必見!完全防御への道「アンチウイルス」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「アンチウイルス 掲載日:2007/06/18

アンチウイルス



1:基礎講座 2:選び方講座 3:最新!ウイルス事情
1
知らなきゃキケン!進化・変貌するコンピュータウイルス
2
ウイルスチェックだけじゃない!アンチウイルスソフト最新事情
1
アンチウイルスソフトの選び方
2
製品カタログ
1
コンピュータウイルス最新動向
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 現在では、その規模に関わらずほとんどの企業が何らかの方法を用いてウイルス対策を行っているが、日々刻々と進化・増殖を続けるコンピュータウイルスから企業の資産を守るには、企業要件に合った対策ツールの導入と日々の継続的な運用管理が求められる。そこで今回は、最近のコンピュータウイルスはどのような傾向にあるのか、その被害の実態とウイルスの特徴などを解説しながら、基本的なセキュリティ対策およびアンチウイルスソフトの最新動向をお届けする。 アンチウイルス

1 

知らなきゃキケン!進化・変貌するコンピュータウイルス



1-1

恐怖のウイルス、加速する脅威の「見えない化」


 コンピュータウイルスは、1980年代前半の自己複製型プログラムの研究や実証実験を経て、1986年に「Brain」という名前のウイルスが出現したのがその起源といわれている。現在までにどのような進化・変貌を遂げてきたのだろうか。まずは時代ごとの変化を分析してみよう。


▼第1期(1990年代)

 この時代はPCが普及を始めた頃で、コンピュータ好きの人たちの“一種の遊び”としてウイルスが作られていた。つまり、愉快犯の能力誇示がその主な目的であり、フロッピー感染型ウイルスとして登場するなど、その被害は限定的なものであった。その後、パスワード解析ツール(パスワードクラック)が普及し始めたことで、特定サイトに対する侵入という事象も徐々に報告されるようになった。


▼第2期(2000年〜2002年前後)

 第2期に入るとインターネットが急速に普及し、電子メール添付型ウイルスが登場した。この時期から広域感染が懸念されるようになり、ウイルス被害が大規模化するようになる。また、ネット上での攻撃ツールの入手が容易になると同時に、攻撃側の情報共有も進展した。新たな事象としては、ホームページの書換え・DoS攻撃などが報告されるようになった。


▼第3期(2003年前後)

第3期では、ソフトウェアの脆弱性問題が顕在化したことで、その脆弱性を悪用したウイルスが蔓延するようになり、ワームの高度化も進んでいった。


▼第4期(2004年〜)

 2004年以降は、経済的利得を目的とした情報詐取などが急増し始め、スパイウェアやフィッシングが次々と出現した。また、2005年に入るとネット犯罪の組織化・分業化が進み、複合的な手法を用いた攻撃としてボットも出現するようになった。


 そして2007年現在、コンピュータウイルスを中心としたセキュリティの脅威は、図1のような特性をもつ形に変化している。つまり攻撃側の目的がネット犯罪に変わった時点で、脅威の「見えない化」傾向(ウイルス自体がその存在を隠す特徴を備えてきている)が加速する時代を迎えているのである。
図1 変化するセキュリティ脅威の特性
図1 変化するセキュリティ脅威の特性
近年のコンピュータウイルスが企業にもたらす影響が、業務妨害から企業の信用と評判の失墜へと変化している。
資料提供:シマンテック

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

アンチウイルス/必見!完全防御への道「アンチウイルス」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

アンチウイルス」関連の製品

IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】
IT資産管理 IT資産管理 アンチウイルス
IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。

アンチウイルス」関連の特集


 前回はP2Pファイル共有ソフトと暴露マルウェアについて概要を紹介した。その中でもつい最近、作成者が…



電気、ガス、水道が止まり、交通網も一瞬のうちにマヒするかも知れない新手のサイバー攻撃とは何か?わかり…



 前回のコラムでは、1.マイナンバー対策における全体スケジュール、2.経営者タイプ別マイナンバー対策…


アンチウイルス」関連のセミナー

EDRを実装した次世代アンチウイルスとは? 【サイバネットシステム】  

開催日 1月24日(水),2月16日(金),3月16日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

多層防御が前提のマルウェア・ランサムウェア対策の中でエンドポイント防御の重要性が高まっています。その中でも注目されているのが、既知だけでなく未知の脅威も検知し、…

これからのエンドポイントセキュリティ選定支援セミナー 【マクニカネットワークス/シマンテック】  

開催日 3月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

サイバー攻撃対策として、近年注目を集めるエンドポイントセキュリティ対策ですが、各社から様々なタイプの製品が提供されており、製品の選定が非常に難しくなってきていま…

次世代AV?EDR?次なる対策を決めるための5つのポイント 【マクニカネットワークス 協賛:マカフィー】  

開催日 2月20日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

今やサイバー攻撃はますます巧妙になり、日本国内においてもサイバー攻撃による被害が後を絶ちません。そしてそれに追随する形で、エンドポイントセキュリティ対策を謳った…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

アンチウイルス/必見!完全防御への道「アンチウイルス」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「アンチウイルス/必見!完全防御への道「アンチウイルス」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002171


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ