○×だけの機能比較に終止符!CMS最良の解

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

○×だけの機能比較に終止符!CMS最良の解

2008/03/03


 3年ほど前から注目され、パッケージ製品の他にもASPやオープンソースなど様々な形で提供されているWeb CMS。一口にWeb CMSといっても、サイトの目的や提供する情報形態、サイトの規模などによって、自ずと製品選定のポイントも変ってくる。ここでは、Web CMSの中から、自社に最適なパッケージとなるものはどれなのか、製品選択のポイントを紹介していく。また、IT製品解体新書ではWeb CMSのシステム構成や基本機能などについて解説しているので併せてご参照いただきたい。

Web CMS

※「Web CMS/○×だけの機能比較に終止符!CMS最良の解」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「Web CMS/○×だけの機能比較に終止符!CMS最良の解」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

Web CMSの基礎解説へ


1

Web CMS:導入にあたっての検討項目

Point1

Web CMSの導入で実現したいサイト像を明確にしておく

■将来にわたるサイトの規模を想定しておく

 はじめに将来にわたるロードマップを作り、サイトの完成形までをイメージしたサイト規模を想定しておくことが重要だ。例えばコーポレートサイトであれば、まずは自社の基本的な企業情報の提供を、次にリクルーティング情報を、続いてIR情報を、という具合だ。そうすることで、立ち上げ時は100ページぐらいだが、将来的には1000ページを超えるボリュームになるだろうというサイト像が見えてくる。そこから、現段階ではこのフェーズにあるので、必要な機能はこういうもの、という落とし込みが可能になってくる。
 またサイトの規模と併せて考える必要があるのが、サイトの運用管理を担当する運用担当者の人数だ。運用管理は多くの場合、情報システム部門が担当することになると思うが、サイト規模に合わせて専任者を貼り付けるのか、あるいは複数の人間が兼務で対応するのか、将来の対応はどうするのか、こうした視点から見れば、管理者側の製品の使い勝手という部分も製品選定では非常に重要なポイントとなる。

■社内での役割分担を明確にしておく

 今回の取材で、ユーザ企業の実情としてサイトの管理主体者が曖昧な場合が多いという話が聞かれた。例えばコーポレートサイトの場合には、企業価値やブランドに直結する要素が多分にあり、何か問題が発生した際にはその影響範囲も当然広い。そのためサイト全体を俯瞰して、非常に細やかなサイト管理を行なう必要がある。単純に一部署が担当するのではなく、社長直属の組織できちんと全社的に管理するという形が求められるだろう。実際の運用は情報システム部門に任せるとしても、サイト上の情報管理はユーザ部門が役割を明確にして行なう必要がある。
 またWeb CMSを導入するということは、コンテンツの承認フローが発生するということだ。つまり部署内に“新しいワークフローが導入される”ということになる。従来からそうした仕組みを持っていれば特に問題はないが、Web CMS導入と同時に新しい業務が発生するという場合には、各担当者の業務に組み込むことが可能かどうかを計り、各人の情報リテラシーも正確に把握した上で、きちんと運用が回る体制作りをすることが重要だ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

Web CMS/○×だけの機能比較に終止符!CMS最良の解」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Web CMS」関連情報をランダムに表示しています。

Web CMS」関連の製品

サイト構築の工数・コストの課題を解消――多機能CMSでデータ連携も手軽に実現 【メガ・トレード】 メール配信システム MailPublisher Smart Edition 【エクスペリアンジャパン】 オープンソース企業ポータル『Liferay Portal』 【イージフ】
CMS その他メール関連 EIP
サイト構築の工数・コストの課題を解消――多機能CMSでデータ連携も手軽に実現 多機能・高性能ながらもシンプルな操作性。APIによる柔軟な連携も可能。ECサイトをはじめ累計5300超の導入実績、月間配信実績51億通の国内トップシェア※のメール配信ASP。 ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。

Web CMS」関連の特集


Webサイト構築においては、以前からASP型の利用やCMS(コンテンツ管理システム)を導入するケース…



お客様の声を積極的に営業活動に活かすには?いろんなツールをどう使 い分けるのか?コンサルに相談する前…



PCや携帯電話の主要3キャリア、さらにはiPhoneにも対応した企業サイトを無料で作れるMashup…


Web CMS」関連のセミナー

「急増する、Webサイト改ざん」緊急対策セキュリティセミナー 【セキュアスカイ・テクノロジー】 締切間近 

開催日 2月28日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

急増するWebサイト改ざん被害の拡大防止のため緊急セミナーを開催いたします。Webサイト改ざんの原因となるWebアプリケーションの脆弱性を狙った攻撃動向と今すぐ…

【CMSセミナー】2017年サイトリニューアルの課題と対策 【ミツエーリンクス/フレームワークスソフトウェア】 締切間近 

開催日 3月3日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

企業サイトリニューアルをお考えのご担当者の中には、リニューアルプロジェクトを任されたが、実際どこからどう着手すればよいかわからない、とお悩みの方も多いのではない…

第2回 BtoB企業の戦略的Webサイト活用セミナーin 名古屋 【日立システムズ】  

開催日 3月10日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

名古屋開催第二弾!今回は、「Web解析」に焦点を当てて開催します。大手企業を含め300社以上のWeb戦略を支援し、多くの企業さまの業績を大幅改善に導いた実績のあ…

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Web CMS/ ○×だけの機能比較に終止符!CMS最良の解」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Web CMS/ ○×だけの機能比較に終止符!CMS最良の解」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002433


IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ