知らなきゃ危険!恐怖のウイルス最新事情

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
必ずおさえておきたい「アンチウイルス 掲載日:2007/06/18

アンチウイルス



1:基礎講座 2:選び方講座 3:最新!ウイルス事情
1
知らなきゃキケン!進化・変貌するコンピュータウイルス
2
ウイルスチェックだけじゃない!アンチウイルスソフト最新事情
1
アンチウイルスソフトの選び方
2
製品カタログ
1
コンピュータウイルス最新動向
 
INDEX


最新!ウイルス事情
必ずおさえておきたい
最新!ウイルス事情

 情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンターでは、情報セキュリティ対策の必要性・重要性についての認識を高めていくために、情報セキュリティに関する情報収集や研究開発を行い、その結果をホームページやセミナーを通じて組織や個人に提供している。そこで今回は、コンピュータウイルスの実情をもう一度しっかり把握するために、IPAが現在提供しているウイルス関連情報を紹介していこう。 アンチウイルス

1 

コンピュータウイルス最新動向



1-1

2007年4月のウイルス検出数は約62万個


  IPAがまとめた2007年4月のコンピュータウイルスの届出状況によると、ウイルス検出数(届出者から寄せられたウイルスの発見個数)は 約62万個、ウイルス届出件数(同じ届出者から寄せられたものの内、同一発見日で同一種類のウイルスの検出が複数ある場合は1日何個検出されても届出1件としてカウントしたもの)は3199件であった。検出数の1位はW32/Netskyで約46万個 、2位はW32/Lookedで約6万個、3位はW32/Salityで約2万個という状況である(図1)。
 上位3位のウイルスの特徴は以下の通りである。いずれのウイルスも多数の亜種が報告されている。


W32/Netsky
2004年初頭に登場したトロイの木馬型ワームで、自身の複製をメールの添付ファイルとして拡散活動を行う。感染するとレジストリファイルが変更され、Windows起動時に必ずウイルスが実行するようになる。3年経過した現在でもNetsky付きのメール件数は依然として多い。
W32/Looked
2006年末に発見されたファイル感染型ウイルスで、共有フォルダを介して拡散し、セキュリティ設定を低下させるなどの動作を行う。
W32/Sality
2006年に登場したウイルスで、メモリ内に常駐し、見つけたすべての実行可能ファイルに感染する。そして、あらかじめ定義されているサーバからマルウェアをダウンロードする。

 また、これらウイルス検出数の月別推移を参照してみると、2006年11月以降、毎月減少傾向にあるが、これはメール配信型ウイルスが減少していることと、脅威の「見えない化」傾向(ウイルス自体がその存在を隠す特徴を備えてきている)が加速しているためと考えられ、現在でもネットワーク上にウイルスが蔓延している状況に変化はない。


図1 2007年4月のウイルス検出数
図1 2007年4月のウイルス検出数
3月の約66万個から5.4%の減少となった。*( )内の数字は3月のデータ
資料提供:IPA

 また、感染(発見)経路別件数では、メールにより感染(発見)したケースが最も多く、届出件数の約97%を占めている。


表1 感染(発見)経路別件数
感染(発見)経路 届出件数
  2007年4月 2007年3月(前月) 2006年4月(前年同月)
メール 3.104 97.0% 2.830 96.5% 3.433 97.1%
ダウンロード(※) 5 0.2% 0 0.0% 1 0.0%
外部からの媒体 5 0.2% 1 0.0% 1 0.0%
ネットワーク 81 2.5% 101 3.4% 98 2.8%
不明・その他 4 0.1% 1 0.0% 4 0.1%
合計 3.199   2.933   3.537  
※ホームページからの感染を含む。ダウンロードによる感染ではWinnyなどを媒介してウイルスに感染する。
資料提供:IPA

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

アンチウイルス/必見!完全防御への道「アンチウイルス」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

アンチウイルス」関連の製品

ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】
アンチウイルス アンチウイルス IT資産管理
APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。 導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。

アンチウイルス」関連の特集


 これまで、私のコラムでは、IPレピュテーション、なりすましログイン対策、強制ブラウジング、スローク…



利便性を犠牲せずにセキュリティを担保するために何ができる?社外から業務アプリを安全に利用するための”…



前回、前々回と特に発生頻度の多いトピック毎に事例、及び対策を述べた。今回は最終回として、これまでの実…


アンチウイルス」関連のセミナー

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 2月6日(月)   開催地 愛知県   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 2月8日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 1月31日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

アンチウイルス/必見!完全防御への道「アンチウイルス」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「アンチウイルス/必見!完全防御への道「アンチウイルス」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30002173


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ