この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

データベース管理システム

2007/11/05


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、データベース管理システムのシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、2006年のDBMS(データベース管理システム)市場は、国内企業の収益回復が継続し、金融/インターネットサービス分野を中心とする大型投資案件などによりRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)への堅調な投資が続いたことから、市場規模は前年に比べ3.4%増加し、1822億円となった。DBMS市場を構成する機能別マーケットは、RDBMSが1591億円、プレ/ポストRDBMSが114億円、エンドユーザDBMSが109億円、オブジェクト指向DBMS/XML DBMSが9億円となっている。RDBMSは大型案件などにより需要が増加したが、メインフレームが中心のプレ/ポストRDBMSは2桁の規模縮小となった。
 市場全体の推移としては、2007年以降は成長率の鈍化が予測されている。ベンダ間の価格競争や、マルチコアCPUの普及にともなうハイエンド市場の成長鈍化、オープンソースによるエントリー市場の吸収などのマイナス要因もあり、その後も成長率の大幅な拡大はなく、年率2%以下の成長が続くと見られている。
 市場占有率は、オラクルが市場の46.4%を獲得し昨年に引き続きシェア1位を維持したが、Windows RDBMS市場では、マイクロソフトが新製品SQL Server 2005を投入することで旧製品ユーザの需要も刺激し、シェア1位を獲得している。

データベース管理システムシェア

データベース管理システムシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

データベース管理システム/「データベース管理システム」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベース管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

データベース管理システム」関連の製品

Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】 Magic xpa Application Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 Windows/Linux 向け暗号化ソリューション SecureDB for SME 【セキュア・ディー・ビー・ジャパン】
開発ツール 開発環境/BaaS 暗号化
ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。 クライアント/サーバ、Web、RIA、iOS/Androidなど様々な形態やデバイスのアプリケーションをワンソース・マルチユースで統合開発・実行できるプラットフォーム。 DBからの情報漏えい対策に特化した暗号化ソリューション。導入時、DBやアプリケーションの変更が不要。稼働時にパフォーマンスに影響をほとんど与えない。

データベース管理システム」関連の特集


「mBaaSって何?」という方は必見。IaaS/PaaS/SaaSでもない、mBaaSの位置づけや基…



拠点に乱立するサーバ。もはや手に追えなくなっていませんか?今回はインフラを最適化しコスト削減に有効な…



情報漏洩の大半が内部犯行によるデータベースの不正使用が原因。実際の事件を教訓に、DBセキュリティへの…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

データベース管理システム/ 「データベース管理システム」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「データベース管理システム/ 「データベース管理システム」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002405


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ