この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

イマドキ“ERP”の注目機能を探れ!

2008/02/04


 大企業を中心に導入されてきたERPパッケージだが、法準拠による基幹系の刷新やスピーディかつ戦略的な経営が求められている昨今、中堅・中小企業でも導入が期待されている。そこで、各ベンダでは中堅企業向けの製品をラインナップしたり、導入支援パッケージを展開したりしており、ERPは再び脚光を浴び始めている。今回は、これらERPにおける最新事情に触れながら、ERPの基本を詳しく解説していく。また、選び方ガイドでは、機能では差の出にくいERPパッケージの選び方をわかりやすく紹介する。

ERP

※「ERP/イマドキ“ERP”の注目機能を探れ!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ERP/イマドキ“ERP”の注目機能を探れ!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

ERPの選び方ガイドへ
ERPシェア情報へ


1

ERPを解体しよう!

 1995年ごろから、大企業を中心に導入が進んだERPパッケージ。いまやERPパッケージ導入の主戦場は、中堅・中小企業へと移りつつある。これまで中堅・中小企業の情報システムは、独自で開発した手作りシステムや個別の業務管理パッケージで構築されてきたが、目まぐるしく変わるビジネス環境や法整備などに自前で対応していくのは至難の業といえるだろう。そこで今注目されているのが、ERPなのだ。

1-1

ERPとは何か

 ERPとは「Enterprise Resource Planning」の頭文字をとったもので、直訳すると企業資源計画となる。つまりERPパッケージとは、経営資源の最適化を実現するためのツールである。日本語に訳すときは統合基幹業務パッケージと記述され、この言葉が示している通り、企業内にある基幹業務(会計、販売、在庫・購買、生産、人事・給与)で必要な情報を一元的に管理する仕組みである。この「マスタ情報の一元管理=1つのデータベース(統合データベース)でマスタ情報を管理すること」こそ、ERPパッケージの最大の特徴である。

図1 ERPパッケージが提供する機能と特徴(JDEdwards EnterpriseOneの場合)
図1 ERPパッケージが提供する機能と特徴(JDEdwards EnterpriseOneの場合)
資料提供:日本オラクル
■ERPの機能

 具体的には、ERPパッケージでは以下のような機能が提供されている。

 中堅・中小企業向けのERPパッケージの場合は、これらの市場が盛り上がりつつある近年に登場してきていることもあり、現時点でこれらの業務(機能)すべてを網羅しているものが多いが、網羅性に乏しいものも中にはある(例えば会計と生産管理、会計と販売、購買など)。しかし、将来的には各ベンダとも、ラインナップを揃えていくことは間違いない。また、プロジェクト管理やCRMなど、これまでERPの概念の範疇外にあった機能までも網羅しているものも登場している。

■ERPパッケージの分類

 「ERPパッケージの分類」というと少し語弊があるかもしれないが、いずれにしても各ベンダが提供しているERPパッケージには生まれてきた背景によってそれぞれ特徴がある。

何が違う?国産or海外産による違い
 パッケージが開発された国によっても、その個性は異なる。一般的な国産のパッケージの場合は、なんといっても日本の商習慣に合っているのが特徴だ。一方、海外産のパッケージの場合は、グローバル展開している企業を想定しているものが多く、多通貨、多言語、国際会計基準をはじめ、各国の基準に対応しているものが多い。一方、デメリットはデファクトスタンダードに基づく経営を指向しているため、ローカルな商習慣への対応は難しい部分もある。

どこからやってきた?出自による違い
 ERPパッケージがどんな業務機能から発展してきたかによっても特徴は異なる。MRP(material requirements planning)とよばれる製造に必要な資材調達を計算するアプリケーションから発展したものもあれば、例えば「JDEdwards EnterpriseOne」のように財務・会計から発展してきたもの、「SMILEie」のように販売管理に強い「SMILEα」をベースに発展してきたものがある。富士通の「GLOVIA smart」のように、会計や販売を中心にラインナップを強化した製品でも、ベンダ自身がメーカーでもあるので、生産や物流、組立、加工などの分野に強みを発揮している製品もある。このようにパッケージの出自によって、それぞれの固有の強みがある。

どこに照準を絞っている?ターゲットの違い
 ERPパッケージには大企業(年商500億円以上)を対象としたもののほか、中堅(50億円〜500億円)、中小(50億円以下)を対象としたものなどがある。各製品がどのターゲットに強いかは、導入実績に表れている。もちろん、中堅市場で強い製品だからといって、大企業や中小企業では使えないというわけではない。

コンセプトの違い
 現在、出回っているERPパッケージの中には、元々統合型として設計されているものだけではなく、個別パッケージを寄せ集めてERPと称しているものもある。後者の場合、気をつけなければならないのが、ERP最大の特徴であるマスタデータの一元管理ができない製品があるという点だ。逆に、個別パッケージからERPに発展したパッケージでも、一元管理されたマスタデータがすべてのアプリケーションに反映していく仕組みが整っていれば、ERPとしての機能は満たしているといえるだろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ERP/イマドキ“ERP”の注目機能を探れ!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

ERP」関連の製品

Webワークフローソフトウェア『MajorFlow』 【パナソニック ネットソリューションズ】 管理会計のデータ集計・分析も手間なく実現するBI Actionista! 【ジャストシステム】 連結原価やプロセス製造にも対応、ERPを超える原価管理の実践法 【電通国際情報サービス】
ワークフロー BI ERP
申請/承認の決裁だけではなく、「経費精算」における仕訳や計上処理、「勤怠」における集計など、業務改善を図る「ビジネスリフォーム機能」満載のワークフローシステム。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
この会社は、なぜわざわざERPとは別に原価管理システムを導入したのか

ERP」関連の特集


2009年度、50ベンダが競う混戦の「中堅企業向けERP」市場において、シェア1位を獲得したベンダと…



データウェアハウスの構築にとどまらず、データの統合・連結など幅広く活躍中の「ETLツール」を基本から…



69億円規模と見込まれる2014年度のワークフロー市場。金融業を中心に実績を伸ばし、シェア23.2%…


ERP」関連のセミナー

電子帳簿保存法:スキャナ保存最新動向とデータ保存の勘所を解説 【SCSK/エヌ・ティ・ティ・データ・ビジネスブレインズ】  

開催日 2月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、国税OB税理士であり「電子帳簿保存法のスペシャリスト」としてご活躍されているSKJ総合税理士事務所の袖山喜久造所長をお招きし、電子帳簿保存法およ…

Biz∫SCAW製番管理システム製品説明会 【大阪】 【エヌ・ティ・ティ・データ関西】  

開催日 1月12日(木),2月9日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

 業務効率化を進める上で業種業態を問わず、業務の統合マネジメントは重要なテーマとなっています。受注生産・個別受注生産形態をベースとしている「Biz∫SCAW製番…

多品種少量生産時代に即した計画業務とは 【パナソニック インフォメーションシステムズ/フレクシェ】  

開催日 2月14日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

●生産計画業務でお悩みを抱えていることはございませんか?●近く、基幹システムの入替えをご検討されてはいませんか?●「他社の取り組みや事例」 に関心はありませんか…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ERP/ イマドキ“ERP”の注目機能を探れ!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ERP/ イマドキ“ERP”の注目機能を探れ!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002424


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ