この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「メールフィルタリング 掲載日:2007/07/09

メールフィルタリング



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
こんなに危険!メールが引き起こすリスクとは?
2
メールフィルタリング 最前線!
1
メールフィルタリング製品の選び方
2
製品カタログ
1
メールフィルタリング製品 市場動向
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 メールフィルタリング機能は、最近になっていろいろなメールセキュリティ対策製品に導入され統合化が進んでいることから、実際の製品選びではかなり頭を悩ませることになる。アプライアンスにしてもソフトウェアにしても、各社で統合化している機能にバラツキがあるからである。従って、以下に紹介するメールフィルタリング製品の選択ポイントと同時に、連携する他のメールセキュリティ機能についてもあわせて評価していかないと最適なソリューションにたどり着かない。 メールフィルタリング

1 

メールフィルタリング製品の選び方



1-1

製品形態(アプライアンスまたはソフトウェア)を確認しよう!


 製品選びでは、最初にアプライアンスなのかソフトウェアなのかを選択する必要がある。アプライアンスでは、メールフィルタリングだけでなく、アンチウイルス、アンチスパム、ファイアウォール、メールアーカイブなど、さまざまな機能が1つのアプライアンスサーバに統合されている。アプライアンスは「箱から出してそのまま使える」という特徴を備えており、導入時もその後のメンテナンスにもあまり手間がかからない。
 一方、ソフトウェアでは、既存のサーバマシンがあれば、新たなハードウェア投資が必要ないというメリットがある。また、データベースなどと同様、処理サーバの増減などが柔軟に行えるため拡張性が高い。ただし、導入にはアプライアンスより手間がかかり、運用コストも高くなりやすい。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

メールフィルタリング/メールが持つリスクを防げ!フィルタリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールフィルタリング」関連情報をランダムに表示しています。

メールフィルタリング」関連の製品

Office 365+Windows 10でセキュリティをレベルアップ 【日本マイクロソフト】
フィルタリング
標的型攻撃が 7倍に急増!…で 狙われる公共・教育・医療機関

メールフィルタリング」関連の特集


スパム対策やフィルタリングはばっちり、でも誤送信対策はどうする?新たな脅威に備えるための“メールイン…



法制度対応や業務監査、情報漏洩対策の一環として普及し、セクハラ/パワハラ被害などのコンプラ違反突き止…



企業におけるセキュリティ対策の意識調査を実施。2016年の企業セキュリティは「人」対策の強化がトレン…


メールフィルタリング」関連のセミナー

標的型攻撃対策ソリューションセミナー 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 1月13日(金),2月9日(木),3月10日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

情報漏洩防止のみならず、昨今猛威をふるうランサムウェア対策という観点からも、標的型攻撃への対策はますますその重要度が増しています。本セミナーでは最近の標的型攻撃…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メールフィルタリング/メールが持つリスクを防げ!フィルタリング」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メールフィルタリング/メールが持つリスクを防げ!フィルタリング」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002249


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ