”遅い”イライラ撃退!WAN高速化ツール

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

”遅い”イライラ撃退!WAN高速化ツール

2007/11/12


 ブロードバンドの普及により、企業システムをWeb化してWAN越しで活用したり、内部統制の観点から、これまで拠点ごとに用意していたサーバを1ヵ所に統合したりという動きが、最近になって顕著に見受けられる。その結果、充分な帯域が整備されているにも関わらず、WAN越しの通信でスループットに不満を感じている人も多いという。その不満を解消するものとして、今注目を集めているのがWAN高速化ツールだ。今回のIT製品解体新書では、WAN高速化が必要とされる背景から基本機能、予想される導入効果などについて詳しく解説していく。

WAN高速化ツール

※「WAN高速化ツール/”遅い”イライラ撃退!WAN高速化ツール」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「WAN高速化ツール/”遅い”イライラ撃退!WAN高速化ツール」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

WAN高速化ツールの選び方ガイドへ


1

WAN高速化ツールを解体しよう!

 WAN高速化ツールへの関心は年々高まっている。どのような構成で設置し、どのような機能を持ち、どのような導入効果が得られるのか、その全貌について解体していこう。

1-1

WAN高速化ツールとは

 WAN高速化ツールとはその名の通り、WANを介してやり取りされるデータ通信の高速化と、パフォーマンスの最適化を、通信回線の帯域を増強することなく実現するツールである。
 WAN高速化ツールの設置形態は大きく分けて2種類ある。図1のようにルータとスイッチの間に挟み込み、直列でつなぐ(1)インパス構成(*注 インライン構成と呼ばれることもある。)と、WANルータと連携してルータが識別したトラフィック情報をWAN高速化ツールにリダイレクトする(2)アウトオブパス構成である。

図1 WAN高速化ツールの代表的な設置方式「インパス構成」と機能
図1 WAN高速化ツールの代表的な設置方式「インパス構成」と機能
資料提供:リバーベッドテクノロジー
■(1)インパス構成

 WAN高速化ツールの導入形態として一般的なのが、インパス構成である。設置の仕方は、WAN高速化ツールに用意されているバイパスカードのWAN側ポートとルータ、LAN側ポートとスイッチをケーブルで接続するだけなので、導入の手間は比較的少ない。ルータ、スイッチと直列につながれてはいるが、WAN高速化ツールに障害が起こっても、ルータとスイッチを物理的に直結するバイパス機能により、通信が切れることもない。またQoS機能を活用しやすいというメリットもある。注意しておくポイントとしては、装置の交換が必要になったときにネットワークが切れてしまうことだ。インターフェースが他のLAN機器と合わなければ、設置できないこともある。

■(2)アウトオブパス構成

 LAN機器にWAN高速化ツールをつなぎ、ルータと連携させる設置方法である。ルータは高速化したいトラフィック(アプリケーションやプロトコル)を識別し、WCCP(Web Cache Communications Protocol)やPBR(Policy Based Routing)などのプロトコルでWAN高速化ツールにリダイレクトすることで高速化を実現する。アウトオブパス構成のメリットは、拡張性に優れ、冗長化構成を作りやすいことが挙げられる。また、インパス構成とは異なり、WAN高速化機器が故障して交換する場合でも通信は切れない。一方で注意が必要なのは、リダイレクトの対象を設定したり、ネットワーク機器の設定をし直す点である。しかし冗長構成がとれる、拡張性に優れているとの理由から、アウトオブパス構成を採用する企業も、最近では増えてきているようである。

図2 アウトオブパス構成での設置例
図2 アウトオブパス構成での設置例
■(3)その他の構成

 その他の構成として挙げられるのが、WAN高速化モジュールをルータに内蔵するタイプのものだ。例えばシスコシステムズのルータ「Cisco ISR」シリーズでは、同社製WAN高速化ツールで用いられているモジュールを追加で実装できるという。この構成の最大のメリットは、WAN高速化ツールの設置面積を考えなくてよいことである。
 またクライアントPCにWAN高速化ソフトウェアをインストールするという構成もある。この構成のメリットは、クライアント側に機器の設置が不要なことに加えて、コストも低減できることだ。モバイル利用でのWAN高速化を実現したい場合は、この構成を採用することになる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

WAN高速化ツール/”遅い”イライラ撃退!WAN高速化ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「WAN高速化ツール」関連情報をランダムに表示しています。

WAN高速化ツール」関連の特集


製品認知や導入効果が浸透し始め、全国や海外拠点を持つ企業需要も高まり、市場拡大が見込まれる「WAN高…



IPネットワークで使われる様々なアドレスの種類と、効率よい経路制御を実現する経路集約の技術を紹介。そ…



基本機能、導入検討の際の盲点など、イチからきっちり解説します。サーバ統合時には欠かせないツールとなり…


「WAN高速化」関連の特集


LAN高速化はいよいよ100Gbpsに突入し、同時にWANも高速化技術に注目が集まります。最新高速化…



 グローバルサーバロードバラシング(GSLB)機能は、複数のサイトに対してトラフィックを分散させる機…



67億円規模と見込まれる2014年度のWAN高速化製品市場。新規/既存ユーザ双方に対して好調に販売し…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

WAN高速化ツール/ ”遅い”イライラ撃退!WAN高速化ツール」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「WAN高速化ツール/ ”遅い”イライラ撃退!WAN高速化ツール」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002334


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > WAN高速化 > WAN高速化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ