料提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ

 こうしたトポロジの中から自社ニーズに合ったものを選択することで、導入すべきSANの全体像を把握する必要がある。たとえば、シングルスイッチのマルチファブリック型はトラブルシューティングが容易だが、柔軟性と拡張性は低いことから、拡張や変更の少ない環境に向いている。一方、Core-Edge型は大規模で拡張や変更の多い環境で一番多く用いられているトポロジだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SAN/ストレージ統合!「SAN」選びのポイント!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SAN」関連情報をランダムに表示しています。

SAN」関連の製品

LOHACOが活用するLINE上のAIチャットボット、応対の成否を左右する要素とは 【KDDIエボルバ】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 エフセキュア プロテクション サービス ビジネス(PSB) 【ソフトバンク コマース&サービス】
コールセンター/CTI BI アンチウイルス
AI(人工知能)による顧客応対と聞くと実用性を疑う方もいるかもしれないが、既に通販サイトなどの身近な場所で活躍中だ。しかも、導入メリットは意外なほど大きいという。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
Windows PC、Mac、スマートフォンなど、幅広いデバイスおよびサーバプラットフォームのセキュリティを保護可能な多機能セキュリティソリューション。サンドボックス搭載。

SAN」関連の特集


キーマンズネットで掲載した人気記事を、テーマ別に再編集して1冊のPDFにまとめました。



複雑化したレガシーソフトのコンポーネント判別やプログラムとデータ間の依存関係を可視化できる「ソフトウ…



 「パーソナルブランド」を構築することのメリットにも触れておきます。ちょっと「ブランド」と呼ばれるよ…


SAN」関連のセミナー

【SER-2】Ranorexハンズオンセミナー 【テクマトリックス】  

開催日 5月16日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

サンプルWebアプリケーションのテストを中心に、Ranorexによる機能テストの方法をハンズオン形式で学びます。セミナーを通して、Ranorexの基本機能と操作…

WebFOCUSハンズオンセミナー 【アシスト】  

開催日 4月20日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

見て体験してこそ分かる『WebFOCUS』を使用した情報活用成功術みなさんで情報活用できていますか?たとえば、社員に情報活用してもらいたいけれど・・・ ▼ユーザ…

【SER-2】Ranorexハンズオンセミナー 【テクマトリックス】  

開催日 4月24日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

サンプルWebアプリケーションのテストを中心に、Ranorexによる機能テストの方法をハンズオン形式で学びます。セミナーを通して、Ranorexの基本機能と操作…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SAN/ ストレージ統合!「SAN」選びのポイント!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SAN/ ストレージ統合!「SAN」選びのポイント!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002439


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ