「グループウェア」選ぶときの盲点はココ!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

「グループウェア」選ぶときの盲点はココ!

2007/11/05


 市場に登場してから久しいグループウェア。多くの企業で導入が進み、そろそろリプレースを…と考える企業も多い。現在使っているグループウェアの動作が重い、もっと違う機能が欲しいなど、ユーザのニーズが成熟してきている。そこで今回は、導入経験の豊富な大塚商会、住商情報システムズへの取材を通じ、現場に即した視点で、最適なグループウェア選びのポイントを紹介する。

グループウェア

※「グループウェア/「グループウェア」選ぶときの盲点はココ!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「グループウェア/「グループウェア」選ぶときの盲点はココ!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

グループウェアの基礎解説へ
グループウェアシェア情報へ


1

グループウェアの選び方 5つのステップ

 グループウェアには様々なコンセプトを持った製品が数多く登場しているが、これらの製品群を概観してみると、次のような3つのタイプに大別することができる。ユーザ数はあくまでも目安で、グループウェアに何を求めるか、そのニーズと製品が合っているかという部分が一番重要なポイントとなってくる。

表1 グループウェア製品のタイプ
表1 グループウェア製品のタイプ
資料提供:大塚商会

 まず上記の3分類を把握した上で、どの種類の製品が自社ニーズに一番マッチしているのかをよく考えながら、次の5つの視点で検討を重ねていくとよい。

Step1:

自社の要件を明確にする

Step2:

利用ユーザ数で製品を絞る

Step3:

既存環境との相性を確認する

Step4:

あらゆるシーンでの操作性を想定する

Step5:

リプレース時は既存システムにこだわらない

Step1

自社の要件を明確にする

■「何がしたいのか」…実はココが決まっていないケースが多い

 「グループウェアを使って何を実現したいのか」…ツール導入の上で一番考えなければいけないポイントで、ここさえ決まっていれば、表1の3種類の中から1つを選ぶことができる。しかし、実はこの点が決まっていないユーザが多いそうだ。確かに、明文化するのはなかなか難しく、「メールができて、スケジュール機能があって…」という漠然とした要件になってしまうのが現実。そのような場合は、最初に以下の3つのポイントを具体的に考えて要件としてまとめると、スムーズな製品選定ができるそうだ。

Point 1メール機能に何を求めるか。
             細かいメッセージング機能(フォルダ振り分け、メール検索など)を必要としているのか、
             それともメールのやりとりができるだけでよいのか。

Point 2スケジュール機能に何を求めるか。
             表示形式にこだわるかどうか。(例:部下の1ヵ月のスケジュールを1画面で表示させたい‥など)

Point 3内部統制や高可用性にこだわるかどうか。
              ログ管理をどの程度までやるか。また、システム障害がどの程度ビジネスに影響するかなど。

■パッケージ製品か、柔軟なカスタマイズが可能な製品か

 前項で述べた「グループウェアを使って何を実現したいのか」が見えてくると、パッケージ製品で良いのか、カスタマイズが必要なのかが決まってくる。それぞれの場合について、注意したいポイントを押さえておこう。

パッケージ製品の場合
 パッケージ製品の多くは、インストールした日からすぐに使い始めることができるようになっている。そのため、自社にとって頻繁に使う機能はどれか、また不要な機能はどれか、あらかじめ把握しておく必要がある。製品ごとに標準機能として提供されるものと、オプション機能として提供されるものに大きな違いがあり、注意が必要だ。大半のベンダは製品の試用期間を設定しているので、これを徹底的に利用することで実際に使いたい機能の洗い出しを行ってから比較検討に入ろう。

カスタマイズする場合
 一方、柔軟なカスタマイズを必要とする場合には、どのような業務アプリケーションを作りたいのか、具体的な要件を洗い出し、その開発手順や開発環境を確認してコストを見積もる必要がある。各コンポーネントは、お互いにデータをやり取りしたり、データを受け取ったときになんらかのロジックを実行したりするといったコンポーネント間通信も可能になるので、この機能を使って自社の文化に合ったSFAなどを構築することが可能だ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

グループウェア/「グループウェア」選ぶときの盲点はココ!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

グループウェア」関連の製品

Webワークフローソフトウェア『MajorFlow』 【パナソニック ネットソリューションズ】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 ASTRUX 2.0 SaaS 【ソフトバンク コマース&サービス】
ワークフロー 特定業種向けシステム 文書管理
申請/承認の決裁だけではなく、「経費精算」における仕訳や計上処理、「勤怠」における集計など、業務改善を図る「ビジネスリフォーム機能」満載のワークフローシステム。 販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 企業における一般文書からISO文書や記録などの運用・管理をWebベースに一元管理し、 オフィスにおける文書管理に関わるさまざまな業務を効率化するSaaS型文書管理システム。

グループウェア」関連の特集


「21日でメールが消えていく!?」古くから利用していたグループウェアのメール機能を使っていたがために…



 「イノベーション」という言葉が注目されている。 このコラムでは、「イノベーション」というトピックに…



IP-PBX導入の最大ネック「コスト」ハードルが下がった今、機動力を生かして音声/データ統合による業…


グループウェア」関連のセミナー

Notes運用でお困りのお客様 必見!セミナー 【主催:NTTデータビジネスシステムズ/共催:エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】  

開催日 5月26日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

グループウェアの代表格であるLotus Notesをご利用のお客様において、ガバナンス上の懸念や維持運用コスト増加、Notes技術者不足など、色々な課題をご相談…

BPMソフトってワークフロー、業務パッケージと何がちがうの? 【アシストマイクロ】  

開催日 4月10日(月),4月24日(月),5月8日(月),6月5日(月),6月19日(月)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

「業務を管理するシステム」と聞いたとき、皆さんはどんなソフトウェア製品をイメージされますか?申請業務をペーパーレスにしたり進捗状況がわかるようになるワークフロー…

Office 365ハンズオンセミナー【Office365の有効活用/アドオン】 【カコムス】  

開催日 5月19日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大変ご好評頂いておりますOffice 365・Microsoft Azure・SharePoint Onlineハンズオンセミナーを、カコムス大阪本社にて5月も…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グループウェア/ 「グループウェア」選ぶときの盲点はココ!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グループウェア/ 「グループウェア」選ぶときの盲点はココ!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002331


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ