モバイルPC大解剖!細かい内部構造を知る!

IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > モバイルPC大解剖!細かい内部構造を知る!
この記事をtweetする Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

モバイルPC大解剖!細かい内部構造を知る!

2008/02/12


 様々なシーンで活躍するモバイルPC。オフィスのPC環境をそのまま社外に持ち出して利用できるメリットがあり、企業の生産性向上に大きく貢献している。ユーザニーズの高まりと共に製品に搭載されるスペックも高性能化が進み、MacBook AirやEee PCの登場で市場の動きはますます活発化している。またユーザ視点から見れば、Windows Vista搭載モデルの普及具合や、製品のCentrino Proへの対応状況も気になるところだ。今回の特集では、セキュリティチップを搭載したB5ノートに注目し、基本的な構成要素と最新動向の説明に加えて、モバイルPCを導入する際の企業スタンスについても改めて考えてみたい。またIT製品選び方ガイドでは、モバイルPCの導入を検討する際に使用できるスペック比較表を掲載ので製品選定時の留意点と併せて、是非ご参照、ご活用いただきたい。

モバイルPC

※「モバイルPC/モバイルPC大解剖!細かい内部構造を知る!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「モバイルPC/モバイルPC大解剖!細かい内部構造を知る!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

モバイルPCの選び方ガイドへ


1

モバイルPCを解体しよう!

1-1

モバイルPCとは

 始めにモバイルPCの内部構造を見ておこう。基本的な構成要素は以下の通りである。

図1 モバイルPCの解体図(例)
図1 モバイルPCの解体図(例)
資料提供:東芝
■CPU

 各構成要素の制御や演算処理を行う装置で、いわばPCの心臓部に相当する。キーボード入力やHDDなどの記憶装置からデータを受け取り、メモリに記憶されたプログラムを実行して、演算処理後に記憶装置などに出力する。モバイルPCに搭載されるCPUとしては、インテルの「Core Solo」や「Core 2 Duo」などがあるが、特に後者は、1つのチップに独立した2つのCPUを搭載した“デュアルコアプロセッサ”で、当然シングルコアのCPUよりも高速な演算処理が可能となる。

■メモリ

 データやプログラムを記憶する装置で、CPUがデータ処理を行う際の作業領域と考えることができる。PCの性能を左右する重要な構成要素で、具体的にはCPUが直接データを読み書きするRAM/ROMといった記憶装置を指す。特にRAMを採用した場合はメインメモリと呼ばれる。

■チップセット

 CPU〜メモリ間などのデータのやり取りを管理する集積回路の集まりを指す。このチップセットの違いによって、PCに搭載可能な各構成要素の仕様が決定され、ひいてはCPUの動作周波数やCPUがメモリにアクセスする速度も変わってくることになる。

■セキュリティチップ/認証デバイス

 TPM(Trusted Platform Module)と呼ばれるセキュリティチップ(図2)は、PCのセキュリティを強化するための集積回路で、HDDから物理的に切り離して暗号鍵を保存するための専用チップである。TPMに暗号鍵を保存することで、PCの紛失・盗難時にも、HDD内の暗号化ファイルの復号化をほぼ不可能にすることができる。またTPMが搭載されたPCでは、BIOSのパスワードを記憶する機能も持っているため、TPM自身が交換されたり取り外された場合、OSが起動できなくなっている。
 TPMは、セキュリティの標準化を推進するTCG(Trusted Computing Group)が策定した仕様に準拠しているため信頼性が高い。
 認証デバイス(図3)とは、モバイルPCのユーザを認証するための装置で、一般的な個人認証方法であるパスワードの入力に加えて、指紋や非接触ICカードのFeliCaカードと連携して個人認証を実現する製品もある。

図2 セキュリティチップ
図2 セキュリティチップ
資料提供:デル
図3 指紋認証デバイス
図3 指紋認証デバイス
資料提供:デル

■記憶装置

 一般的な記憶装置としてはHDDだが、最近ではSSD(Solid State Drive)と呼ばれるフラッシュメモリを用いたドライブを搭載する製品が登場してきている。SSDはHDDのような回転体のディスクを持たないため、耐障害性が高い。またHDDに比べてデータの読み書きが非常に速く、消費電力も少なくて済むというメリットがある。SSDは32GB、64GBといった容量のものに加え、最近では128GBのものも出始めている。ただし、現状のSSD搭載モデルはHDD搭載モデルに比べて1.5倍程度の価格になるため、導入判断はユーザ企業が費用対効果をどのように考えるのかによる。

■記憶補助装置

 CDやDVDといった記憶媒体を利用するための装置で、現在ユーザ企業が採用している主なモデルとしては、[CDの読み書き+DVDの読み込み]が可能なタイプのようだ。最近では、マルチメディアカードやメモリスティック、SDカードなど、合計5種類のメモリカードに対応した5in1メディアスロットを標準で搭載した製品も登場している。

図4 7mm厚のDVDスーパーマルチドライブ
図4 7mm厚のDVDスーパーマルチドライブ
資料提供:東芝
■キーボード

 モバイル環境での用途が想定されているモバイルPCでは、防水加工されたキーボードは当たり前といえる。また、キーボード入力を補完するものとしては、マウス以外にもタッチパッドやポインティングスティックがある。さらに入力デバイスのバリエーションという点からは、ペンや指を液晶画面にタッチすることで入力できるタブレット型のモバイルPCも登場してきている。

図5 キーボードのウォーターブロック構造
図5 キーボードのウォーターブロック構造
資料提供:東芝
図6 ペンや指先で入力可能なB5タブレットPC
図6 ペンや指先で入力可能なB5タブレットPC
資料提供:デル

■I/Oポート

 外部装置の機能とPC本体を繋ぐものとして、USBポート、PCカードスロットなどがある。一般的なモバイルPCに搭載されているUSBポートは2つで、そのうち1つにはマウスを、残りの1つにはUSBメモリを装着してデータの出し入れをする使い方が主流だろう。そのため、出先でのインターネット利用では、PCカードスロットに無線LAN接続用のカードを挿すか、内蔵モデムによるネット接続が一般的だ。

■ディスプレイ/筐体

 今回の特集ではB5サイズを中心としているが、もともと12.1インチのものが主流だったが、最近では13.3インチモニタを持つものもB5ノートに含まれるようになっている。また解像度は、WXGAを採用するケースが多いようだ。モバイルPCで採用されるケースが高い解像度については表1を参考にしていただきたい。
 いろんな場所に持ち運んで利用されるモバイルPCの筐体には、何と言っても耐久性や堅牢性が要求される。最近では、筐体を構成する基本構造部分にマグネシウム合金を採用する製品が出てきており、堅牢性を高めると同時に軽量化も実現されている。

表1 モバイルPCで採用されるケースが高い解像度
表1 モバイルPCで採用されるケースが高い解像度
図7 液晶ワイドディスプレイ
図7 液晶ワイドディスプレイ
屋外での視認性が高い半透過型液晶
資料提供:東芝
図8 マグネシウム合金フレーム
図8 マグネシウム合金フレーム
資料提供:デル

■バッテリ

 電源の確保が難しいモバイル環境での利用を考えた場合、バッテリの駆動時間はユーザにとって業務効率を維持するためにも重要なチェックポイントとなる。最近では、12時間を超える長時間の利用を可能にした製品も出てきている。また、見落としがちなのがバッテリの充電時間だが、この点についても、1時間で約80%の高速充電が可能な製品が登場している。外出前の短時間でほぼフル充電ができるというメリットも、生産性向上に大きく貢献する要素だ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

モバイルPC/モバイルPC大解剖!細かい内部構造を知る!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「モバイルPC」関連情報をランダムに表示しています。

モバイルPC」関連の製品

LIFEBOOK U904/H 【富士通】 ARROWS Tab Q584/H 【富士通】 Android(TM) 搭載クラウドコミュニケーター LifeTouch B シリーズ 【NEC】
ノートパソコン タブレット タブレット
14型ワイド「IGZO」ディスプレイの採用により、画像も文字もくっきり表示できる超高精細Ultrabook。省エネも同時に実現し、連続11.8時間駆動も可能。 全情報をリアルに映し出す高精細ディスプレイとファイル/アプリに依存しない高精細ペン&ワンタッチキャプチャで紙並みの使いやすさを実現した高精細防水タブレット。 様々なビジネスシーンで使えるコンパクトサイズのAndroid(TM) タブレット。NEC独自のセキュリティ機能を搭載。製造・建設現場など向けに防水・防塵対応のモデルもあり。

モバイルPC」関連の特集


通信品質やセキュリティへの不安の声が多く聞かれる無線LAN。最新事情や構築ポイントをしっかり押さえ、…



コンパクトで高性能なデバイス「モバイルPC」。2011年春のトレンドは? スマートフォンやタブレット…



XPからのリプレース/大規模導入にはまだ至らないWindows Vista。その理由と移行のタイミン…


「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

モバイルPC/ モバイルPC大解剖!細かい内部構造を知る!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「モバイルPC/ モバイルPC大解剖!細かい内部構造を知る!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002426


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > モバイルPC大解剖!細かい内部構造を知る!

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ