必見!完全防御への道「アンチウイルス」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「アンチウイルス 掲載日:2007/06/18

アンチウイルス



1:基礎講座 2:選び方講座 3:最新!ウイルス事情
1
知らなきゃキケン!進化・変貌するコンピュータウイルス
2
ウイルスチェックだけじゃない!アンチウイルスソフト最新事情
1
アンチウイルスソフトの選び方
2
製品カタログ
1
コンピュータウイルス最新動向
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 現在では、その規模に関わらずほとんどの企業が何らかの方法を用いてウイルス対策を行っているが、日々刻々と進化・増殖を続けるコンピュータウイルスから企業の資産を守るには、企業要件に合った対策ツールの導入と日々の継続的な運用管理が求められる。そこで今回は、最近のコンピュータウイルスはどのような傾向にあるのか、その被害の実態とウイルスの特徴などを解説しながら、基本的なセキュリティ対策およびアンチウイルスソフトの最新動向をお届けする。 アンチウイルス

1 

知らなきゃキケン!進化・変貌するコンピュータウイルス



1-1

恐怖のウイルス、加速する脅威の「見えない化」


 コンピュータウイルスは、1980年代前半の自己複製型プログラムの研究や実証実験を経て、1986年に「Brain」という名前のウイルスが出現したのがその起源といわれている。現在までにどのような進化・変貌を遂げてきたのだろうか。まずは時代ごとの変化を分析してみよう。


▼第1期(1990年代)

 この時代はPCが普及を始めた頃で、コンピュータ好きの人たちの“一種の遊び”としてウイルスが作られていた。つまり、愉快犯の能力誇示がその主な目的であり、フロッピー感染型ウイルスとして登場するなど、その被害は限定的なものであった。その後、パスワード解析ツール(パスワードクラック)が普及し始めたことで、特定サイトに対する侵入という事象も徐々に報告されるようになった。


▼第2期(2000年〜2002年前後)

 第2期に入るとインターネットが急速に普及し、電子メール添付型ウイルスが登場した。この時期から広域感染が懸念されるようになり、ウイルス被害が大規模化するようになる。また、ネット上での攻撃ツールの入手が容易になると同時に、攻撃側の情報共有も進展した。新たな事象としては、ホームページの書換え・DoS攻撃などが報告されるようになった。


▼第3期(2003年前後)

第3期では、ソフトウェアの脆弱性問題が顕在化したことで、その脆弱性を悪用したウイルスが蔓延するようになり、ワームの高度化も進んでいった。


▼第4期(2004年〜)

 2004年以降は、経済的利得を目的とした情報詐取などが急増し始め、スパイウェアやフィッシングが次々と出現した。また、2005年に入るとネット犯罪の組織化・分業化が進み、複合的な手法を用いた攻撃としてボットも出現するようになった。


 そして2007年現在、コンピュータウイルスを中心としたセキュリティの脅威は、図1のような特性をもつ形に変化している。つまり攻撃側の目的がネット犯罪に変わった時点で、脅威の「見えない化」傾向(ウイルス自体がその存在を隠す特徴を備えてきている)が加速する時代を迎えているのである。
図1 変化するセキュリティ脅威の特性
図1 変化するセキュリティ脅威の特性
近年のコンピュータウイルスが企業にもたらす影響が、業務妨害から企業の信用と評判の失墜へと変化している。
資料提供:シマンテック

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

アンチウイルス/必見!完全防御への道「アンチウイルス」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

アンチウイルス」関連の製品

ランサムウェアから企業を守る「4つのベストプラクティス」とは? 【Commvault Systems Japan】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 NECのクラウド型MDM 「スマートデバイス管理サービス」 【NEC】
アンチウイルス IT資産管理 MDM
ランサムウェアから企業を守る「4つのベストプラクティス」とは? IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 スマートデバイスを業務利用している企業の声を反映したクラウド型MDMサービス。端末ロック、グループ単位でのアプリ配信、インストール制御など企業に必要な機能が充実。

アンチウイルス」関連の特集


情報漏洩は他人事ではない。不正アクセスやウイルス感染が原因となり、損害賠償の支払いや企業イメージが傷…



スマートデバイスが増える中、社内の情報資産にアクセスできる環境整備が急務に。今こそ考えたいリモートア…



システム運用管理コストの削減に情報漏洩対策、ワークスタイル変革といった企業のIT課題を、コストを抑え…


アンチウイルス」関連のセミナー

次世代エンドポイント対策セミナー 【ネットワークバリューコンポネンツ】 締切間近 

開催日 11月29日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

日々脅威は進化し、もはや完全に攻撃を防ぐことは出来ないといわれて久しく、昨今では最後の砦、エンドポイントでのセキュリティ対策が注目を浴びています。機械学習や人工…

LanScopeCatで実現するエンドポイントセキュリティ対策 【NDIソリューションズ】  

開催日 12月15日(金),1月19日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

<入口・出口対策>クラウド型セキュリティサービスのご紹介<内部脅威対策>LanScopeCatで実現する内部脅威対策と働き方の見える化<外部脅威対策>人工知能と…

分離・無害化技術によりマルウェアを100%防御する方法 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 10月17日(火),11月15日(水),12月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ますます高度化、巧妙化するサイバー攻撃。サンドボックスをかいくぐるマルウェアなど新たな脅威が増え続ける中、従来の検知・除去や社員教育の徹底では、限界を感じている…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

アンチウイルス/必見!完全防御への道「アンチウイルス」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「アンチウイルス/必見!完全防御への道「アンチウイルス」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002171


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ