この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


すご腕アナリスト市場予測
この先どうなる?が知りたいあなたに「SaaS 掲載日:2007/04/26

次世代ASPの到来!?SaaSの本質を見極める



 セールスフォース・ドットコムの急成長によって注目を集め、昨今のIT業界におけるバズワード(はやり言葉)のひとつとなっているSaaS(Software as a Service)。SaaSは、ソフトウェア機能をインターネットを通じ、サービスとして提供するデリバリモデルであり、ユーザはライセンスを買い取る必要はなく、利用料金を期間(毎月、半年など)に応じて支払うというものだ。こうした説明をするかぎりは、従来のASPとSaaSに違いはなく、「SaaSとASPとは同じものではないのか?」といった疑問が湧くことだろう。本稿では、まずSaaSとASPの違いを明らかにし、更に今後の市場展望やSaaSのメリット、利用する際の留意点、ベンダ動向について解説する。 次世代ASPの到来!?SaaSの本質を見極める



 A N A L Y S T アナリストファイル #020
 株式会社 野村総合研究所
株式会社 野村総合研究所 城田 真琴 (Makoto Shirota)
情報技術本部 技術調査部 主任研究員
城田 真琴 (Makoto Shirota)
大手電機メーカーのシステムコンサルティング部門を経て2001年、野村総合研究所に入社。
以来、IT動向の調査と分析を行うITアナリストとして活動。専門は、SaaS、SOA、オープンソースなどソフトウェア全般。


SaaSとASPは何が違うのか?


 日本でASPが最初に登場したのは1999年頃である。当初はその合理性と経済性から中小企業を中心に爆発的に普及すると期待されていたが、一部を除いては、思った以上の普及は見られなかった。
 実のところ、現在、脚光を浴びているSaaSとASPには、「アプリケーションとその運用管理をアウトソースする」という基本的なコンセプトに違いはない。しかし、SaaSは従来のASPが抱えていた課題を解決し、ビジネスとして成功する要素を多く秘めており、「進化したASP」と捉えるのが適切である。まずは、従来のASPが普及に至らなかった要因に照らし合わせて、現在のSaaSとASPの違いをみていくことにしよう。

1. アーキテクチャ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

SaaS/「SaaS」の本質を見極める」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SaaS」関連情報をランダムに表示しています。

SaaS」関連の製品

クラウド型企業間購買支援サービス 「購買WEBEDI/STANDARD」 【NEC】 クラウド型ワークフロー「Gluegent Flow」 【グルージェント】 P2NetEX(ピーツーネットイーエックス) 【ネットパイロティング】
EDI ワークフロー グループウェア
資材・原材料などの企業間購買業務のクラウドサービス。多言語、多通貨に対応。カスタマイズにより「自社専用システム」のような環境を実現可能。 G Suiteまたは、Microsoft Office 365の機能拡張として動作するクラウド型のワークフロー。申請・承認・決裁といった一連のワークフローを簡単な操作で行える。 本部店舗間のコミュニケーション基盤の強化、店舗の作業負荷軽減を実現する多店舗・多拠点専用のSaaS版グループウェア。オンプレミス版も提供。

SaaS」関連の特集


2010年度、数量2200本、207億円であった「BIツール」市場。数量ベースで34.1%を獲得し、…



SFAの導入にあたり営業が抱えている課題は? 導入の形態は? 読者300人の声を紹介します。



スケジュール業務実施記録を内部統制に活かすなどのデータ活用が注目される「中堅・中小企業向けグループウ…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SaaS/「SaaS」の本質を見極める」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SaaS/「SaaS」の本質を見極める」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30002138


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ