この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
この市場は、こう動く!「アイデンティティ管理ツール 掲載日:2007/07/23

アイデンティティ管理ツール



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
アイデンティティ管理に注目が集まるワケ
2
導入のメリット
3
アイデンティティ管理ツールの機能
1
導入前の事前準備のポイント
2
ツール選択のポイント
3
製品カタログ
1
市場動向と技術動向
 
INDEX


市場動向
この市場は、こう動く!
市場動向

 シングルサインオンのフレームワークの提供や、Web2.0環境におけるアイデンティティ管理への対応やアイデンティティ・ガバナンス、アイデンティティプロビジョニングなどに関するオープンな仕様の策定を進めているリバティ・アライアンス・プロジェクト。日本SIG共同議長の高橋健司氏に、アイデンティティ管理の市場動向、技術動向について話を聞いた。 アイデンティティ管理ツール

1 

市場動向と技術動向



1-1

市場動向


 アイデンティティ管理ツールは今、普及の第2の波が来ている。その背景にあるのが、個人情報保護や内部統制への関心の高まり。BtoE、BtoB系のシステムでは、業務のアウトソーシング、派遣社員など多様な働き方をする従業員、転職者の増加などの状況に即、対応する仕組みをつくることが求められる。それができていないため、退職してずいぶんとたつのにIDの削除が完了しておらず、不正なアクセスを許し、個人情報やトレードシークレットを漏洩させてしまう事件が起こっている。またBtoC系では、アイデンティティ盗難による被害が出ており、ユーザID、パスワードだけではなくICカードやPKIの導入など、認証システムそのものを見直す動きも顕著になってきた。つまりセキュリティ向上へのプレッシャーが高まり、それにコンプライアンス準拠とコスト削減という3つのキーワードが、アイデンティティ管理ツールへの関心を高め、導入を誘っている。
 これまでは企業内システムのアイデンティティ管理のために導入するケースが多かったが、昨今ではBtoC系のシステムへの導入も増えている。また提供形態としてはソフトウェア型が増えている。特にオープンで分散管理、外部連携が可能なツールへの関心が高まっている。提供形態として今後、伸びそうなのがASP型である。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

アイデンティティ管理ツール/夏の亡霊ID一斉退治!アイデンティティ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アイデンティティ管理ツール」関連情報をランダムに表示しています。

アイデンティティ管理ツール」関連の特集


ネットワークや情報基盤などを関連会社で共有すれば、一元管理もできてコストも大幅節約。どんな手順で統合…



絶対に漏洩してはいけない従業員、その家族、取引先、株主のマイナンバー情報。ではどうやって対応する?対…



機能だけの○×評価では見えてこない「アイデンティティ管理ツール」選択の解。頭を悩ませがちな製品選定の…


「ID管理」関連の製品

ユーザーID棚卸ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】 ID管理に逆転の発想。多様化の時代を見据えた最適解とは? 【NTTテクノクロス】 高度化する脅威に大幅なパフォーマンスアップで対抗 【ソニックウォール・ジャパン】
ID管理 ID管理 ID管理
これまで手作業で行ってきた業務システムのID棚卸作業を自動化するソリューションである。 ID管理に逆転の発想。多様化の時代を見据えた最適解とは? サイバー攻撃の技術は進化している。例えばSSLを使っていれば大丈夫、といった常識も今では時代遅れだ。今必要な防御の具体策について考える。

「ID管理」関連の特集


2010年度、プラス推移となった「アイデンティティ管理ツール」市場。その理由とは?同製品のシェアデー…



“内部からの情報漏洩対策”連載第2弾は「アクセス制御」に注目。システムやワークフロー上でポリシー外の…



 第2回の本稿では、「内部からの情報漏えい対策」という視点から、マイナンバーの漏えいするリスクとそれ…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

アイデンティティ管理ツール/夏の亡霊ID一斉退治!アイデンティティ管理」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「アイデンティティ管理ツール/夏の亡霊ID一斉退治!アイデンティティ管理」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002256


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ