進化を続ける最新「複合機」の全貌とは!?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「複合機 掲載日:2007/07/02

複合機



1:基礎講座 2:選び方講座 3:ユーザの声
1
複合機に期待される役割
2
誰にでも簡単、便利に使えることをめざす
1
複合機の選び方
2
主なカラー複合機カタログ
1
複合機ユーザの声
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 コピー、プリンタ、スキャナ、ファックスの機能を1台に搭載した複合機(デジタル複合機、MFP)は、すでに多くのオフィスでおなじみのはずだ。現在では単に“低コスト、省スペースでお得な多機能機”というだけでなく、いわば「紙面上の情報とデジタル情報との相互変換装置」として、ITソリューションの重要な一翼を担う装置として考えられるようになっている。今回は、複合機導入の意義を改めて考えながら、製品動向と最新機種の特徴を紹介していく。 複合機

1 

複合機に期待される役割


 コピー機とファックスとの組み合わせで誕生した複合機は、当初からその利便性が注目され、以来十数年にわたって機能追加と性能改善を繰り返しながら、さまざまな規模のオフィスへと普及してきた。
 アナログ方式がデジタル方式に代わり、PCの普及にともないプリンタ機能が備えられ、さらにスキャナ機能が加えられた頃には、複合機はすでに珍しい装置ではなくなり、多くのオフィスで従来のコピー機やファックス、プリンタが複合機に置き換えられてきた。



1-1

複合機導入のメリットとは


 複合機普及の第一の理由は、多機能であるがゆえの利便性の高さであることは間違いない。また、次のような点も見逃せない。


複数台の装置が1台にまとまることによる省スペース化=オフィスフロアの有効活用
同様の理由による省エネ
運用管理がシンプルになることによるコスト削減とスムーズな障害対応

 これらは、当初から言われ続けてきたメリットであり、従来はこれだけでも十分に導入の動機になり得た。しかし現在すでに複合機のメリットを体感している企業では、“さらなる付加価値”が期待されている。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

複合機/進化を続ける最新「複合機」の全貌とは!?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「複合機」関連情報をランダムに表示しています。

複合機」関連の製品

システム連携自動FAX対応 FAXサーバソフト「まいと〜く Center」 【インターコム】 Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 印刷イメージログ監視システム 「PrintInsight」 【ギガ+他】
FAXサービス 統合ログ管理 統合ログ管理
累計導入社数1万2000社のロングセラーFAXサーバシリーズの最上位版。最大72回線までの拡張が可能で、充実したシステム連携機能を装備。簡単操作のWebクライアントも搭載。 企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 印刷された文書の情報をすべて取得、保管し、その情報を把握・分析することで、印刷物からの情報漏洩を効果的に抑止する、紙媒体に特化したセキュリティソリューション。

複合機」関連の特集


 前編「タクシー配車アプリからそのまま経費精算、コンカーが描く未来」では、これまでどうしても紙に頼ら…



情報漏洩の原因として最も多いのが「紙」に印刷された情報の外部への流出。プロに聞く、紙の情報の適切な管…



今、インクジェット複合機が売れている。かつては「ビジネス向け」の色彩が濃い製品であったインクジェット…


「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

複合機/進化を続ける最新「複合機」の全貌とは!?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「複合機/進化を続ける最新「複合機」の全貌とは!?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002245


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ