この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載日:2007/06/27
ゲキ売れ5
ゲキ売れ5
量販店売れ筋レポート6月号
「モバイルPCの巻」
ゲキ売れ5
ゲキ売れ5
ヨドバシ・ドット・コム
ゲキ売れ5

 ヨドバシ・ドット・コムの協力のもと、IT製品の最新トレンドを踏まえ、量販店での売れ筋商品を徹底分析するウェブマガジン「最新ITゲキ売れ5」。先月は、デスクトップ機に取って代わりつつあるA4ノートPCを取り上げたが、6月号では、モバイルPCを取り上げる。軽くてコンパクト、かつ堅牢で高い処理能力を備えたモバイルPCは、コンピュータの理想形の1つ。従来モバイルPCといえばB5ノートというイメージが強かった。しかし実際のB5サイズは257mm×182mmで、このサイズを実現するPCは存在こそするものの、キーピッチが狭く常用するには少々小さすぎる嫌いがある。また、少々の不便を我慢してもコンパクトさにこだわるなら、現在はWindows搭載でQwertyキーボード付きのスマートフォンという選択肢もある。そこで、各メーカーも「B5ノート」という表現をやめ、単に「モバイルノート」という区分で製品を作るようになってきた。その背景には、単なる持ち運び用のサブマシンという位置づけから、「いつでも、どこでも」常用できるメインマシンへと、モバイルPCの役割が変化したことがあるのではないだろうか。こうした状況のもと、量販店でゲキ売れするモバイルPCとは、どのような製品たちなのか、さっそく見ていくこととしよう。


※表示価格は2007年6月25日現在のものであり、変更の可能性があります。最新価格はヨドバシ・ドット・コムでご確認ください。
売れ筋トレンドを読む

 今回のゲキ売れ5では、前述のとおり「B5ノート」という表現が使われなくなってきたことを受け、メーカーがモバイルPCとして発売し、ユーザの観点から見てもモバイルとして活用できる製品、を条件にランキングを抽出した。その結果は見てのとおり、大きさも重量も多彩な顔ぶれが揃うこととなったのだが、光学ドライブの有無、キーボードのピッチ、ディスプレイサイズなどのトレードオフでサイズと重量が決まってくるモバイルPCの選択には、単純な性能差だけでなく、毎日使う日用品としての機能デザインが関係してくる以上、スペックが分散するのは必然とも言えそうだ。
 また、ノートPCの動向に詳しい方なら、東芝dynabookがランク外である点を不思議に思われたかもしれないが、これはdynabook SSシリーズ夏モデルの発表が6月5日、発売は6月下旬以降と遅く、残念ながら今回のゲキ売れ5集計期間には間に合わなかったことが原因だと考えられる。

モバイルPCはどこまで進化するか

 今年の夏モデルの注目点はゼロスピンドルモデルが出てきたこと。VAIO type Tのオプションモデルや今月発売となるdynabook SSの一部モデルがこれに当たり、HDDの代わりにフラッシュメモリを搭載している。そしてもう1つの技術革新が液晶バックライトのLED化で、こちらはゲキ売れ5に入ったLet's note R6、富士通MG70WおよびVAIO type Tの各機種に採用されている。消費電力の低減と軽量化をさらに進めるこれらの技術を見ると、モバイルPCが携帯電話や電子辞書並みのモバイル性能を備える日も、そう遠いことではないのかもしれない。

モバイルの横綱パナソニック Lets note LIGHT W5 CF-W5AWDPJR

 「昨年春から大きなモデルチェンジなく来たW5ですが、常に最新のCPUを採用している点と軽量コンパクトかつ頑丈というモバイルPCのコンセプトが支持されて、1年間売れ続けていますね」と語るのはヨドバシ・ドット・コム担当者。確かにこの1年間PC売り場でW5の姿を見ない日はなく、特徴的なボンネット構造の天板は、耐加重100kgのスペックとともに印象に残っている。各メーカーがモバイルPCの堅牢性をアピールするようになった今でも、Let's noteの築き上げた「タフ」のイメージは強力なものがあるだろう。
 堂々のゲキ売れ1を獲得したこの夏モデル、1年前と仕様の違いはOSとCPUがそれぞれ、Windows Vista BusinessとインテルCore 2 Duo プロセッサ 超低電圧版 U7500(1.06GHz)となったこと。OSに標準でBusinessを採用していることからは、Let's noteがビジネスを明確なターゲットにしていることが伺える。

13.3ワイドの広い画面と薄型ボディ富士通 FMV BIBLO MG70W

 今回のゲキ売れ5にランクインしてきた富士通の2製品はどちらもMGシリーズ。MG70Wは、重さ約1.6kg、バッテリ稼働時間が標準7.0時間、オプションの増設バッテリ追加で9.2時間、大きさはA4より若干大きい314mm×234mmとなっており、モバイルPCのカテゴリにぎりぎり入る程度のサイズになっている。
 重量1kg前後で開発競争を繰り広げるコンパクトモバイルは確かに魅力的だが、文字、画面、キーボードのすべてが小さくなってしまう宿命にあり、必ずしも使い心地を向上させるとは限らない。若干大きめ重めの設計でも、大きな文字表示と1280×800の表示領域を確保する13.3ワイドの画面、インテルCore 2 Duo プロセッサ T7100(1.80GHz)搭載、システムバス800GHzという高性能を提供して価格は20万円前後と、使いやすく購入しやすい製品に仕上げたことが、MG70Wにゲキ売れ1という結果をもたらしたといえるのではないだろうか。

コストパフォーマンスに優れたモバイル入門機富士通 FMV BIBLO MG50W

 ゲキ売れ2のMG70Wに続き、その弟分にあたるMG50Wがゲキ売れ3に入ってきた。この製品もA4を少し超える295mm×238mmのサイズに約1.7kgの重量、バッテリ稼働時間は標準3.5時間、オプションの増設バッテリ追加で6.5時間というスペックでモバイル機としては少々大きめ重めである。また、MG70Wが1280×800のワイド画面であるのに対して、本製品は同じ13.3型でもスタンダードな4:3の1024×768液晶となっている。モバイルPCのユーザの主流がLet's note LIGHT W5だとするなら「そこまでの小ささ、軽さ、バッテリ持ちは要らないから、そこそこ持ち運べて大画面で手ごろな価格を」というユーザに、MGシリーズが選ばれているのではないだろうか。

超コンパクト超軽量モバイルパナソニック Lets note LIGHT R6 CF-R6AW1PJR

 ゲキ売れ4にランクインしたLet's noteのR6は、バッテリ込みで約940gと、1kgを切る数少ない製品の1つである。これほど軽くコンパクトでW5と同じプロセッサを搭載したR6が、なぜ、最強のモバイルPCとしてゲキ売れ1に輝かないのか。理由はいくつか考えられるが、まず、軽さの代償として画面が10.4型でXGA(1024×768)と小さい。ここまでくると画面に表示される文字やアイコンは相当小さくなり、長時間使えば疲れるひとも多いだろう。キーボードも通常の19mmピッチでは収まらないため17mmピッチと少々窮屈になってくる。そして、光学ドライブを内蔵しておらずオールインワンの環境とは言えない。しかし逆に考えるなら、これらの不利がありながらも、R6がゲキ売れ4に入ってくることが、軽量コンパクトへの高いニーズを証明しているとも言えるだろう。

モバイルの原点を思い出させる10周年記念モデル
ソニー VAIO typeT VGN-TZ50B

 1997年のVAIO NOTE 505の登場を、いまでも鮮明に覚えている方も多いのではないだろうか。薄型モバイルPCのさきがけとなったVAIO NOTE 505を彷彿とさせるデザ

 
ゲキ売れ5
5月16日〜6月15日の1ヵ月間、ヨドバシカメラ全店およびヨドバシ・ドット・コムで最も売れた「モバイルPC」上位5製品はこれだ!(情報提供:ヨドバシカメラ)

※表示価格は2007年6月25日時点のものであり、変更の可能性があります。
ゲキ売れ1  Let's note LIGHT/
 W5 CF-W5AWDPJR
W5 CF-W5AWDPJR
■メーカー:パナソニック
■価格:274,800円 (2007年6月25日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
ゲキ売れ2  FMV BIBLO
 MG70W
FMV BIBLO MG70W
■メーカー:富士通
■価格:204,800円 (2007年6月25日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
ゲキ売れ3  FMV BIBLO
 MG50W
FMV BIBLO MG50W
■メーカー:富士通
■価格:179,800円 (2007年6月25日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
ゲキ売れ4  Let's note LIGHT
 R6 CF-R6AW1PJR
R6 CF-R6AW1PJR
■メーカー:パナソニック
■価格:224,800円 (2007年6月25日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
ゲキ売れ5  VAIO typeT
 VGN-TZ50B
 [VAIO 10周年記念モデル]
VAIO 10周年記念モデル
■メーカー:ソニー
■価格:229,800円 (2007年6月25日時点)
ヨドバシ・ドット・コムでもっと見る
 

インの本製品だが、1220g、277mm×198.4mmとA4を切るサイズと重量で光学ドライブ搭載、標準で8時間のバッテリ稼動時間、LEDバックライト採用の11.1型ワイド(1366×768)ディスプレイなど、その機能と性能はLet's noteシリーズを凌ぐ内容であり、最新鋭、最先端のモバイルPCに仕上がっている。今回はゲキ売れ5に入ってきたVAIOだが、再び薄型モバイルPCの時代を切り開くことができるのか、今後の展開から目が離せないところだ。

他のモバイルPCを見る

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

モバイルPC/モバイルPCの巻(6月号)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「モバイルPC」関連情報をランダムに表示しています。

モバイルPC」関連の製品

ワイヤレスアダプタ/ワイヤレスVPNルータ 「UNIVERGE WA シリーズ」 【NEC】 法人MVNOサービスの実態を解説。データシェアやM2M対応が主流に 【ニフティ】 モバイルPC 盗難・紛失対策サービス 【日立ソリューションズ】
ルーター モバイル通信サービス MDM
LTE回線や無線LANを活用し、多様なネットワーク構築を可能にする企業向けワイヤレスVPNルータ。
無線LAN AP内蔵モデル、LTE通信機能内蔵モデル等を用意。
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に モバイルPCに対してリモートロックやリモートワイプ等によるセキュリティ対策を提供。盗難にあったPCの回収支援も行う。

モバイルPC」関連の特集


軽量・小型・薄型化の進行に比例して、紛失や盗難のリスクも高いモバイルPC。安心・便利に使うための最新…



モバイルやソーシャルなどが全盛の今、スイッチやルータなどネットワーク機器の市場はどう変化している?そ…



BYODというキーワードがモバイル市場で活況を呈していますが、果たして日本企業の実態は?BYODにお…


「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

モバイルPC/モバイルPCの巻(6月号)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「モバイルPC/モバイルPCの巻(6月号)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002179


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ