撲滅せよ!スパム対策選び9つのポイント

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

撲滅せよ!スパム対策選び9つのポイント

2007/11/05


 スパム対策ツールは、統合的なメールセキュリティ製品としてウイルス対策ツールやIPSなどと一緒に提供されることが多く、最近ではUTMなどにバンドルされて市場に出回っているケースも少なくない。そのため、単体製品で検討する機会は多いとは言い難い。しかし、大量のスパムメールのせいで従業員の生産性低下やシステム資産の圧迫など、顕著にその被害は広がってきているのが実情だ。そこで、スパム対策ツールを選択するための最適なポイントを詳しく解説しながら、市販されているスパム対策ツールを一覧でご紹介しよう。

スパム対策ツール

※「スパム対策ツール/撲滅せよ!スパム対策選び9つのポイント」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「スパム対策ツール/撲滅せよ!スパム対策選び9つのポイント」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

スパム対策ツールの基礎解説へ
スパム対策ツールシェア情報へ


1

スパム対策ツール選びのポイント

Point 1

ホワイトリスト登録に気合を入れろ!

 様々なスパムフィルタ機能が用意されているスパム対策ツールだが、その機能はベンダ側でブラックボックス化されており、ユーザ側にその詳しい仕様は公開されていないケースが多い。また、ベンダが実績として出す検知率や誤検知率は、同一の環境で測定されたものではないため、ある意味当てにならないところもある。そのため、スパムフィルタ機能だけを見てユーザ側で製品の良し悪しを判断するのは至難の業だ。そこで見ておきたいのは、指定されたドメインやIPのみの通信を許可させることができるホワイトリストの設定のしやすさだ。実際に構築・運用をしているインテグレータによると、導入当初1〜2ヵ月の期間に信頼の置けるドメイン情報を従業員からヒアリングしてホワイトリストに登録することで、スパムメールは劇的に減少させることができるという。導入時のホワイトリスト登録をしっかり行うかどうかで、スパムメールに対する効果が変わってくる。

図1 ホワイトリスト登録までの流れ
図1 ホワイトリスト登録までの流れ
 ログイン画面でスパム対策ツールにログインし、隔離されているスパムメールの一覧画面を開く。この隔離フォルダ一覧にある対象メールの送信者をホワイトリストやブラックリストへ登録する。その場合、対象メッセージの右にある緑のアイコンをクリックし、登録画面上で最終確認、ならびにホワイトリスト登録した際の動作を選ぶ。
 なお、ホワイトリスト・ブラックリストの登録状況は、メッセージ画面の「設定」タブを開いたあとに表示される設定画面の「送信者 」を選択することで確認することが可能。
資料提供:ラック

+拡大

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

スパム対策ツール/撲滅せよ!スパム対策選び9つのポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スパム対策ツール」関連情報をランダムに表示しています。

スパム対策ツール」関連の特集


セキュリティ研究機関のMcAfee Labsが2016年第3四半期の脅威レポートを発表しました。セキ…



業務遂行の邪魔ばかり…年々増加の一途をたどるスパムメールと対策法の最新動向を取材してきました。



年々深刻さを増すスパムメール。厄介な相手とは早めに縁を切りましょう!「スパム対策ツール」の概要をアニ…


「フィルタリング」関連の製品

Web Security Gateway(旧 Web Filter) 【バラクーダネットワークスジャパン】 Webフィルタリングソフト InterSafe WebFilter 【アルプス システム インテグレーション】 iOS向け統合セキュリティサービス 「InterSafe MobileSecurity」 【ソフトバンク コマース&サービス】
フィルタリング フィルタリング フィルタリング
コンテンツフィルタリング、アプリケーション防御、マルウェアプロテクションを1台で行える統合型ソリューション。 Webの閲覧やSNS、Webメール等の利用を規制・管理するソフトウェア。携帯キャリア独占の高品質データベースと使いやすさにこだわったログ分析機能を搭載。 専用ブラウザ不要で、iOS端末におけるWebフィルタリングを実現するサービス。業界最高クラスの147カテゴリ、30億以上の登録Webコンテンツで高品質のフィルタリングが可能。

「フィルタリング」関連の特集


2014年度の市場規模は56億8000万円と見込まれているメールフィルタリング。占有率58.5%を獲…



 国内のWEBフィルタ製品(WEBフィルタリング製品)はこれまで、URLフィルタリング機能を中心とし…



ミック経済研究所によると2007年度に前年比59.5%増の出荷金額が予想されているスパム対策ツールの…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

スパム対策ツール/ 撲滅せよ!スパム対策選び9つのポイント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「スパム対策ツール/ 撲滅せよ!スパム対策選び9つのポイント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002312


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ