ココにも省エネの波が!バックアップツール

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

ココにも省エネの波が!バックアップツール

2008/01/28


 バックアップツールを導入済みの企業はかなりの高い割合を占めているが、「統合管理したい」「バックアップにかかる時間が長い」などの理由からバックアップツールのリプレースを検討している企業は少なくない。そこで今回の解体新書では、バックアップツールの基本機能からバックアップ/リストア・リカバリのパフォーマンス向上に役立つ最新機能までを解説する。すでにバックアップ環境を整備済みの企業にとってもバックアップ作業の効率化に役立つ情報になるはずだ。またバックアップツールの選び方ガイドでは、バックアップツールを導入する上で検討したいポイントを、4つの視点から解説しているので是非参考にしていただきたい。

バックアップツール

※「バックアップツール/ココにも省エネの波が!バックアップツール」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「バックアップツール/ココにも省エネの波が!バックアップツール」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

バックアップツールの選び方ガイドへ


1

バックアップツールを解体しよう!

1-1

バックアップツールとは

 バックアップとは、万一、ITシステムに障害が発生したときに、迅速に元のシステム情報に戻すリカバリやアプリケーションデータを元の状態に戻すリストアができるように、別のストレージ領域にこれら情報の複製を保管しておくことだ。また、バックアップツールとは、こうした作業を円滑かつスピーディに行うための機能を備えた専用ソフトのことを指す。従って、バックアップ機能だけでなくリカバリの機能も含めてバックアップツールと呼ばれている。バックアップツールを使ってバックアップを実現する仕組みの一例を図1に示す。

図1 バックアップツールを使ったバックアップ運用例
図1 バックアップツールを使ったバックアップ運用例
この例では高速なハードディスクに一時的にバックアップされた後、テープへバックアップすることで、バックアップ運用を効率化することができる。

 これはD2D2T(Disk to Disk to Tape)バックアップと呼ばれる機能を使ったバックアップ運用の例で、テープドライブよりも高速アクセス可能なハードディスク上に一旦バックアップを取っておく。そして、バックアップデータが業務と切り離された段階で、テープ装置へコピーする仕組みになっている。
 バックアップサーバにはバックアップツールがインストールされており、バックアップ元のクライアント(バックアップ対象となるサーバやデスクトップPCなど)にはクライアントエージェントと呼ばれるソフトウェアがインストールされている。通常バックアップは、複数のバックアップ対象となるサーバに対して同時に実行することができる。リカバリしたい場合、バックアップサーバのディスク上にデータが保存されているときはディスクからリカバリされ、ディスク上にない場合にはテープからリカバリする必要がある。バックアップサーバのディスク上のデータはスケジュール管理されており、一定のタイミングでテープへ転送される。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

バックアップツール/ココにも省エネの波が!バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップツール」関連の製品

HCIの“落とし穴”を回避するバックアップ/リカバリツールの選び方 【Veeam Software Japan 株式会社】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
HCIの“落とし穴”を回避するバックアップ/リカバリツールの選び方 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。

バックアップツール」関連の特集


きちんとできていることが大切なバックアップ。でも、評価されにくい作業の 1つではあります。だからこそ…



導入率は全体で59.7%と高いが、中小企業での導入率は35.1%に留り、導入しない理由の1位は「メリ…



情報爆発時代を迎え企業システムのデータ量は増すばかり…。バックアップ時間を最大1/10に短縮したり、…


バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector+vStandby AIP実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 10月18日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ActiveImage Protectorのイメージファイルを復元作業なしで、即座に稼働できるインスタント・ディザスタリカバリソリューション「vStandby …

OSS+SBクラウドを活用し、重要業務システムをバックアップ 【主催:サードウェア 協力:NECネクサソリューションズ/SBクラウド/オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 9月28日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

★「止められないシステム」「消えてはいけないデータ」をアクシデントから守る方法★【もはや大企業だけではなくなった。「止められないシステム」「消えてはいけない」デ…

ActiveImage Protector Server Edition + ImageBoot実践セミナー 【ネットジャパン】 締切間近 

開催日 10月4日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ActiveImage Protectorはシステムを稼働したままでも、止めた状態でも、高速にバックアップするために変更部分だけをバックアップする増分バックアッ…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップツール/ ココにも省エネの波が!バックアップツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップツール/ ココにも省エネの波が!バックアップツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002422


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ