この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


製品購入ウラづけガイド
ここで比べて決められる!「ビデオ会議システム 掲載日:2007/04/16

ビデオ会議システム



1:基礎講座 2:選び方講座 3:導入事例
1
ビデオ会議システムの基礎知識
2
ビデオ会議システム徹底活用
3
ビデオ会議システムの最新動向
1
ビデオ会議システムの選び方のポイント
2
活用を促すための工夫
3
製品カタログ
1
導入の経緯
2
リプレース後の効果
3
今後の展望
 
INDEX


選び方講座
ここで比べて決められる!
選び方講座

 ビデオ会議システムには、専用端末型、Webカンファレンス型という方式の違いはもちろん、各メーカの製品戦略や特徴としている機能の違いによって、さまざまなものがある。自社の会議に合う製品を、どういうポイントで選べばよいのかを探っていく。また活用を促すための工夫についても簡単に触れる。 ビデオ会議システム

1 

ビデオ会議システムの選び方のポイント


●使い方(目的)を明らかにする

 まずは使い方を明らかにすること。どういう目的で使うのか、明確にすることが重要だ。例えばパーソナルな会議が多いというのであればWebカンファレンス型で十分かもしれない。一方、工場と本社の設計部隊を結んで、グループ対グループで意思決定を行い、また映像を活用した会議を行うのであれば、高精細な専用端末型を選ぶのが得策だろう。このように単に「出張旅費を削減したいから」というのではなく、使用目的を明らかにすることだ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ビデオ会議システム/徹底紹介!ビデオ会議システム活用講座」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビデオ会議システム」関連情報をランダムに表示しています。

ビデオ会議システム」関連の製品

海外企業で拡大中!「15分会議」成功の秘訣 【ポリコムジャパン】 遠隔会議用スピーカーフォン「YVC-300」 【ヤマハ】 中・大規模会議 マイクスピーカーシステム「YVC-1000」 【ヤマハ】
テレビ会議/ビデオ会議 Web会議 Web会議
◎場所や端末を問わず利用できるリモート会議ソリューション
◎視覚や聴覚に訴えるリモート会議で、短時間での意思決定を支援
高性能の適応型エコーキャンセラーを始め、ヤマハが長年培ってきた音声処理技術を数多く搭載。音声とノイズをしっかり仕分けし、スマートフォンの電話利用時にも使える。 マイクとスピーカーを独立させ、低音から高音までクリアに再生できるスピーカーをディスプレイの前に置くことで映像と音声の一体感を生み出し、スムーズなWeb会議を実現。

ビデオ会議システム」関連の特集


残業時間の短縮は、労働者にとっても企業にとっても多くの利点があります。そこで大切になるのが、業務効率…



散在する情報資産に効率よくアクセスできるポータル画面を提供する「EIP構築ツール」。課題である利用率…



システムの原型となるテレビ電話が登場してから半世紀が経過した今、ビデオ会議はどう進化しているのか?最…


「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビデオ会議システム/徹底紹介!ビデオ会議システム活用講座」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビデオ会議システム/徹底紹介!ビデオ会議システム活用講座」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30002148


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ