統合運用管理ツールを取り巻くITILの現状

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「統合運用管理ツール 掲載日:2007/09/25

統合運用管理ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
統合運用管理ツールを取り巻く環境
2
統合運用管理ツールの注目機能
1
統合運用管理ツール導入時の注意点
2
製品カタログ
1
国内運用管理ソフトウェア市場概観
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 2007年6月、現在では運用管理手法のデファクトスタンダードとなったITILの新バージョン「ITIL バージョン3」が発表された。これはITサービスをマネジメントしていく上で、ビジネスとITを繋ぐサービス戦略をより重視したフレームワークとなっている。また日本では、2009年3月期の決算から日本版SOX法が適用される予定だ。「統合運用管理ツール」は市場投入から既に10年以上が経過している製品だが、こうしたビジネス環境の変化とITそのものの進歩を背景に、今も進化を続けている。 統合運用管理ツール

1 

統合運用管理ツールを取り巻く環境



1-1

統合運用管理ツールのカバーする機能領域


 はじめに、「統合運用管理ツール」と呼ばれる製品がカバーする基本機能について整理しておこう。統合運用管理ツールとは、文字通り、ITシステムの運用管理を支援する各種機能を併せ持つ製品のことだが、IT専門の調査会社であるIDC Japanでは、この統合運用管理ツールの機能として、以下7つの領域を定義している。


(1) ジョブネット(=ジョブの集合体)のスケジューリングを行なう「ジョブスケジューリング
(2) 障害発生時に自動対応を行なう「イベントオートメーション」
(3) ハードウェアやソフトウェアなどシステムの資産を管理する「変更/構成管理」
(4) 障害原因を追跡、記録、管理して再発を防止するための「問題管理」
(5) ネットワーク環境を管理する「ネットワーク管理」
(6) 帳票などのシステムからのアウトプットを管理する「出力管理」
(7) システムの稼働状況を監視する「パフォーマンス管理」

 一方、製品がカバーする機能はベンダによって異なってくる。例えばサーバやストレージなどのハードウェア製品を持つベンダでは、上記分類には含まれていない「ストレージ管理」も、自社の統合運用管理ツールがカバーする機能として打ち出している。
 つまり一口に統合運用管理ツールといっても、ソフトウェア製品のみを扱うベンダなのか、あるいはサーバなどのハードウェアを持ち、それと併せて統合運用管理ツールを提供しているベンダなのかなど、その立場によって市場に訴求する製品機能にも違いが出てくるこということだ。
 こうした状況を踏まえた上で、“システムの自動運用を統合的に管理するもの”というツール本来の役割を考えるなら、少なくともシステムの自動運用を日々滞りなく行なうためには、ジョブスケジューリング、イベントオートメーション、パフォーマンス管理の各機能をカバーしていることが必須だといえるだろう。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

統合運用管理ツール/統合運用管理ツールを取り巻くITILの現状」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理ツール」関連情報をランダムに表示しています。

統合運用管理ツール」関連の特集


中堅・中小企業では備えなければ取引先からの発注が止まるかもしれないと導入が急がれている「PCログ監視…



「PCログ監視ツール」を活用するためには、運用負荷を少しでも減らしたいもの…。便利機能から最新動向紹…



2009年度の市場金額が微増に留まった「統合運用管理ツール」。数量・金額ベースともにシェアトップのベ…


「統合運用管理」関連の製品

Microsoftが教える、理想のクライアント環境を実現する12の条件 【日本マイクロソフト】 WebSAM JobCenter 【NEC】 BCPの復元力を検証する「レジリエンシーフレームワーク」とは? 【日本アイ・ビー・エム】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
Microsoftが教える、理想のクライアント環境を実現する12の条件 ビジネス上必須となる定型業務を自動化するジョブ管理ソフトウェア。柔軟なジョブフロー定義により、運用スケジュールに沿ったジョブの自動実行と一元管理を実現する。 地震、雷、火事、情シス――災害対策は検証して初めて役に立つ

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

統合運用管理ツール/統合運用管理ツールを取り巻くITILの現状」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「統合運用管理ツール/統合運用管理ツールを取り巻くITILの現状」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002278


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ