この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「バックアップテープ 掲載日:2007/10/15

バックアップテープ



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
テープストレージの基本と最新事情
2
テープオートメーションの仕組みと導入のメリット
1
テープオートメーション製品選び方のポイント
2
製品カタログ
1
国内テープストレージ市場動向
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 基礎講座で学んだとおり、テープストレージにはさまざまな規格がある。またデータストレージ用のメディアはテープだけではなく、ハードディスクなどの他のメディアもあり、さらにそれらを組み合わせて使うという方法もある。このように選択肢の多い中で、テープオートメーションシステムを構築していく際に、事前に検討すべきこと、確認しておくべきことは何か。自社に最適なソリューションを選択する際のポイントを紹介する。 バックアップテープ

1 

テープオートメーション製品選び方のポイント



1-1

バックアップの手法は何か


 まず最初に検討すべきなのは、バックアップの方法だ。D2Tにするのか、D2Dにするのか、D2D2Tにするのかによって、選ぶメディアが変わってくるからだ。どういうバックアップ方法を採用するのが自社のビジネスにとって最適かを考えることから始まる。基礎講座に記述されているテープ、ディスク双方の特徴を見て、検討するといいだろう。
 またバックアップポリシーが変更となる可能性があるのであれば、柔軟に対応できるようモジュール構成のものを選ぶとよいだろう。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

バックアップテープ/進化に取り残されるな!バックアップテープ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップテープ」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップテープ」関連の特集


世界でも有数の地震大国である日本。災害リスクは他の国に比べて非常に高く、人的被害や経済的被害は計り知…



既存資産を活用しながらディスクバックアップの利点を享受できる「仮想テープライブラリ」!基礎から最新動…



BCP(事業継続計画)の中で、ITシステムの迅速な復旧は非常に重要な要素となる。BCPを意識しつつ、…


「テープバックアップ」関連の特集


SANなどの登場で、バックアップもハードディスクが主流になりそうな印象を持ちますが、バックアップの主…



阪神・淡路大震災の経験に基づいて策定されたBCPは今回の震災でどんな効果を発揮したのか?神戸製鋼所の…



なぜ今、「磁気テープ」が復権しつつあるのか…。HDDにその地位を奪われたかに見えたものの、データ量が…


「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップテープ/進化に取り残されるな!バックアップテープ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップテープ/進化に取り残されるな!バックアップテープ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002303


IT・IT製品TOP > バックアップ > テープバックアップ > テープバックアップのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ