SMBに手厚い御持て成し!「SAN」に願いを!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

SMBに手厚い御持て成し!「SAN」に願いを!

2008/03/24


 これまでSANは大規模システムを中心に導入が進んでおり、SMB(中堅・中小企業)市場では「SAN全般の知識・情報が不足している」「SANを導入しても費用対効果に見合うかどうかわからない」などの理由であまり導入が進んでいなかった。しかし最近では、SMBをターゲットにした安価で信頼できるSAN製品が充実化しつつある。そこで今回の解体新書では、SMBに向けたSAN製品を取り上げる。まず、SANの基本機能について解説した後、IP-SANや新しい規格などの最新動向を紹介する。また、選び方ガイドではSANを構築するときに必要な製品選びのポイントを紹介しているので、ご参照いただきたい。

SAN

※「SAN/SMBに手厚い御持て成し!「SAN」に願いを!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「SAN/SMBに手厚い御持て成し!「SAN」に願いを!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

SANの選び方ガイドへ


1

SANを解体しよう!

1-1

SANとは

 SAN(Storage Area Network)とは、データストレージ専用のネットワークのことで、サーバにストレージ用のネットワーク環境を提供する仕組みのことを指す。SANを導入すると、ストレージ装置はサーバから独立することになり、複数のサーバのデータを集中管理することが可能になる。
 SANには「ファイバチャネル」と呼ばれるシリアルSCSIで接続する「FC-SAN」と、SCSIの命令体系をIPにマッピングした「iSCSI」(Internet SCSI)やファイバチャネルをベースにIPネットワークを利用する「FCIP」(Fiber Channel over IP)などを使って接続する「IP-SAN」がある。単にSANといった場合はFC-SANを指し、IP-SANといった場合はiSCSIを指す場合が多い。

■FC-SAN

 図1にFC-SANの基本構成を紹介する。FC-SANを構築する場合には、サーバにファイバチャネル接続のためのHBA(ホストバスアダプタ)を取り付ける必要がある。HBAはイーサネットのNICに相当する働きをするもので、イーサネットのMACアドレスに相当するユニークなWWN(World Wide Name)が付与されていて、SANのデータをホストバスに渡す機能が実装されている。
 また、複数のサーバと複数のSANストレージを相互接続させるには、SANスイッチやダイレクタが必要になる。ファイバチャネルのトポロジ(接続方式)はサーバとストレージを1対1でつなぐPoint to Point型も利用可能だが、サーバとストレージ間の中継装置としてSANスイッチを導入することにより、接続できる装置数を容易に増やすことが可能になる。

図1 FC-SANの基本構成
図1 FC-SANの基本構成
ボックス型はSANスイッチ、シャーシ型はダイレクタと呼ばれている。
資料提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ

 このほか、FC-SANを構築するには、銅線または光ファイバのFCケーブルが必要になる。図1のGBIC(GigaBit ethernet Interface Connector)、SFP(Small Form Factor Pluggable)、XFP(10 Gigabit Small Form Factor Pluggable)は、いずれも電気信号と光信号を相互に変換するためのモジュールで、ホットスワップ可能な入出力デバイスとして、ポートのケーブル接続を可能にする電子部品のことだ。

■IP-SAN

 一方、IP-SAN(iSCSI)の場合には、ファイバチャネルを使わずにギガビットイーサネット環境をそのまま利用することができるので、通常のLAN環境(NICやLANスイッチ)にiSCSIストレージをそのまま導入できる。参考までに、iSCSIとNASを同時に実現したシステム構成例を図2に紹介しよう。この製品ではiSCSIによる共有ストレージ機能と、NASによるファイル共有機能を同時に提供することができる。

図2 IP-SANとNASによるストレージ構成
図2 IP-SANとNASによるストレージ構成
SANとアプリケーションサーバとの接続には、プライベートのギガビットイーサネットを使う。
資料提供:日本ヒューレット・パッカード

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SAN/SMBに手厚い御持て成し!「SAN」に願いを!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SAN」関連情報をランダムに表示しています。

SAN」関連の製品

誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 検知とバックアップを一体化、進化するランサムウェアの先を行く対策とは? 【JSecurity】 標的型メール訓練サービス 【日立ソリューションズ】
BI アンチウイルス メールセキュリティ
分析スキル「ゼロ」でも使えるBIツールを本当にスキル「ゼロ」の彼が使ってみた 検知とバックアップを一体化、進化するランサムウェアの先を行く対策とは? 単に社員ごとの開封/未開封が確認できるだけでなく、業務にあわせたメール文面のカスタマイズや、開封してしまった後の教育までサポートする標的型メール訓練サービス。

SAN」関連の特集


オンプレミスでMicrosoft Exchangeサーバを利用していた企業・組織が、その環境を、Of…



ただでさえ業務メールが多いのに、見ず知らずの人から宣伝目的で送られてくる数々のスパムメール。これらに…



こんにちは。私が運営しているBOSS-CON JAPANというビジネスOSSの団体の会員であるNEC…


SAN」関連のセミナー

企業のITインフラ担当者が知るべき 働き方改革裏事情 【ネットワールド】 注目 

開催日 3月6日(火)   開催地 福岡県   参加費 無料

★本セミナーの見どころ★・ ≪掛け合いセッション!≫ 働き方改革ツール Office365 を丸裸に!?・ ≪Arcserve の最新製品!≫メールアーカイブは…

「ユーザエクスペリエンス」と「セキュリティ」を両立するために 【NRIセキュアテクノロジーズ】 注目 

開催日 2月20日(火),3月15日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

消費者向けのインターネットサービスは、ネットバンキング、ECサイトにとどまらず、先進のデジタル技術による新たな“顧客体験(ユーザーエクスペリエンス)”は、日々進…

企業のITインフラ担当者が知るべき 働き方改革裏事情 【ネットワールド】 注目 

開催日 3月13日(火)   開催地 愛知県   参加費 無料

★本セミナーの見どころ★・ ≪掛け合いセッション!≫ 働き方改革ツール Office365 を丸裸に!?・ ≪Arcserve の最新製品!≫メールアーカイブは…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SAN/ SMBに手厚い御持て成し!「SAN」に願いを!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SAN/ SMBに手厚い御持て成し!「SAN」に願いを!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002438


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ