この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
導入時の苦労とその製品を選んだワケ「ビデオ会議システム 掲載日:2007/04/16

ビデオ会議システム



1:基礎講座 2:選び方講座 3:導入事例
1
ビデオ会議システムの基礎知識
2
ビデオ会議システム徹底活用
3
ビデオ会議システムの最新動向
1
ビデオ会議システムの選び方のポイント
2
活用を促すための工夫
3
製品カタログ
1
導入の経緯
2
リプレース後の効果
3
今後の展望
 
INDEX


導入事例
導入時の苦労とその製品を選んだワケ
導入事例

 実際にビデオ会議システムを導入している企業は、どのように製品を選び、活用しているのだろうか。また活用を促すためにどのような仕組みを作っているのか。温水洗浄便座「ウォシュレット」を普及させた東陶機器株式会社(以下TOTO)の情報システム子会社、東陶インフォム株式会社に協力をいただき、TOTOでの活用の様子を教えてもらった。 ビデオ会議システム

1 

導入の経緯


東陶機器株式会社
創業 1917年5月15日
資本金 355億7,900万円
従業員数 連結:19,667人 単独:7,780人

 東陶インフォムはTOTOの情報システム部門を母体として設立された情報システム子会社。TOTOならびにTOTOグループ各社向けに情報システムサービスを提供している。今回は、東陶インフォム株式会社 システム技術部 部長 新内 裕氏と同部システム技術第二グループ 中岡 亮氏にお話を伺った。



1-1

導入のきっかけ


 TOTOがビデオ会議システムを導入したのは、今から20年前の1980年代後半である。本社(福岡県北九州市)、営業拠点のある東京、各地に点在する3ヵ所の工場(神奈川県茅ヶ崎市、千葉県佐倉市、滋賀県湖南市)の間で、打ち合わせする機会が頻繁にあり、旅費交通費と移動時間の削減を目的にビデオ会議システムを導入した。それ以来リース期間が償却するタイミングで、システムのリプレースを行っており、直近のリプレースは2006年である。今回のリプレースの目的は、本体の性能とパフォーマンスの向上である。従来機種はISDN接続だったため、映像や音声の品質に満足感が得られてなかった。そこでリース償却期間が迫ったこの機に、IP接続へと切り替えた。今回のリプレースで、画質向上、鮮明なパソコン画面表示などを実現した。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ビデオ会議システム/徹底紹介!ビデオ会議システム活用講座」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビデオ会議システム」関連情報をランダムに表示しています。

ビデオ会議システム」関連の製品

海外企業で拡大中!「15分会議」成功の秘訣 【ポリコムジャパン】 遠隔会議用スピーカーフォン「YVC-300」 【ヤマハ】 マネージド・コラボレーションサービス COLLABO de! World 【IIJグローバルソリューションズ】
テレビ会議/ビデオ会議 Web会議 テレビ会議/ビデオ会議
◎場所や端末を問わず利用できるリモート会議ソリューション
◎視覚や聴覚に訴えるリモート会議で、短時間での意思決定を支援
高性能の適応型エコーキャンセラーを始め、ヤマハが長年培ってきた音声処理技術を数多く搭載。音声とノイズをしっかり仕分けし、スマートフォンの電話利用時にも使える。 Skype for Businessのユーザーは、端末側の設定変更や専用ソフトウェアを追加することなく、COLLABO de! Worldのビデオ会議に参加することが可能。

ビデオ会議システム」関連の特集


アドレス変換の仕組みと、それを応用した資産管理ツールを解説!資格試験で腕試しもできる、新人必見のビギ…



ネットワークで重要な役割を果たしている「経路制御」。その仕組みを理解し、ルータが行っている経路制御を…



在宅勤務を実現する1システムとしての需要も増加している「Web会議」。注目機能、ロボット活用したシス…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビデオ会議システム/徹底紹介!ビデオ会議システム活用講座」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビデオ会議システム/徹底紹介!ビデオ会議システム活用講座」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30002149


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ