この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

「SOA」の普及が進まない本当の理由

2007/10/18


 SOAというコンセプトが広く知られるようになってから約3年が経過した今でも、SOAは依然としてIT業界を賑わしているホットなキーワードの1つである。しかし、一部の先進的な企業を除いては、なかなかSOAの考え方を適用したシステム構築が進んでいないのが現状である。今回は、ユーザ企業側のSOAに対する取り組みの現状を確認しつつ、普及に向けてベンダ側、ユーザ企業側それぞれについて何が求められるかを解説する。

SOA

※「SOA/「SOA」の普及が進まない本当の理由」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「SOA/「SOA」の普及が進まない本当の理由」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

城田 真琴

情報技術本部 技術調査部 主任研究員 城田 真琴(Makoto Shirota)

株式会社 野村総合研究所企業サイトへ
アナリストファイル #020

大手電機メーカーのシステムコンサルティング部門を経て2001年、野村総合研究所に入社。以来、IT 動向の調査と分析を行うITアナリストとして活動。専門は、SaaS、SOA、EA(Enterprise Architecture)、ビジネス・インテリジェンスなど。最新著書「SaaSで激変するソフトウェア・ビジネス」(毎日コミュニケーションズ)が2007年11月1日に発売。



1

普及が進まないSOA

 2004年以降、日本でも“SOA”というコンセプトが各種メディアで取り上げられる機会が多くなり、ベンダ各社がこぞってSOAの考え方を広めるためのセミナーを開催したり、SOAを実装するための製品をリリースしたりした結果、SOAという言葉自体はユーザ企業にも、一定の認知がされている状態である。
 図1に、野村総合研究所が2007年8月に日本のユーザ企業のシステム部門長/経営企画部門長に対して行ったアンケート結果を示す(有効回答数:324)が、半数以上の企業がSOAについて、「詳細まで理解している」あるいは、「概要は理解している」と回答している。

図1 SOAについての理解度
図1 SOAについての理解度
出典:野村総合研究所 ユーザー企業のIT利用動向調査(2007年8月)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SOA/「SOA」の普及が進まない本当の理由」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SOA」関連情報をランダムに表示しています。

SOA」関連の製品

オープンソース企業ポータル『Liferay Portal』 【イージフ】
EIP
ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。

SOA」関連の特集


もはや待ったなしのSOX法対応。SOX法対応でIT部門が果たすべき役割とは何か?また有効なツールとは…



なにかと話題の「ビッグデータ」。過大な投資をせず、ビッグデータからの恩恵が得られるように、考え方を整…



EAI、Webサービス、ESBとキーワード続出のアプリケーション連携。しかしキャッチアップが難しいの…


「SOA」関連の特集


前編では抽象的で分かりにくいとされるSOAの概念を整理しましたが、後編では実際に導入するには何をすべ…



本格普及の一歩手前にあると言われるSOA。SIer/ベンダの最新動向や、クラウド系サービスとの関連に…



ベンダー各社から対応製品が登場し、SOAは概念から実装フェーズに突入しています。今回は、SOA管理ツ…


「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SOA/ 「SOA」の普及が進まない本当の理由」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SOA/ 「SOA」の普及が進まない本当の理由」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30002354


IT・IT製品TOP > 情報システム > SOA > SOAのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ