この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
これさえ読めば基本はカンペキ!「ERP 掲載日:2007/05/28

ERP



1:基礎講座 2:選び方講座 3:市場動向
1
ERPとは何か
2
ERPを新規導入する時に注目すべきポイント
1
ERPパッケージの選び方のポイント
2
ERPパッケージ製品カタログ
1
ERP市場動向
 
INDEX


基礎講座
これさえ読めば基本はカンペキ!
基礎講座

 大規模な投資によるシステムとビジネスプロセスの変革・刷新で、経営効率アップを図るツールとして知られてきたERPパッケージだが、そのイメージはここ数年で大きく変わった。今やベンダの主戦場は中小・中堅企業へと移行し、商品のベクトルは「いかに使いやすいものを低コストかつ短期間で提供するか」へとシフトした。今回は、ベンダの戦略とSIerに蓄積されたノウハウにより、導入しやすくなったERPパッケージを紹介する。 ERP

1 

ERPとは何か


 ERP(Enterprise Resource Planning)は企業のすべての経営資源(リソース)を、最も経営効率の高い形に計画(プランニング)して配分することを目的とした管理システムのことをいう。また、必ずしも現状の業務を効率化するだけでなく、必要であれば業務プロセスを再編し、新たな企業価値創造のための計画と実行、評価、継続的な改善が可能な仕組みである。



1-1

ERPツールは様々な基幹業務を統合し、リアルタイムに管理可能にする


 ERPの理想型は購買、生産、販売など各領域の業務を統合し、財務会計や管理会計においてリアルタイムに最新のデータが利用できるようにするものだ。図1がその一例だ。これに人事管理を連携/内包する場合もある。このような仕組みで得られた「企業経営の現状」を表す情報をもとに、新たな事業戦略および経営戦略の立案やさらなる業務改善による「リソースの最適配分」を計画できるところがERPの核心部分だ。


図1 ERPパッケージで可能になる業務統合とデータ一元管理のイメージ
図1 ERPパッケージで可能になる業務統合とデータ一元管理のイメージ
資料提供:SAPジャパン

 図1のように異なる業務部門で互いに利用するデータは共有され、個別の業務システムでは起こりがちなデータの重複入力やマスタ情報の食い違い、更新タイムラグなどの無駄や矛盾をなくすことができて業務効率が上がる。また、業務部門の活動にともなう各種の経営指標もタイムラグなく迅速に把握可能になるため、経営状態が可視化され、意思決定が迅速化できるというわけだ。つまり、ERPパッケージは、基幹業務に必要な機能を統合的に提供し、効率的な業務遂行と統合管理を可能にするシステムといえる。


コラム 財務会計ソフトとの違い
 業務の結果は最終的には会計情報として集約されるため、ERPパッケージは財務会計ソフトとの対比で考えられることがある。しかし、財務会計ソフトは過去の企業活動の記録と整理を効率的に行うことを目標にしているのに対し、ERPは将来の経営の効率化のために業務統合とデータの一元化を図るものだ。会計業務だけを効率化したい場合には、比較的低価格な財務会計ソフトで可能だろう。しかし、多くの部門の業務プロセスから無駄を省き、全体の効率を上げていくには不十分だ。また、事業に何らかの課題が見えたときに、必要な対処のための意思決定を行う必要があるが、その基礎となる情報が会計情報だけでは十分でないと思われる。事業全体の状況を把握できる仕組みとして、ERPは現在最も広く信頼されている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ERP/もっと安くもっと手軽に!ERPの今」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

ERP」関連の製品

ERP連携ワークフロー EXPLANNER/FL (FlowLites) 【NEC】 外食業向けクラウド型店舗トータルサービス 「FOOD-LINK R2.5」 【東計電算】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】
ワークフロー ERP BI
パラメータ設定メインの簡単操作、他システムとの優れた連携性、サーバ単位で導入できるコストメリットなどを特長とするワークフロー専用システム。 外食産業界に業種特化したパッケージ群からなるASP型ERPパッケージ。各サブシステムを組み合わせることで、低価格でユーザニーズに応えるシステム構築が可能。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

ERP」関連の特集


内部統制に対応すべく、ワークフローには様々な新機能が追加されています。ワークフローの基礎と最新事情を…



2020年には13兆円を超える市場規模になると予測されているIoT。産業別ユースケースとテクノジーの…



従来、ERPに最も期待されてきたのが業務プロセスの効率化を達成することでした。しかし現在、ERPパッ…


ERP」関連のセミナー

最新AI技術に対する日立の取組 【主催 日立ソリューションズ/協賛 日立製作所】 注目 

開催日 5月23日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、消費者のライフスタイルが多様化し、需要や価格の変化はよりスピードを増しました。このことは、企業が扱う情報の量を拡大させ、将来への予測を更に複雑化させたと言…

純国産ERP「GRANDIT」最新版Ver2.3ハンズオンセミナー 【主催:双日システムズ 協力:GRANDIT】  

開催日 5月19日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

純国産ERPパッケージ「GRANDIT」の最新版「Version2.3」がリリースされました。 この「Version2.3」を実機を使って、その機能、操作性を体…

成長企業が注目する次世代ERP 【主催:三菱ケミカルシステム/共催:AJS/協賛:SAPジャパン】  

開催日 6月2日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

IoT、ビッグデータ活用、AIやロボットの活用。企業が取り扱うデータは、今“変革の時代”に入っています。IoTの時代に向け、将来企業のシステム像は何か。今回、製…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ERP/もっと安くもっと手軽に!ERPの今」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ERP/もっと安くもっと手軽に!ERPの今」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30002162


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ