現状に不満が43%!グループウェアの次の姿

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「グループウェア 掲載日:2007/10/22

グループウェア



1:基礎講座 2:選び方講座 3:シェア情報
1
グループウェアのおさらい
2
グループウェアの最新動向
1
グループウェアの選び方
2
製品カタログ
1
「グループウェアパッケージ」シェア情報
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 1990年代前半から普及し始めたグループウェア。メール、スケジュール管理、施設予約はもちろん、EIP機能、ワークフロー機能、文書管理機能なども搭載されるようになり、部門や組織の枠を越えて情報を活用できるITツールとして多機能化が進んでいる。しかし、キーマンズネットの独自調査によるアンケート(2007年7月実施、有効回答数:356)によると、導入中のグループウェアに不満を感じる人は43.5%もおり、ユーザは更なる機能性・拡張性を求めているようだ。そこで、ベンダからはPDA・携帯電話からのモバイル利用や、SFAをはじめとする他の業務アプリケーションとの連携などが提案されてきている。今回は、グループウェアの基本についておさらいしながら、モバイル対応や他のシステムとの連携など、最新動向を紹介する。 グループウェア

1 

グループウェアのおさらい


 多機能化が進むグループウェアだが、その一方で、「機能が多過ぎてすべての機能を使いこなせず、結局はメールとスケジュール管理機能しか利用していない…」といった状況も少なくないそうだ。そこで本稿の冒頭では、グループウェアの原点に今一度立ち戻って、本来のグループウェアの目的と基本機能からおさらいしてみよう。



1-1

グループウェアの基本機能


 グループウェアとは、コンピュータを使って社内の情報を共有することで、社員同士のコミュニケーションを円滑にし、業務を効率よくこなすのに役立つソフトウェアのことだ。これらの目的を実現するため、主に以下のような機能が搭載されている。表1で簡単におさらいしていこう。


表1 グループウェアの主な機能
メール機能/メッセージ機能 社内メール機能や、特定の社員と気軽に意見を交換できるメッセージ機能、Webメール機能などがあり、 アドレス帳と連携して利用できる。「閲覧状況」を表示できる製品では、メンバーがメールを読んだかどうかをひと目で確認でき、確実な情報伝達が可能。
スケジュール機能/設備予約機能 個人のスケジュール管理だけでなく、部署やプロジェクト内のメンバーのスケジュールも一目で把握できるため、会議などのスケジュール調整を簡単に行うことができる。また、設備予約機能と連携させることで、スケジュールの登録と同時に会議室などの施設を予約できる製品も多い。
回覧板/掲示板機能 社内通達などに便利な機能で、いつ・誰が・確認したかの履歴を取ることもできる。また、カテゴリごとに通知先やアクセス権を設定すれば、情報を伝える範囲を特定の部署や組織に限定できる。
ToDo機能 「やるべきこと」をリスト化する機能で、タスクの漏れ防止に役立つ。期限が近づくと警告メッセージが表示されるように設定すればうっかり忘れる心配もない。また、タスクに優先順位をつけたり、カテゴリに分けて表示したりすることもできる。
ファイル管理機能/キャビネット機能 用途や目的別にフォルダを作成し、階層ごとに整理することができる機能。「どこに、どのファイルがあるのか」がすぐ分かる変更履歴やファイルのバージョンを細かく管理できる製品もある。

 参考までに、上記以外の主な機能を表2で紹介するが、下記以外にも様々な機能がどんどん搭載されてきている。


表2 上記以外の主な機能
ワークフロー機能
各種申請書の作成から承認がおりるまでの一連のフローを管理する。
タイムカード機能 出社退社時間や、外出帰社などを入力することで、勤怠管理が可能。
仮払精算機能 旅費交通費などの精算業務を行うことができる。
プレゼンス機能 連絡を取りたい相手が現在席にいるかどうかひと目で確認できる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

グループウェア/現状に不満が43%!グループウェアの次の姿」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

グループウェア」関連の製品

Create!Webフロー 【インフォテック】 クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】 識者に生産性を向上させる「Office 365」の利用のコツを聞いた。 【ヴイエムウェア株式会社】
ワークフロー グループウェア グループウェア
一般的な会社組織での申請/決裁業務にはもちろん、店舗運営や事業所に分かれている会社、またはグループ分割している会社など多様な組織で利用できるWebシステム。 グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。 「Office 365」をスマートに活用するためのクライアント環境整備の“コツ”

グループウェア」関連の特集


どこの職場にもいる、私的なWeb閲覧を行う従業員。そのままにしておけば、個人の生産性はがた落ち。危険…



 ペーパーレスもキャッシュレスも、自分には関係のない事と思われている方が多いのですが、実際にはとっく…



PCの初期設定はなかなか大変なもの。設定でミスをおかすと、セキュリティ問題を招いたり、業務にも支障が…


グループウェア」関連のセミナー

クラウド x モバイル でのNotes活用 【日本アイ・ビー・エム】 締切間近 

開催日 2月23日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

バージョンアップもメンテナンスも適用しないままになっているNotes/Domino の今後の計画はお決まりですか?将来計画を考える上で、Notesマイグレーショ…

【パートナー向け】〜 Office 365 【ディスカバリーズ】  

開催日 3月9日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、Office 365 の商談時間を短縮し、成約率を高めるための販売ノウハウをご紹介します。 特に Office 365 販売のネックとなりがちな…

LINE WORKS 活用セミナー 【サテライトオフィス】 締切間近 

開催日 2月28日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

『LINEスタンプも使える LINE WORKS を使いたおす!』〜LINE WORKS は、メッセンジャー、無料音声通話、アドレス帳、ホーム(グループ掲示板)…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グループウェア/現状に不満が43%!グループウェアの次の姿」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グループウェア/現状に不満が43%!グループウェアの次の姿」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002305


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ